さつまの山へ①

今月は忙しくて、なかなかプライベートで山に登る機会がなかったが
やっと落ち着いたので思い切って鹿児島・薩摩半島の山々へ遠征してみた。

25日の朝に自宅を出発。
下道をトロトロと南下して行き、お昼頃には阿久根市まで来れた。

本日のお泊りは、温泉施設がある道の駅「喜入」。
夕方までに行けば良いので、それまでに一座は登ってみたい。
途中にある山で歩行時間が短い「金峰山」なら何とか登れそうだと考え寄ってみた。

国道270号線の道の駅「きんぽう」の手前より林道に入り、山手に向かって車を登らせる。
20分ほど上った峠の所に金峰神社の駐車場があり、ここからスタートする。

金峰山・636.3m

金峰山は南薩3山の一つ
本岳、東岳、北岳の3峰からなる山で霊山でもある。
駐車場を挟んで本岳と東岳、反対側に北岳がある。

金峰山(26日撮影)
f0196109_929292.jpg


ただ今の時刻は3時過ぎ
所要時間は3峰全部で1時間10分の予定していたが冬場は日が暮れるのも早いので
少し駆け足状態で登った。

f0196109_932461.jpg


まずは東岳、本岳へ
野鳥の森コースから入り、途中の分岐より東岳へと向かう。

よく整備された道で駐車場から約10分ほどで行けた。

東岳・文殊さま
f0196109_931653.jpg


午後から降り始めた雨だが、この頃には丁度雨も止んでくれた。
でも雲は多く、東岳からの展望台からは何も見えません。

分岐まで戻り本岳へ
山頂には祠や2等三角点がありました。
f0196109_9322983.jpg


f0196109_93368.jpg


本岳に上る分岐から少し行くと「稚児の宮」がある
岩穴からは一年中水が滴り落ちているが、これは伝説によると
「大昔、釣り好きな少年が釣りに行って亡くなり、その子供を岩穴に祀ったところ、岩のふちから雫がたえず流れ落ちるようになった」また「これはその子供の死を悲しむ母親の涙とも言われている」
‥と説明板には書かれてる。

f0196109_9332157.jpg


下りは金峰神社を通って駐車場まで戻る。

f0196109_9333953.jpg


駐車場に戻って今度は北岳へ
林道沿いにある林道開通記念碑から上がる。

f0196109_9335572.jpg

よく整備されているが階段は急である。

一瞬山頂が分からず通り過ぎたが、妙見宮が祀られている「ここ」が北岳の山頂である。
木々の隙間からは先ほど登った東岳、本岳が見えていた。

f0196109_934141.jpg


f0196109_9342817.jpg


15:13 金峰神社駐車場~15:22 東岳~15:32 本岳~15:34 稚児の宮~15:38 金峰神社~15:42 駐車場~15:47 北岳~15:52 駐車場


つづく
[PR]
by coyotehana | 2009-12-25 08:47 | Comments(1)
Commented at 2009-12-29 11:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< さつまの山へ② 十坊山 2009.11.23 >>