九千部岳 七曲峠より 2011.04.02

中2日で再びやって来た休日!
そろそろお目当ての花も咲き始めた頃ではないかと思い、久しぶりに九千部山に出かけてみた。

登山口がある七曲峠では既に数台の車が駐車していた。
早速、登りの準備してスタートする。

f0196109_2385578.jpg


登山口から入って暫くの縦走路。
赤い椿の花が道に落ちてて赤い絨毯を飾っていました。
f0196109_239776.jpg


七曲峠から九千部山までの縦走路には幾つかの国境石がある。
これは江戸時代の頃に国と国の境を示すために作られた立てられたものである。
七曲峠から三領境峠までの縦走路で4つの国境石を見つけました。

そのうちの一つが三領境峠の近くに立つ国境石である。
御影石に掘られた字はしっかりしてて「從 是 西 北 筑 前 領」と書かれている。

f0196109_23115386.jpg


アップダウンしながら縦走路をのんびり進んで行きました。
その縦走中に本を片手に持ち、九千部山側から歩いてくるグループと出会う。
本の表紙には「国境石」と書かれていたのを私は見逃さなかった。

聞いてみると‥この方たちは縦走路にある国境石たちを見に歩いて来られたようだ。
その本を見せて貰ったが‥七曲峠から三領境峠まで私は4つと思っていた国境石は、
いやいや‥まだまだ知らない所に幾つもあるようだ!
この縦走路だけでなく他の場所にも結構たくさんあるもんだと分かりました。

実は九千部山からの帰りに三領境峠を過ぎたところで再びこの方達と出会い
七曲峠まで一緒に行動させて頂き、他の国境石を見ることが出来た。

f0196109_23104733.jpg


九千部山の山頂広場。
夕方から天気が崩れるとの予報で、本日はちょっと曇りぎみの天気である。
出掛けにお家で作ってきたホットサンドを山頂広場のベンチにて頂きました。
車を七曲峠に止めているので帰りも同じ縦走路を戻る。

f0196109_23122523.jpg


そしてここが教えて頂いた七曲峠付近にある国境石。
石には「從 是 北 筑 前 國」と書かれている。
文字が書かれている側が筑前の国の領土ということになる。

驚いたことに、この方角は正確なもので
コンパスで調べてと、ちゃんと「北」の方角を示しているのだ!
方角を正確に調べるコンパスなど無い時代に、ここまで正確に立てたのには脱帽である。

f0196109_23124038.jpg


七曲峠に戻り、まだ時間があったので
ここから更に西の縦走路を少しばかり進んでみた。
久しく通ってなかったので道も景観も変わっていると思うので、調べる必要もあったからである。

f0196109_23125748.jpg


以前通った時よりも木々も竹林もかなり伐採されていた。
五ヶ山ダム建設の影響なのだろうか。
一つ目のピークを越え、再びピークに差し掛かるところに十字路らしき場所に出合う。

正面には縦走路の続きのような道があり、普通はこの道を突き進むのであろうが
ふと左の道を見ると鉄塔があり、その手前に「指導標」と石らしきものが立っていた。
そちらの方に進んでみると「九州自然歩道」の指導標と国境石があった。

国境石には「従 是 東 肥 前 國」と書かれている。

後で調べて見ると前回登った時に書いたレポには、そのは「ピーク」となってた場所だ。
景観もすっかり変わってて、周囲の木々も伐採されてて見晴らしも良くなっていた。
因みにそこから道を下ると、先程の道と合流する。

f0196109_23131238.jpg


ここからは登山口まで下り道。この辺のヒノキの植林帯もかなり伐採されて見晴らしは良い。
下の方には車道も見えます。

f0196109_23132970.jpg


向こう側の登山口に出て、七曲峠まではのんびり車道を使って戻りました。

今回出会った花たち

f0196109_23141462.jpg
f0196109_23142851.jpg
f0196109_23144181.jpg
f0196109_23145272.jpg
f0196109_23153100.jpg

[PR]
by coyotehana | 2011-04-02 23:10 | Comments(0)
<< 阪急でランチにスイーツ 羽金山 荒川峠より山頂へ  2... >>