「ほっ」と。キャンペーン

観海アルプス縦走 2012.02.11

二弁当峠~念珠岳~烏帽子岳~三ツ岩~龍ケ岳~龍ケ岳登山口(脇浦)

昨年「九州百名山地図帳」にて新しく仲間入りした天草にある龍ケ岳
今年は辰年でもあり、年男の私としては是非にでも登ってみたいと思ってました。

でもこの山、山頂付近まで車道が来ていて車でも上がれる山である。
麓の脇浦からでも山頂までの歩行時間は2時間も掛らず、さほど難しい山でもない。
聞けば‥龍ケ岳は観海アルプスの最南端に位置する山だ。
龍ケ岳だけで終えて観海アルプスを楽しまないのは非常に勿体無いようだ!

そこで今回観海アルプス南部を魅了しながら縦走し、龍ケ岳登頂を目指すことにした。


普通縦走の場合、車2台を端と端にデボして片道縦走するか
単独の場合はピストンをしないと行けないものだが‥
よくよく調べてみると麓の竜ケ岳登山口(脇浦)から観海アルプスの中間地点の二弁当峠まで
バスが通っているではないか!これは使わんと!実行する。

f0196109_9102650.gif


7:25 二弁当峠~09:28 念珠岳~10:22 烏帽子岳~11:05 三ツ岩~12:07 龍ケ岳~13:12 龍ケ岳登山口(脇浦)

f0196109_9104187.gif


前日、翌朝早いので仕事終了後に近くの道の駅「不知火」まで移動し、車中泊。
早朝4時過ぎに道の駅を出発。国道266号線を天草に向けて南下していく。
国道沿いには意外と24時間営業のコンビニやジョイフル、ヒライなどもあり
食糧調達には問題ない。
‥が、天草五橋を過ぎ上島の海岸線を走る頃には開いている店はない。

姫戸町を過ぎ龍ケ岳町に入り、登山口まで直ぐのところで緊急事態発生!トイレ!
国道を走りながら店かトイレを探すが‥暗いし、店もない。

そのうち右折しなければならない「T字路」で気が焦ってたせいか間違って左折し
大きな橋を通り過ぎて椚島、桶島に渡ってしまい、
海岸線が反対方向になった時点で初めて道が間違ったことに気付く。
Uターン場所を探しながら走っていると偶然にも簡易トイレに出合い、無事事態収拾。ホッ!

再び国道に戻り、ゆっくり道を確かめながら進んで6時前には脇浦の龍ケ岳登山口に到着。
道を挟んで向かいの消防署横に駐車スペースがあり、ここに止める。

07:02 二弁当峠に向かうべく「竜ケ岳登山口」バス停にて「教良木」行バスに乗車する。
意外と大きなバスで姫戸町にてあちこち狭い道を潜り抜け
海抜0mの姫戸港より高度をぐんぐんと増していき二弁当峠につく

f0196109_9481869.jpg


08:24 二弁当峠のバス停に下車。
バスが去っていき一人ポツリと残された感じの私。もう戻れません。先に進むしかない。

今回の登りにあたって事前にカシミールの地図にて歩行距離を測ってみた。
すると二弁当峠から麓の脇浦までは約13kmとロングであった。長い!
これは心して進まねば!ストックも縦走用に2本持参していく。
‥実際は15kmとまだ長かった。

f0196109_9522660.jpg


さぁスタート!ぐるりと迂回してトンネルを出た所で大谷林道に出合い
そのまま林道を上がっていき、2.4km先の登山口につく。

大谷林道・登山口より登山道に入る。
登山口には「観海アルプスルート」と書かれた真新しい案内板が設置されてた。
山渓やグリーンウォークにも載って人気が出てきたからかな

f0196109_9552029.jpg


この縦走路には鎖場とか岩場とか、危なかしいような所はない。
所々急登があるくらいで気合で行けば大丈夫なルートですね

念珠岳手前は特に急登でもある。
分岐では今までの安定した道とはかわってホント急登で木の根っこもゴロゴロである。

でも山頂へと上がると‥そこは素晴らしき展望!
360度まではいかないが‥それに近いくらいにパノラマ展望が望めた。

f0196109_9571919.jpg


正面目の前には朝日に照らされた八代海が見える。
左方面には以前登った次郎丸(左)や二弁当峠先の白嶽も。
更に後方左側には雲仙普賢岳まで凄く近くに感じるほどに望めました。

