さつまの山へ②

開聞岳・922m

昨夜は道の駅「喜入」にて車中泊
夜中に雨が降っていたが朝には止み、今朝は晴れていた。
でも風はあり、いささか冷たい。

朝7時に起きて、そのまま開聞岳の方へ車を走らせる。

途中寄った池田湖
中学の修学旅行以来で何十年ぶりだろうか。イッシーはいるのかな?

f0196109_16473659.jpg


池の湖畔では菜の花がもう咲いていました。
菜の花と池田湖、そして後方は開聞岳

f0196109_16485678.jpg


8時過ぎには「ふれあい公園」の駐車場に到着。ここに車を止めてスタートする

f0196109_16502712.jpg


登山者記帳所にて記入。さあ、出発です。

f0196109_16503875.jpg


2合目(3.5km地点)ここから本格的な登山道に入る。

f0196109_16513587.jpg


開聞岳は南薩3山の一つで独立峰。「薩摩富士」とも呼ばれている。
まあ、〇〇富士と付く山は円錐形の山でたいがい登るにはキツイ山である。
開聞岳の場合、登山道は渦のように時計回りに山を巻くようにして上がっていく。

f0196109_1651385.jpg


火山礫などの石がゴロゴロと転がっている登山道。
ガンギが無い分上りやすい‥と思っていたら屋久島でもあったような木の階段が出てきた。

f0196109_16515124.jpg


この山は山頂付近まで上がるまで展望は望めない。
キツイばかりで7合目までは変わりばいの無い景色が続く。
花が咲いていない時季だからかもしれないが‥個人的にはあまり楽しく無い山に思える。

ここから直ぐ先には岩がゴロゴロ

f0196109_165265.jpg


9合目を過ぎて残り400m。梯子も出てきました。
もうすぐ山頂です。

f0196109_16522331.jpg


天気は良いが風が強く寒い。山頂手前で防寒対策をして登る。
そして山頂到達。
私の他に熊本から来られた男性が一人いた。

実は年賀状用の写真作成で今回も手作りのトラの人形を持ってきていた。
でも紙粘土で作った干支のトラは‥風で飛ばされそう。
瞬時に撮影!何とか撮れました。

f0196109_16523760.jpg


山頂には2等三角点と新しい標示杭がありました。

f0196109_16525068.jpg


5月に登った屋久島が見えないかな~?
と思ったが、残念ながら曇って見えません。
でも下界では池田湖が見えます。

f0196109_1653352.jpg


下山して案内所では登山証明書が貰えます(無料)
f0196109_17185872.jpg


時刻は12時過ぎ。もう1座「野間岳」へ登れそうだ!
早速、野間岬の方へ車を走らせる。途中の226号線「頴娃町」付近で昼食をとる。
そこで見た開聞岳。いい形してますね~

f0196109_16531548.jpg


08:33 駐車場~08:41 2合目登山口~09:18 5合目~10:11 9合目~10:25 山頂 10:42~12:19 駐車場



野間岳・591m

南薩3山の残りの1座は野間岳。
国道226号線をひたすら野間岬の方へ進み、「杜氏の里」手前から左折、野間神社へと向かう。

途中の林道から見た野間岳
f0196109_1744527.jpg


山とは関係ないが途中226号線沿いには焼酎「白波」の工場もあったりする。何故か感動

f0196109_17441741.jpg


2時過ぎには野間神社前に到着。早速準備して登る。
f0196109_1744306.jpg


野間神社。下山してからお参りしました。
f0196109_1744439.jpg


よく整備された登山道。この辺はまだ上りやすい。
f0196109_17445693.jpg


第1展望所。
f0196109_17452488.jpg


途中には何やら鹿児島県の各市町村名と木の名が一緒に書かれたプレートがあちこち!
市町村の木だろうか?
f0196109_1745939.jpg


次の展望所を過ぎると、もうすぐ山頂だが‥ここから上りも急となる。
下りは滑りやすそうで大変だ~
f0196109_17453766.jpg


1等三角点と祠がある広場。
山頂はここから直ぐ先
f0196109_17455170.jpg


岩場の山頂に到着。山頂のプレートなどはない。
かわりに国体炬火採火の名盤が岩の張られている。
f0196109_1746359.jpg


山頂からは野間岬も綺麗に見えてました。
f0196109_17461631.jpg


下山は登ってきた道を下りる。

14:21 登山口~14:22 野間神社~14:27 第1展望所~14:38 第2展望所~14:47 三角点~14:50 山頂~15:23 登山口

下山後は吹上温泉にて疲れを癒す。今夜のお泊りは道の駅「きんぽう」である。

つづく.
[PR]
by coyotehana | 2009-12-26 09:36 | Comments(0)
<< さつまの山へ③ さつまの山へ① >>