積岩山 2011.10.08

久連子神社より登る。

五木の道の駅にて起床。周囲には朝早くから開いている店は無く
買ってきてたパンを食べ、本日の登りに備える。

2日目。今日は積岩山に登ることにした。

本来の予定では大規模林道の泉五木トンネルのところにある登山口より
尾根を縦走して積岩山を目指すつもりだった。

それでまず久連子まで向かい、林道を通り登山口まで進んでいたのだが‥
久連子から少し走ったところにて通行止め。
林道はスッポリ陥没していた。

そう言えばHPに書かれていたような‥既に遅し!

反対側へまわりこむのも時間が掛かるし、面倒である。

岩宇土経由で上福根山に登ることも考えたが、昨日の久しぶりの登りで少々筋肉痛。
本日、上福根山に登るにはハードかも。

結局、本にも載っていた久連子神社からルートで積岩山を目指すことにした。

林道崩壊現場
f0196109_13404427.jpg


最初に話しておくが「このルート」
新しく九州百名山に加わり、本にもこのルートが紹介されているが
あまり一般的なルートとは言えず、初心者には決して薦めないルートである。

元は分からないが‥大雨のせいか荒れているところもある。

三ツ俣と呼ばれるところからはザレ場の急登があり、
上りはズルズルと滑り困難極まる。

下りはもっと大変で滑り落ちそうであった。

人工落石の危険もあり、幸いこの日私のみしか人はいなかったが
他に人が下にいたら‥ゴロゴロ落ちていく落石に当ててしまってたかもしれない。

登山道と言うべき道は無く
赤いテープやケルンの目印が所々つけてはいるが、ついつい見落としがち
上りは枝尾根、尾根を目指していけば問題ないが
下りは勢いあまってついついコースから外れてしまっていた。
GPSでかなり助けられたものです。

泉五木トンネル・登山口から稜線歩きで山頂を目指した方がよかったかもしれない。



f0196109_2242378.gif
f0196109_22424465.gif


久連子神社の横より登山口まで上がる林道が伸びている。
車で何処まで上がれるか頑張ってみたのだが‥大雨の影響で道は荒れており
私の車の安全を考え撤退!久連子・古代の里に車を止めませてもらいスタート。

久連子・古代の里
f0196109_13415970.jpg


久連子神社
f0196109_13422019.jpg


この林道上り、林道終点まで約2.8kmあり
歩行時間も1時間も掛ってしまった。このルートの半分の距離を占める。

さてさて、林道終点の杭は立っているが左側にはまだ道が続いている。
登山口らしきものも見当たらない。
「まだ上かな?」更に林道を進むが8分後、鹿避けネットが立ちはだかり行き止まり。
昨日に引き続きまたもや間違えてしもうた。

往復15分ほどのロス

再び林道終点まで戻り、道らしきものが無いか探していると
赤いテープを発見!沢の方向へとそれは続いていた。

林道終点・登山口
f0196109_13425295.jpg


沢沿いを赤いテープを目印に上がっていきます。
一つ目の砂防ダム、二つ目の砂防ダムまでは左岸を上がっていくが
二つ目の砂防ダムからは右岸や沢の中のガレ場を上がる。

砂防ダム
f0196109_17122275.jpg


所々に右岸に赤いテープあるが、倒木などで荒れており通りにくい。
三ツ俣までは沢沿いを上がって行けば良いので、そのまま沢の中を上がることにした。

f0196109_1713339.jpg


沢を上がると行き止まり?‥と思ったら、ここは三ツ俣と呼ばれるところ。
これより左側のザレ場斜面を上がります。

本には「登りやすいところを選んで登る」と書かれている。

「‥‥‥」絶句。何処から登るんだ~!

f0196109_1714516.jpg


ザレ場の急登!
斜面はボロボロと崩れるし、滑るし、上りにくい。
何とか木があるところを見つけながら、掴みながら枝尾根に向けて上っていった。

先に話したが、ホント下りは大変だった。
枝尾根を下って行き途中より沢の方へ斜面を下るのだが‥その地点を通り過ぎ
やや右側へ流され降りていた。GPSで確認し修正

滑りながらザレ場急斜面を下っていくと今度は上ってきたルートよりは左側へ降りてきていた。
このまま進むと急斜面過ぎて危険と判断。そのまま左側の沢まで向かって沢より三ツ俣まで降りることにしたのだが‥

人工落石は何度も起こり、下の沢の方へ音を立てて落ちていく。
人は居ないと思ったが万が一ということもあるので「ラクー!」と一応叫んでおいた。

沢へ降りる手前にて落差が大きいとこに出合う。
降り易いところに移動してたが‥そこはザレ場!ズルズルといく。

そこはもう蟻地獄にはまったみたい。
自分でゆっくりと落ちていくのが分かる。もがけど掴まるとこはない。
ここまできたら諦めるしかない。あとは着地に備えるしかない。

落差2mをズルッと落ちちゃいました。

CWXに長ズボンを履いていたせいか、幸いケガも無く擦り剥くこともなく無事着地。
但しズボンはドロドロに汚れちゃいました。

f0196109_17145310.jpg


話は元に戻りひたすら急斜面のザレ場を上がっていくと
やがて枝尾根に出合う。
ここまで来たら少し安心も出てきた。でもまだまだ急登は続く

f0196109_17152067.jpg


更に急登は続く。
赤いテープや切り株の上に乗せた石のケルンを目印に上がります。

f0196109_17195915.jpg


f0196109_17201192.jpg


三ツ俣より1時間。やがて尾根に出合う。
山頂へは尾根を東側へ数分進むとある。

尾根縦走路は広々としている。
石灰岩やシダ類、苔類も目立ち、何だか尾根っぽくない。

あまり広過ぎて山頂までの道が迷いそうでもあった。

田んぼなんかに良く見かける赤とシルバーのリバーシブルのセロハンが
所々に木に付けられており、これが意外と太陽の日差しでキラキラと輝き
遠くからでも目印になって便利でもあった。

f0196109_17161418.jpg


山頂に到着。プレートに三角点もあり。
展望は望めません。

記念撮影をして、さて帰ろうかと思ったところで‥

‥ん?岩茸山?

プレートにはそう書かれていた。

まだ先だったかな~?とも思ったが間違いなくここは積岩山の山頂です。

地元では「岩茸山」と呼んでいるらしいのだ

f0196109_13434660.jpg


そして元来たルートを下り、昼頃には麓に戻れた。

08:07 久連子・古代の里~08:50 林道終点 09:02~09:34 三ツ俣~09:54 枝尾根出合~10:26 尾根~10:32 山頂~12:12 久連子・古代の里

下山後は五木の温泉まで戻り、温泉の中にあるレストランにて昼食
辛口のカレーを食べる。

その後、大規模林道の泉五木トンネルにある登山口を下見しに車を走らせる。

途中、大規模林道沿いの高塚山登山口付近にて先ほど上った積岩山を望むことができた。

f0196109_1826246.jpg


そして今夜は道の駅「錦」にて車中泊
明日は最終日、山犬切へ登る。

HOME

山犬切へ
[PR]
by coyotehana | 2011-10-08 21:51 | Comments(0)
<< 山犬切 2011.10.09 保口岳 2011.10.07 >>