f0196109_1040947.jpg


右側方面には、これから向かう龍ケ岳(左)と縦走尾根筋も見える
まだまだ先は長いですね~
軽く朝食をとって再び縦走路を南に向けて進む

f0196109_10414326.jpg


烏帽子岳に向かう縦走路途中にてベンチ設置の展望所があり
ここからは先程の念珠岳が見えてました。遠くから見ると絶壁ね

f0196109_10133145.jpg


烏帽子岳手前から周り込むように巻き道を進み、烏帽子岳への入口に出合う。
ここからの上りも念珠岳同様に急登でありました。
ただ違うのはこちらの上りはシダに覆われてたこと。夏場なんかは上りたくないですね。

烏帽子岳の山頂は露岩がポツリとあることで先は絶壁である。
あまり岩の先を進むと落ちそうで怖い!
記念撮影しようにも三脚を立てそうな適当な所がない

f0196109_9581953.jpg


立ち上がるのも怖くて、岩に寝そべりながら撮ったりしてたら‥足がつった!
これはヤバイ!まだまだ先は長いしどうするよ~
何とか治まったが‥この先もやや余韻を残しながら進むことになった。

f0196109_9583154.jpg


ここまでも歩行タイムは
大谷林道登山口の時点で予定よりも30分早くつき余裕持ってたが
それからのタイムは差ほどかわってはいなかった。

烏帽子岳を過ぎたころから登山者に出合うようになってきた。
殆どの方が念珠岳までのピストンのようだ。

二弁当峠から来たことを話すと‥
「龍ケ岳まで40分で行けるから行ってみたら良いよ」と言われる。
勿論その予定であったけど‥もうバテバテ状態でもあった。

また出会った登山者からは、
「この先の「三ツ岩」に行ったら良いですよ~展望が凄く良いですよ~」と
分岐にも「眺めいいよ」と「指先」が書かれた案内板があり、ほんのチョイのとこに
素晴らしきとこがある‥と感じチョイと寄ってみた。

そのチョイの三ツ岩
確かに素晴らしい展望が望める。
f0196109_10104398.jpg


三ツ岩からは以前登った倉岳が堂々とした容姿で聳えてました
f0196109_10105227.jpg


また後方には念珠岳と烏帽子岳が同じように傾くようにして聳えてます。
まあ~よくここまで来たもんだ~

因みに分岐から三ツ岩までは急登でロープも張られてた。
チョイではなかったです
f0196109_10455675.jpg


大作林道の登山口に出て少しばかり車道を進み龍ケ岳側の登山口に出合う。
ここから再び登山道に入るが‥ガンギの急登である。
ここに来て急登は堪えますなぁ~

何とか駐車場横の展望所まで来たときには丁度正午。
「ここまで来たら行っちまえ~!」とランチは後にしてラスト山頂目指す!

龍ケ岳山頂がある展望台到着。

f0196109_9593889.jpg


山頂はこの展望台のようで意外。
念珠岳や烏帽子岳を見てきた私には何だか物足りないようなとこでした
三角点を探したが‥ここには無いのかな?

f0196109_9594876.jpg


先ほどの展望所まで下り、ここでランチタイム

その後は直ぐ横にある「脇浦へ下り登山道」の入口があり
そこから一気に麓の登山口まで下っていきます。

そして龍ケ岳登山口(脇浦)に下りてきました。
f0196109_1003391.jpg


歩行時間は約6時間弱(休憩時間含む)
長かったけどそれだけ満足出来るルートでした。

いや~疲れました。帰りの車の運転中には何度か足がつる。

HOME

HPにて観海アルプスを案内
[PR]
by coyotehana | 2012-02-11 09:07 | Comments(2)
Commented by そよかぜ at 2012-02-13 08:58 x
天草の山は低いけど、いいところですよね。
何より海が見えて展望が良いところがね。
気持ちの良い縦走路で、ルンルンだったでしょう。
運転もたいへんだったね~笑
Commented by コヨーテ at 2012-02-13 19:46 x
そよかぜさん、こんばんは。
観海アルプスと呼ばれるだけあって、ホント海の展望が素晴らしいですね。
縦走路も自然林が多くて気持ちよいルートでした。
<< 小岱山 2012.02.24 井原山 2012.02.05 ... >>