比叡山

2日目

今日は大崩山地の比叡山に登る。

朝7時から開くコンビニにあわせて
昨夜泊まった道の駅「高千穂」を7時に出発する。
国道218号線を西に向かって車を走らせ、途中から鹿川渓谷へ向かう県道に下りて北上する。

その県道沿いに千畳敷登山口がある。
早速準備して登る。

千畳敷登山口
f0196109_18444996.jpg


アケボノツツジやヒカゲツツジは見られなかったが、その代わりに登山口から先には綺麗なヤマツツジを見ることが出来た。
f0196109_1845682.jpg


数分で千畳敷に着く。
凄いです!右から比叡山第1峰、第2峰とデッカク見えます。
f0196109_18451973.jpg


これから第1峰へ向けて登っていきます。
f0196109_18454089.jpg


急登の連続!長~いです。
f0196109_18455183.jpg


スミレもあちこち咲いてました。
f0196109_1846019.jpg


一峰展望所
ここまで上がって来ました~!展望抜群!凄いです。
f0196109_1846962.jpg


二峰の岸壁もすぐ近くに見えてる。スケールでかい!
f0196109_18461842.jpg


暫くはのんびりとした尾根道を進むが、またまた急登になり
そして「カランコロン岩」と「山頂」との分岐に出合う。

「ん、?山頂?、、もう着いたの?」
確か、本には「ここから」東に1時間ほど進んだところにあるのが山頂と載っているのだが‥。
とりあえず左100m先の「山頂」に行ってみた。

ここはピーク760mで、ちゃんと「比叡山」の山頂プレートもありました。
案内もプレートもあり、それには‥
「東方にある標高918mの三等三角点の稗ノ山を一般的に比叡山の山頂としているが、
比叡一峰、2峰、3峰を比叡山とするならば稗ノ山は山域を脱しています。
国土地理院が比叡山と示している標高760mを比叡山の山頂とすべきです。
よって、この地点に標識を立て、今後も比叡山の山頂とする事にしました。」(一部省略)
‥と書かれている。

まぁ‥いろいろあるもんんだなぁ。

f0196109_18463079.jpg


山頂にはもう到着しちゃったが、東方の山頂やカランコロン岩も見たかったので
せっかくだし、行って見ることにした。

分岐からカランコロン岩まで900mと書かれている。
縦走して進むのだが‥長~い!なかなか着きません。
「カランコロン岩、過ぎちゃったかな~。道を間違えたかな~。」と少々不安にもなる。

道沿いには、ちっちゃな、小さな「ギンちゃん」も出ていました。

f0196109_18464148.jpg


約40分ほどしてカランコロン岩に到着。

ここもまた眺望抜群!360度のパノラマ展望!凄いです。
前方には918mの稗ノ山も見えます。

カランコロン岩の割れ目に枯れ木を転がすと「カランコロン」と音がするらしいが‥
ん~。いろいろ解釈があるものだ。

f0196109_18465157.jpg


山頂に行く途中で出合った岩屋。
よ~く見ると「つっかい棒」があるではないか!
「崩れないように立ててるのかな~?(そんな訳ない)。細い棒だし、すぐ折れそうだな~」
「これ折れたら‥岩屋も崩れるのかな~?(そんな訳ない)」
小心者も私はさっさと通り抜けていった。

f0196109_1847380.jpg


760mピークの山頂から約1時間で918m・稗ノ山にある山頂に到着。
周りは木々に囲まれて展望は望めません。

f0196109_18471439.jpg


昼食は760mピークまで戻ってとる。
ここまで出会った登山者は5人。休みの今日にしては思ったよりも少なく感じました。

いや~良かった!比叡山最高!

下山後は高千穂温泉に入り、今夜も道の駅に車中泊。

08:37 千畳敷登山口~08:41 一峰展望所~09:48 760mピーク~10:30 カランコロン岩~10:58 918m(山頂)~11:54 760mピーク(昼食) 12:06~ 12:50 千畳敷登山口
[PR]
by coyotehana | 2009-04-29 18:42 | Comments(2)
Commented by 山頂の凧 at 2009-05-02 17:10 x
こんにちは。
比叡山の岩場は登りましたが山頂まで行っていません。
独特の迫力がある風景が印象的ですね。
凧も揚がっていませんので、また行ってみたいと思います。
Commented by コヨーテ at 2009-05-06 17:57 x
凧さん、こんにちは。
今回初めて比叡山に上りましたが、良い山ですね~!
山頂からの眺望は望めませんが
カランコロン岩からの展望は凄いですね!
良いトレーニングにもなりますね!
<< 諸塚山 祇園山、揺岳 >>