2011年 アルプス遠征 白馬岳①

8月11日 06:30 猿倉~07:30 白馬尻~大雪渓~葱平~10:40 避難小屋~11:50 村営頂上宿舎(泊)

f0196109_21392267.gif


f0196109_2236164.gif


いよいよ今日は白馬岳へ登る!
朝4時にはホテルを出て、松本駅4時35分発のムーンライト信州に乗り込む。

ムーンライトは深夜に新宿を出発し、早朝5時40分・白馬駅に到着する夜行の快速列車である。
これを使えば白馬駅より始発の猿倉行きのバスに乗れるし、朝一番から白馬へ登れるのである。

ただし全席指定なので乗車券とは別に指定席券510円が必要。
当日朝まで知らなかった私、中で買えばいいか!‥と車掌を待っていたが結局気づかず。
これは払わなくても済むかな?‥とラッキーな気持ちでいたのだが、そんなに甘くはない。
しっかり白馬駅にて分かり、510円払いました。

ムーンライトの車内は登山者でいっぱい!
途中の穂高駅や他の駅なんかに降りる人も多かった。

f0196109_23143114.jpg


白馬駅には既に「猿倉」行のバスが待っていました。
街中よりバスは山の中へぐんぐんと上がっていきます。もうすぐですね。

f0196109_23143981.jpg


猿倉に到着。
バスはここまで。登山届けを提出して出発です。

f0196109_23151266.jpg


しばらくは林道歩き。林道沿いにはアジサイや白いホタルブクロなんかも咲いてました。
やがて登山道に入り白馬尻小屋につく。

f0196109_23154080.jpg


白馬尻小屋の横からは、これから登る大雪渓が見えます。
まだ先ですが、ここからでもその迫力感が感じられます。
何だかジェットコースターでも乗る前みたいなワクワクです!

‥がここで私は見てしまった。

大雪渓右側の枝分かれした3号雪渓?より
ゴロゴロと斜めに転げ落ちていく岩を‥

大雪渓を上る登山者が豆粒のように見える中、そのまだ上の方に
しっかりと肉眼でも見えるくらいの岩が転げ落ちてたのだから‥結構な大きさなのだろう。
ぞ~

f0196109_23155375.jpg


大雪渓ケルンを過ぎ大雪渓の入口につく。
これより約1.5km、高度差500mの雪渓を上がる。(GPSにより計測)

雪渓上には赤いマーキング(殆ど赤いのは消えてて代わりに黒くなってた)があり
このマーキングの上から外れないようにしながら登るのである。
(あまり外れると落とし穴にはまる恐れ有)

一番恐ろしいのは落石だ~
いつ落ちてくるか分からない落石に注意しながら登らなきゃいかん。
さっきも落ちてくる石を見たばかりだ。当たったら‥一たまりもない。

f0196109_23162031.jpg


尾根付近はすっぽり雲に隠れてましたが、幸いにも大雪渓は視界が良いほうである。
落石に注意しながら「上」ばかり見てたので‥首痛~

f0196109_23162726.jpg


持ってきた6本爪のアイゼンを付けて登りました。
白馬駅前にはアイゼンのレンタル・1000円(返却時には300円戻ってくる)をしてたが
これは4本爪の軽アイゼン。結構苦労してたみたい。

f0196109_2316366.jpg


約1時間ほどかかって大雪渓を無事通過する。ホッと一安心。

実は、この先「葱平」付近にて知り合った山ガールたちの話によると
彼女たちの時には上から80cmほどの落石が落ちてきて、なんと!2m手前で止まったらしい。
怖い話である。

f0196109_23165231.jpg


大雪渓上部よりガレ場を上がる。ここで一休みしたかったが脆い!石ゴロゴロの脆い!
しかも傾斜もあり、人工落石しそうだったのでさっさとアイゼン外して先を進む。
(現に降りてきた人が人工落石して、危うく下で休んでいる人に当たりそうだった)

f0196109_2317633.jpg


木橋をも渡り、上へ上へと登っていきます。
実はこれからがキツイのである。傾斜も急で距離も長い!

f0196109_23172849.jpg


下を見ると先ほど上がってきた大雪渓が見える。
後から後から登ってくる人が蟻んこみたいに列をなしてます。

f0196109_23173516.jpg


まだまだ先は長い。
小さな雪渓の下を横切っていく。一部資料には小雪渓横断と書いてたが‥ここの事かな?
解けたかな?

f0196109_23175285.jpg


避難小屋が現れる。トイレはない。
お腹が限界だったので「ここで」昼食。持ってきたパンを頂く。

左側からは硫黄の臭いもしていた。
鑓温泉の硫黄が風によって臭ってきたのかな?

f0196109_23175914.jpg


標高2500m付近を過ぎ、風も強くなってきた。
時折ガスも出てきて視界も悪くなってきた。傾斜もあり向かい風でなかなか足が進みません。

降りてくる人の話によると、尾根付近はもっと強風で視界も悪く
白馬大池から「こちら」に縦走してくる人たちの中には、あまりの悪天候にまた引き返して人も少なくはなかったらしい。

周囲は珍しいお花もいっぱい!でも揺れる。
花弁が揺れるよ~撮れんよ~ピンボケいっぱい

f0196109_23181759.jpg


本日お泊りの村営頂上宿舎が見えてきましたが、なかなか着きません。
足もピーク!疲労もピーク!カラータイマーが鳴ってます。
ガンギがホントいやらしく見えます。

f0196109_23182451.jpg


猿倉をスタートして5時間20分、やっと村営頂上宿舎に到着。
もう登らん!今日はここまで!
季節外れの強風とガスで山頂に行っても何も見えんので今日はここまで。
後はゆっくり小屋で休むことにした。

上にある白馬山荘はどれくらい泊まったかは知らんが‥
こちらは空いてて、この日60人ほどしか泊まってなかった。
部屋も私を含めて2人しかいませんでした。余裕で寝れました。

f0196109_23183912.jpg


早速、隣の外来食堂にて生ビール!
続けて缶ビール!
夕食はバイキングなので、今から重いもの食うとお腹に入らないので
アイスケーキをビールと一緒に頂きました。幸せ~

f0196109_22541684.jpg


夜中になっても風はおさまりません。ガスも‥
明日は大丈夫かな~

次へ
[PR]
by coyotehana | 2011-08-11 23:09 | Comments(0)
<< 2011年 アルプス遠征 白馬岳② 2011年 アルプス遠征 移動編 >>