行縢山 2011.04.24

GW前に連休が出来たので久しぶりに遠征してみた。
23日仕事終了後直ぐに車を走らせ南下!
まだこの時点では何処に登るかは未定。脊梁の山々も考えていたが明日の天気が気になる。
とりあえず松橋IC近くの道の駅「宇城」まで行って車中泊、明朝の様子を見ることにした。

24日早朝、天気予報に寄ると、やはりお昼から天気は悪いようだ。
九州東側、宮崎よりが何とか天気が良さそうなので、そちらの方へ移動!
まずはまだ未踏でもある延岡の山、行縢山へチャレンジすることに決めた。

国道218号線を延岡に向けて走らせ、平田にて案内に従い左折して行縢山の登山口がある行縢神社へ向けて進んでいきます。

途中の道からは前方に山が迫って見えてきます。
あれが本日登る行縢山なんですね。ちょいと荒々しそうな山だなぁ~

f0196109_1949246.jpg


コースとタイム
08:25 登山口~08:51 滝見橋~09:19 峠~10:00 雄岳~10:51 分岐~11:07 県民の森~11:46 雌岳~12:30 行縢の滝~13:04 登山口
f0196109_1825178.gif


8時過ぎには登山口・駐車場に到着。
車数台置ける駐車スペースには早くも数台車が止まっております。
私も早速準備して登ることにした。
鳥居をくぐり登山道へ入っていきました。

登山口
f0196109_1950172.jpg


登山道を進んでいくと木橋、そして二つ目に行縢川に掛かる立派な橋に出合うが
この橋の名は「滝見橋」。ハイ、この橋からは「行縢の滝」が見られます。

f0196109_1951426.jpg


同じく橋から前方を見上げると壁のように立ち迫る山。
最初、ここが雌岳かと思ったが、雌岳はこの奥である。帰りに通った展望が良い峰がここではないかと思う。
f0196109_19512930.jpg


自然石の石段を登っていく。所々に「落石注意」とある。
何処が危険なのか分からんが、周囲を気にしながらの上りとなる。

途中には雌岳への分岐がある。この時分かったが‥この山は雄と雌があるんだなぁ~
行縢山の山頂は雄岳になるので、まずは雄岳へと目指す。

祠がある峠へと出合い、ここを越えて直ぐ先に「山頂」と「県民の森」との分岐がある。
f0196109_19521139.jpg


分岐より山頂に向けて進んでいくき沢を徒渉、ひたすら登っていく。
山頂直下にてアケボノツツジを発見!
行縢山ではアケボノツツジのピークは既に過ぎてて見れないかと諦めてただけに
ちょこっとであるが見えて良かった~!
f0196109_19524869.jpg


そして行縢山の山頂(雄岳)に登頂!登山口からおよそ1時間半である。
天気は晴れたり曇ったりであるが、登山としては上々である。
風はあり午後からはやや崩れそうな感じでもある。
f0196109_19532224.jpg


山頂は岩山であり広場は無く狭いが、展望は素晴らしい!
麓の延岡は勿論、雌岳(手前の山)や昨年暮れに登った可愛岳(奥の山)も見えます。
山頂にいた他の登山者によると可愛岳へはここから縦走出来るらしい。
f0196109_19542316.jpg


さてさて
行縢山の山頂はクリアした。あとは下るだけだが‥まだ正午前だし時間はたっぷりある。
でも午後から天気が崩れそうなので、さっさと下山しようかと思ったが‥雌岳の存在が気になる。

他の登山者からは
「雄岳に登って、雌岳に登らないのも‥ねぇ~」とも言われ、
自分自身もたぶん今度何時ここ(行縢山)に登るか分からない、もしかしたら今日が最初で最後かも知れないので、山頂からの展望は望めないが寄ってみることにした。

雌岳へは先程の分岐からのピストンコースを選ばず、
やや遠回りにはなるが「県民の森」経由の周回コースを使う。
前者の険しいガラ場を登るより後者の方が楽だと聞いたからである。

先程の分岐より沢沿いの道を進んでいきます。
沢の水がホント綺麗!これだけでも「こっち」に寄って良かったと感じます。

そして県民の森・分岐につく。
ここで先程山頂で会った登山者に再び会う。あれ?
私の方が先に下ったはずなのに‥しかも山頂から下る途中にすれ違った2人も‥あれ何で?

実は山頂直下より北向きへ尾根筋を周回してここ「県民の森」へ来れるようだ。
そっちの方が早かったみたい。

この分岐より沢筋を上がっていき尾根に出合い
尾根を伝わっていき雌岳につく

f0196109_1955416.jpg


やはり雌岳は木々に囲まれて展望は望めない。
でも雄岳に比べると山頂は幾分かは広く、ここで弁当を食べることだって出来るね。
f0196109_19553968.jpg


雌岳から尾根筋を通り、上りの途中にあった雌岳分岐まで下ります。
その途中には展望岩に出合う。ここからの展望は素晴らしい。

目の前には向かい側の雄岳~行縢の滝が壁のようにダイナミックに見える。
見応え抜群だ~

改めて「こっち」に寄って良かったと思えた瞬間でもある。

f0196109_19565879.jpg


登山口へ戻る途中にラスト、行縢の滝に寄ってみました。
滝見橋や先ほどの展望岩からも見た行縢の滝を間近の見られます。

ここ最近雨が少ないせいか、滝の水流はチョロチョロ。
落差77mを落ちる滝の水がもっと多かったら、もっと凄かったかもしれないですね
f0196109_1957201.jpg


下山後して雨が降ってきた。
その後日之影温泉駅に行き、温泉にて疲れを落とし、遅いランチを食べました。

今夜のお泊りは道の駅「高千穂」に車中泊。
明日は鉾岳に登る。
[PR]
by coyotehana | 2011-04-24 18:24 | Comments(0)
<< 鉾岳 2011.04.25 博多阪急でスイーツ② >>