2011年 アルプス遠征 白馬岳②

12日
05:15 村営頂上宿舎~05:53 白馬岳~06:34 三国境~07:13 小蓮華山~08:50 白馬大池~09:26 乗鞍岳~10:20 天狗原~11:02 栂池ヒュッテ~11:50 栂池

昨日は疲れのせいか‥せっかくの夕食バイキングもあまり喉を通らず
それでも部屋がゆっくりだったお陰で気持ちよく熟睡出来
朝4時には気持ちよく目覚めた。

昨日ほどではないが、外はまだ風がある。

今回スケジュール的には十分余裕もっていたので
あまり天候が悪かったり、縦走しててガスで景色が見えなかったりしたら勿体無いので
その場合はもう一日動かず「ここに」泊まるつもりでもいた。

でも、外が明るくなるにつれガスってないことも分かってきた。
今日は最高の縦走日和になりそうだ!

村営頂上宿舎の2階部屋窓より
f0196109_23234740.jpg


早速出発準備

朝食を弁当用にかえてもらったので行動中に食べる予定であったが
お腹が空いてたので出発前に食べちゃった。
結構ボリュームある弁当です。

f0196109_22375153.jpg


村営頂上宿舎を出発してすぐ白馬岳と杓子岳・鑓ヶ岳の分岐に出合う。
右側正面には「ど~ん」っと迎える白馬山荘。立派な建物ですね。
f0196109_7161816.jpg


白馬岳山頂直下より白馬山荘が見える。
だいぶ上がってきました。
また、その後方には杓子岳、鑓ヶ岳も綺麗に見えてました。

f0196109_7373170.jpg


白馬岳登頂
天気も良く、視界も抜群!
でも風があるので少しばかりヒンヤリします。レインに厚着してます。
ん~この方向は逆行なんだよね~

f0196109_2324359.jpg


新田次郎の小説「強力伝」のモデルともなった方位盤
こんな重たかもん、担いで上ってきたんですね。まさに強力!

f0196109_23241541.jpg


剣岳・立山連峰
何だか間近に見えます。凄か~!

f0196109_23242666.jpg


眼下には昨日上ってきた大雪渓もくっきり!
よく登ってきたね~

f0196109_7172451.jpg


もう感動いっぱい!
でも、今回の目的はまだまだありまする。
この先の縦走!小蓮華尾根だよ~

3年連続で年末に放送されてるNHKのドラマ「坂の上の雲」
あの「もっくん」が出てるドラマですよ。

そのエンディングに出てる山!どこまでも続く尾根!
それが小蓮華山の尾根なんですよ。

そこに行きたいがために今年は白馬に登ったんですよ~

昨日から頭の中にエンディングのメロディーがず~っと流れてます♪♪
タラララ~♪ タラララ~♪
もうすぐだよ~

白馬岳山頂から先の縦走路
スケールデカ!

f0196109_7151313.jpg


振り返ると白馬岳。バイバイ白馬岳!

f0196109_2249531.jpg


f0196109_726589.jpg
f0196109_7261575.jpg


アップダウンの尾根を進み鞍部手前付近にて三国境に出合う。
ここは文字とおり三国(越中、越後、信濃)の国境である。

また越中の朝日岳とこれから進む白馬大池・栂池側分岐点でもある。

f0196109_22421985.jpg



f0196109_7444897.jpg



小蓮華山手前からは白馬三山もくっきり
f0196109_2203195.jpg




小蓮華山の山頂。
ゴロゴロした石の上には鉄剣が刺さってます。
山頂付近は脆く崩壊しやすいのでロープがしかれてました。

f0196109_22442876.jpg


ここからがエンディングの尾根道
ゆっくりと楽しみながら進んでいきます。

トウヤクリンドウも綺麗に咲いてました。
f0196109_7324163.jpg


エンディングの映像は大きく2箇所から撮影したと見られる。

一つはピークでもある船越ノ頭付近から小蓮華尾根を遠距離に写したもの
もう一つは船越ノ頭と小蓮華山頂との途中の尾根道から近距離に撮ったもの‥と思う。

ドラマの映像を印刷した紙を持ってきてたので
どの位置から撮ったものか?見比べながら進みました。

やっぱり映像で見るより凄いね~
迫力満点です!大パノラマに酔ってしまいます。

視界も良くて‥なんてラッキーなんだろう!

そして撮った写真がこちら

小蓮華尾根から
f0196109_21445233.jpg


もう言葉はいりません。

船越ノ頭のピークから坂の上の雲・小蓮華尾根
f0196109_23244090.jpg


結局、近距離の位置は何処だか正確には分からなかった。(多分この辺)
後で気づいたが‥この映像はローアングルから撮ったものではないだろうか?
だから普通に歩いている人から見たものとは若干違って見えるので気づかなかったのかも。

まあ~何はともあれ歩いた!歩いた!夢叶った!

雷鳥坂より白馬大池と白馬山荘が近づいてきました。

f0196109_738411.jpg


白馬山荘から乗鞍岳へは少し上りがあるものの
残り栂池までは殆ど下るだけ!

