鉾岳 2011.04.25

遠征2日目。
車中泊した道の駅「高千穂」を拠点にして近くの山に登ることにした。
そして本日は鉾岳に向かう。

登山口は鹿川(ししかわ)キャンプ場にある。
国道218号線を東に進み、日之影を過ぎて槙峰より鹿川渓谷へ向かう県道214号線を北上する。

その途中には一昨年登った比叡山の登山口の前を通る。
懐かしい。既に車が何台か止まって準備している。恐らくクライマーだろう。

更に10km以上県道を北上して、やっと鹿川キャンプ場の駐車場に着く。
平日で、しかも時間が早いせいか?誰もまだ居ない。
天気は上々!早速準備して出発!

林道を上がっていき登山道に入るが
その途中、前方には険しそうな山が見えてきた。
「あれだな」今から登る鉾岳(雄岳、雌岳)である。わくわくしてきた。

f0196109_2035268.jpg


コースとタイム
08:34 鹿川キャンプ場~09:13 滝・徒渉地点~09:40 2回目の徒渉地点(展望所・山頂分岐)~09:44 林道出合~09:50 雄鉾・雌鉾分岐~10:02 雄鉾~10:12 雄鉾・雌鉾分岐~10:29 雌鉾~10:46 雄鉾・雌鉾分岐~10:54 展望所・山頂分岐~11:02 展望所~11:31 滝・徒渉地点~12:01 鹿川キャンプ場

f0196109_733193.gif


まずはのんびり自然林の中を上がっていく。枝尾根だろか?
右下には渓谷になってて右岸を進んで上っている。
f0196109_20354217.jpg


やがてナメ滝が見え、最初の徒渉地点に出合う。
昨年付けられたものか?「蜂の巣あり‥」の張り紙があった。怖

f0196109_2036364.jpg


徒渉して山腹の斜面を登っていく。
所々付けられたロープ、ハシゴ、木の根っこ‥と、つかまれるものは掴んで登るが、ホント難所ですね。
ここは雨や雪の時は滑りやすくてちょっと怖いかも

f0196109_20361749.jpg


対岸側の上の方を見ると、とても大きな大きな花崗岩の壁が見える。
これは雌鉾(めんぼこ)のスラブですね。凄い!圧倒されます。
一番上の丸い岩峰が雌鉾の頂上になりますね。

f0196109_20365132.jpg


上った場所にて2回目の徒渉地点に出合う。
ここは「展望所」と「山頂」の分岐にあたる。気持ち良さそうに流れる沢。
夏場は気持ちよいだろうなぁ~

展望所は後で、帰りに時間と体力があれば行くとして
とりあえず山頂を目指す。

f0196109_20374590.jpg


案内に従い徒渉して上っていくと林道に出合う。
右は鬼の目山。左は鉾岳山頂だ。
5分ほど林道を進み、案内に従い林道を降りるとまたまた別の沢に出合う。
ここは雄鉾、雌鉾分岐の分岐。雄鉾は徒渉、雌鉾は沢を下っていきます。
この沢は先程見た雌鉾のスラブの右側にある滝へ通じる沢なんだろうか。

昨日の行縢山に引き続き、本日の山も雄、雌がある。
またまた両方行かないわけにはいかなくなった。

先に言っておくが、雄鉾よりも雌鉾の方が難所である。
昨日もそうであったが山頂は「雄」となっているが、どう考えても雌の方が険しい。

そもそも雌と言うものは雄には無い何か特別に秘めたものがあり
何だかちょいと怖いものを感じる。(個人的な意見だが)

このあと雄鉾に続き雌鉾に登るが‥とてもとても凄く険しく怖いものが待っていた。(ちょいと大げさ?)

f0196109_20382359.jpg


鉾岳山頂(雄鉾)には難なく登れた。
徒渉して背丈ほどある笹の中をひたすら登っていくと突然山頂が左側に現れる。
(実際、気付かず通り過ぎた)

後方下の方には丸い雌鉾の岩峰も見えます。次はあそこに行くんですね。

f0196109_20385943.jpg


雌鉾へ

先程の分岐まで戻り雌鉾に向けて沢を下っていきます。
沢の中、沢の右岸の道と交互に下り、やがて沢から離れ上りとなる。
f0196109_2039315.jpg


もうすぐ雌鉾。岩峰も近づいてきました。
ここからがまた凄かった。ロープの続きます。
f0196109_20401547.jpg


幾つかのロープを上がり、雌鉾直下ラストのロープ手前の地点ではこんな感じ。
向かいには雄鉾のスラブが「ど~ん」とあります。
雌鉾と雄鉾の谷間からは「ど~ん」と麓や遠くの山々が見えます。
ダイナミックではあるが足がすくみます。

f0196109_20405637.jpg


そして最後のロープ。
足を引っ掛けるとこもない丸い岩に掛るロープにて雌鉾の頂上に上がりますが‥
f0196109_20413437.jpg


ロープの先には丸い岩峰の上です。
そう言えば‥本には雄鉾、雌鉾共に「突端は断崖絶壁なので注意」と書かれていた。
注意しないといかんが‥そもそもどこが端なのか分からん。

しかも本日は天気は良いが風がもの凄く強かったです。

GPSで調べたら下の滝との標高差は200mはある。
誤って落ちたりしたら大変です。
一たまりもありません。怖怖

とても立っていられず、その先にも進めず
座り込んでの写真撮影で~す。

雌鉾の岩峰からは向かいの展望所方面が見えます。
f0196109_2042763.jpg


振り返ると雄鉾のスラブ。先程登ったとこですね。
下りも慎重にロープを伝わり降ります。
f0196109_20433162.jpg


ホッと一安心。元来た道をピストンしていき先程の展望所分岐まで。
ここまで来たら‥え~い!展望所まで行っちゃえ~!

展望所へ

思ったよりも距離があった展望所。でも行くだけのことはある。
展望所より見た眺望。凄いです。右側に雌鉾のスラブも見えます。
f0196109_20435517.jpg


先程登った雌鉾と雄鉾(奥)を振り返る。
f0196109_2044569.jpg


このあと登山口まで真直ぐ戻りました。
下山は丁度正午。結局今日は一人も登山者には会いませんでした。

午後からは二ツ岳の下見も兼ねて天岩戸神社や天岩戸温泉に寄る。

そして今夜も道の駅「高千穂」にて車中泊する。
[PR]
by coyotehana | 2011-04-25 18:25 | Comments(1)
Commented at 2011-05-02 20:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 二上山 2011.04.26 行縢山 2011.04.24 >>