可也山と小富士梅林  2011.02.27

そろそろ可也山の麓の小富士梅林の花が見頃ではないか‥と思い、
休みの本日、ちょいと行ってみた。

今回も海側の小富士バス停近くにある公民館?の駐車場に止める。
そして駐車場にて知り合った久留米の山の会「山嶺」の方々と一緒に山頂まで登りました。


08:35 公民館・駐車場~08:45 納骨堂・十字路~087:49 登山口~09:21 尾根出合~09:26 可也山神社~09:30 山頂~09:37 山頂展望所~10:49 十字路~10:57 西梅林~11:10 駐車場
f0196109_17321430.gif


民家の中を通り過ぎ、登山口に向けてあがっていきます。
納骨堂がある十字路手前から梅の花が見えてきました。
f0196109_17323946.jpg


今年は雪も多く寒かったので、梅の開花も遅れたみたい。
丁度良いときに来たみたいです。
f0196109_17324970.jpg
f0196109_17325989.jpg


梅の観賞を十分に楽しんだ後はいよいよ山頂へ
登山口より山頂に上がっていきます。
f0196109_17374566.jpg


標高360mの低山なれど、馬鹿に出来ないのが可也山です。
そもそも「〇〇富士」と名前が付く山は、傾斜もありキツイ山です。
可也山も小富士と呼ばれていて、山頂へ上る登山道は小富士側、師吉側、共に傾斜があり
なかなかキツイ山であります。
f0196109_17331779.jpg


しかも、車を駐車した所は海の直ぐ側!
海抜0mからの登りになります。
ロープ箇所もあります。

f0196109_17332924.jpg


尾根に出合い、師吉側からも合流。
あとはのんびりとした尾根道を進んで行きます。途中には可也山神社や塔もあります。
f0196109_1733379.jpg


ここが可也山の山頂です。
登山道の途中にあり、広場も無く、展望は望めません。でも山頂です。
三角点は少し手前にあります。
f0196109_1733586.jpg


更に100mほど足を伸ばすと展望所があります。
f0196109_173491.jpg


ここからの眺めは何時見ても良いです。
眼下には野北の海岸や火山が綺麗に見えてます。

f0196109_17342019.jpg


再び納骨堂がある十字路まで降りてきました。
朝はまだ出ていなかったお店も、今年もちゃんと出会えました。
ここから西側に西梅林があるので寄ってみました。

今年はまだ早いのか?ちょいと何時もよりは少ないような気もします。

f0196109_17344693.jpg
f0196109_17345447.jpg
f0196109_1735661.jpg


1本だけピンク色で良く目立つ梅がありました。
f0196109_17352463.jpg


下がり梅でしょうか?ホントに綺麗です。
f0196109_17353153.jpg


ここの麓の民家では、それぞれのお家の庭に梅の木が植えられてます。
いろんな梅の木があり、見て回るのも楽しいです。
f0196109_17355392.jpg


ホント立派な下がり梅です。綺麗ですね。
f0196109_17355948.jpg




これは毎年十字路にお店を出しているおばあちゃんの所とその上の民家にて売られていたもの。
今年も梅干とジャムを買ってきました。
梅干は小富士梅林にて出来たものです。手作りで田舎の梅~って感じで、旨旨です!
f0196109_17361934.jpg


ジャムは紅茶に入れて飲んで見ました。ん~紅茶が強すぎたかな?
f0196109_17362597.jpg

[PR]
by coyotehana | 2011-02-27 17:36 | Comments(2)
Commented by hiro at 2011-03-10 16:06 x
こんにちは。
コメントのしかたが分からず、ずいぶん時間差になってしまいました。
その節はお世話になりました。
私は飛び入りで山嶺山の会の皆さんの登山に参加させていただきました。
加也山はそんなに高い山ではないので、大丈夫かと思っていましたが、
素人の私には付いて行くのがやっとでした。
でも、道々コヨーテさんがいろいろと解説をしてくださり
おかげさまで楽しかったです。
下りは別方面に降りたため、写真のジャムと梅干を変えず
残念でした…。梅の写真とてもきれいに撮れていますね。
また時々拝見させていただきます。
Commented by コヨーテ at 2011-04-02 22:13 x
hiroさん、そのせつはお疲れ様でした。
可也山は私が住んでいるマンションから見える山で
何時もこの山を見ています。
低山なれど結構キツイ山でもあります。
また是非登られてみてください。
<< 羽金山 長野峠より山頂へ  2... 仰烏帽子山と福寿草 2011.... >>