楽勝!と思ったのは大間違いだった。
ここからがまだ長~い!苦しい道のりであった。

白馬大池の辺を少しばかり周りながら進み、やがて乗鞍岳まで上りに入るのだが‥
登山道は大きな石ゴロゴロ‥
何処までも続くゴロゴロ‥何じゃこりゃ~!ホント歩きにくい!

f0196109_8787.jpg


大きなケルンが現れたかと思うと、そこはいつの間にか乗鞍岳でした。

f0196109_7345588.jpg


ゴロゴロはまだ続く

雪渓を横断し、急斜面の下りに入るが
ここもまた岩ゴロゴロ‥どんだけ~!

f0196109_873077.jpg


登るのも大変だろうが‥下りも滑り落ちないか気が気でない。

この岩ゴロゴロの道を、下からどんどん登山者が上がってきます。
離合もたいへん。

当初、猿倉と栂池のどちらから登るか迷いましたが
結局、大雪渓を下るのは‥後ろから落石が落ちるのに気づかず怖いので
今回は大雪渓は上がるルート、猿倉からのスタートとしました。

栂池からのスタート(上り)は結構きついかもしれませんね。

やがて天狗原の湿原に入り、岩道も木道にかわる。
やれやれ‥と安心するのもつかの間、
湿原を過ぎるとまたまた岩が出てくる。

どこまで続くんだ~
栂池は遠いぞ~

天狗原
f0196109_21484034.jpg


白馬大池より約2時間、やっと栂池に到着。

栂池山荘からはロープウェイとゴンドラを乗り継いで麓まで下りました。
f0196109_875435.jpg


そのあとは‥

白馬駅までバスで下る。
列車の時間まで昼食&近くでコインランドリー

お盆で何処もホテルがいっぱいであったが
幸運にも駒ヶ根駅前の格安ホテルが取れたので移動!
昨年の木曽駒ガ岳へのリベンジを明日果たすことにした。

時間の都合上、白馬駅からは510円の指定席券を購入して
快速の「リゾートビューふるさと」に乗る。

f0196109_2235373.jpg


f0196109_22351814.jpg


これがまた凄い!
車内に入ったとたんシートは新車の匂いがする。
シートもゆったりスペ-スをとってるし、乗り心地最高!
特急並みの贅沢

f0196109_22353636.jpg


車内天井にはモニターが付けられてて
先頭からの走行風景が見られる。また時には観光PRの映像も流れてた。

f0196109_2236746.jpg


たった2両編成にも関わらず、車内販売もしている。
そんでもって食べたのがこれ!アイスで~す。

f0196109_22362361.jpg
f0196109_22363326.jpg


白馬から松本までの約2時間、楽しめました~
昨日のムーンライトと同じく510円払ってこの差は大きい!
でも所要時間は「倍」掛かってますなぁ~

大糸線は単線だからでしょうが‥
列車待ち合わせのため至るところで止まってしまう。
豪華快速列車なのに何故か普通電車の待ち合わせのために
いつも止まってま~す。

信濃大町では16分も駅に止まってました。
お陰でムーンライトの倍の時間掛って松本駅に到着しました。

その後、飯田線に乗り換え
駒ヶ根には7時過ぎに着いた。

ホテルにてゆっくり風呂に入り、明日の木曽駒に備える。

HOME
[PR]
by coyotehana | 2011-08-12 22:57 | Comments(6)
Commented by 松野 三津代 at 2011-08-22 10:21 x
これにコメントしたつもりだったらちょっと違ってたみたい(^^ゞ

白馬岳ブログ拝見致しました。
素晴らしい快晴の登山やっぱ日頃の行いのよさでしょうか('-^*)ok

私達もこの夏、白馬岳計画してましたが人数みたらず白山に変更して制覇しました。

高山植物盛り沢山ではありましたが生憎の天候で山頂は真っ白でした(^^;)

来年は是非、北アルプスに挑戦したいと思いました。またNHKのエンディング画像知らないので借りてきて是非観てみたいです。
ありがとうございました(*^.^*)
Commented by 山馬鹿 at 2011-08-22 18:30 x
コヨーテさん&松野さん、こんにちは~
文面から見て、コヨーテさんとこの内容だと直ぐに判りました。
消しておきますね、こちら本日綺麗な花を観賞してきました。
また、気が向いたらまたお出でやすぅ~

お天気に恵まれ青空の下、最高の稜線歩きをご堪能され良かったですね!
我々も数年前、槍沢で雪渓より転げ落ちる大きなラクを発見、常に上流側を見ることは やはり大切だと・・・
Commented by 風来坊 at 2011-08-23 04:32 x
コヨーテさん、おはようございます。
北アルプス白馬岳と中央アルプス木曽駒が岳を楽しめて、良かったですね。天候も、この夏にしては良い天気だったと思います。
松本城や縄手通りなど、松本を思い出して懐かしかったです。
Commented by コヨーテ at 2011-08-23 13:35 x
松野さん、こんにちは。
昨年はあいにくの天気で何も見えませんでしたが
今年は晴れ間に恵まれ良い縦走が出来ました。

白山も高山植物が多くて良い山ですよね~
ぜひ、私も一度登ってみたいです。
Commented by コヨーテ at 2011-08-23 13:39 x
山馬鹿さん、こんにちは。
大雪渓を登るときはドキドキでした。
あちこちに上から落ちてきたと思われる石がゴロゴロしてました。

でも、これが視界が悪かったりしたらホント落石には気づかないかもしれませんね~
晴れてて良かったです。
Commented by コヨーテ at 2011-08-23 13:45 x
風来坊さん、こんにちは。
頑張って昨年のリベンジを果たすべく木曽駒に登りましたが
白馬岳の疲れが残ってたせいか‥足はヨレヨレ
下りでは足もつまづきこけそうにもなりした。
お陰で宝剣岳には登れませんでした。
体力つけんといかんですね~

<< 2011年 アルプス遠征 木曽駒ヶ岳 2011年 アルプス遠征 白馬岳① >>