さつまの山へ④

紫尾山・1067m

さつま山巡り・最終日

昨夜は道の駅「みなまた」にて車中泊したが
夜中は雨、風がホント凄かった。風で車が揺れる。雨でトイレに行けない~
残る紫尾山に登れるかどうか‥

やがて3時頃には雨は止む。でも相変わらず風は強い。
そんな中、ふと寝袋の中で頭をよぎった「この時季に風があるということは‥もしかすると!」
期待が膨らみ何だかワクワクしてきた。

朝7時に道の駅を出発。
出水のジョイフルで朝食をとり、国道268号線を紫尾峠に向かって車を走らせる。

登尾集落から林道に入り、約4kmほど進んだ所にある「ふれあいの森」の森林体験学習舎に到着
本当はここから林道を更に上がったところの終点にある登山口まで車を上げたかったが、
倒木が林道をふさいでしまってて通れず。仕方なくここからスタートする
時刻は9時過ぎ。天候はまだ曇り
f0196109_128426.jpg


やや防寒対策も用意して出発。林道を進むと登山口に出合う。
f0196109_128537.jpg


登山口にはこんなものが‥
このルートの一部には「山ヒル」がいます。春から晩秋にかけての降雨時には山ヒルに注意である。
この時季に紫尾山を選んだのもそういった理由である。

この時季にはいないと思うが‥
今年はエルニーニョ現象で暖かいし‥
先日の開聞岳の時には早くも菜の花も咲いていたし‥大丈夫かな?
取り合えず備えとしてポイズン・リムーバーをザックに入れてきた。
f0196109_12903.jpg


登山口から直ぐ分岐あり。登尾コース(千尋の滝経由)と東尾根コース。
千尋の滝が観たかったので登尾コースを進む
しばらく進むと千尋の滝。3段で落差76mである。
f0196109_1291570.jpg


千尋の滝から道が悪いガレ場を上がり、野鳥観察小屋から尾根まではひたすら丸太階段が続く。
この辺は危険地帯。いないと思うが少しペースを上げて登る。途中で止まりません。
f0196109_1293593.jpg


尾根に出合い危険地帯脱出!ホッと安心です。ここから尾根道を縦走していきます。
f0196109_1294547.jpg


838mピーク付近?
f0196109_129541.jpg


やがて白いものまで見えてきました。
f0196109_121063.jpg


一旦林道に出て再び登山道に入る。
f0196109_12101677.jpg


上宮に向かう登山道。雪も増えてきました。
f0196109_12102582.jpg


上宮を過ぎ、赤い鳥居を通ると車道に出合う。
実は紫尾山の山頂までは車で行けます。背振で言うと九千部山みたいな感じでテレビ電波塔もあちこちある。
少し残念な気もするが、今日の車道の路面は凍結しててカチカチ!上がっては来れまい。
f0196109_12103379.jpg


寝袋の中で期待していたこと!ビンゴでした!
紫尾山でこの時季に見られる霧氷。
f0196109_12104251.jpg


昨夜からの冷たい風により期待に応えるかのように綺麗に出来てました。
f0196109_12105314.jpg


アイゼンは持ってきていたが何とか付けるのを我慢して新雪した箇所を選んで車道を上がる。
f0196109_1211187.jpg


山頂はNHKの電波塔の横です。冷たい風がもろに当たって寒い~!
f0196109_1211959.jpg


白銀の世界!来て良かった~
f0196109_1211175.jpg


紫尾山の山頂に到達。プレートなどはありません。
三角点?何処だろう。雪で分かりません~
f0196109_12112970.jpg


記念撮影。
f0196109_12113671.jpg


下山を来た道を戻る。
上り下り登山者には誰一人会いませんでした。

09:12 ふれあいの森~09:21 登山口~09:29 千尋の滝~09:53 尾根~10:26 上宮~10:49 山頂10:59~12:01 ふれあいの森

4日間に渡って旅してきた薩摩の山巡り。
金峰山、開聞岳、野間岳、冠岳、紫尾山。満喫しました。

HOME
[PR]
by coyotehana | 2009-12-28 12:07 | Comments(0)
<< 初登り!飯盛山 さつまの山へ③ >>