屋久島の山へ②

2日目 モッチョム岳

民宿・ヤングイン屋久島にて起床。
今日はいよいよモッチョム岳に登る。

天気は今のところ曇りで
民宿の前から見えるモッチョム岳は黄砂によりやや霞みがあるものの
まだまだ山容は見えてます。

f0196109_12454766.jpg


今日の天気は下り坂の模様。

結構キツイ山であり、雨ともなると難儀するようなので
何とか雨になる昼頃までには下山したい。

そこで早めに登ることにして民宿の方に車で登山口がある千尋の滝まで送っていただき
7時過ぎには登りをスタートすることが出来た。

f0196109_1231440.gif


07:18 登山口~08:14 万代杉 08:20~08:43 モッチョム太郎~09:20 神山展望台~09:52 モッチョム岳~12:05 登山口

f0196109_12311929.gif


千尋の滝展望台の駐車場に到着。早速準備してスタート
ここから展望台へは直ぐのとこで、登山口はその途中にある。

登山口前の駐車場と土産屋
f0196109_1327259.jpg


登山口から入山。
暫くはトラバース気味の道を進む。この辺は道幅も狭く、少々気を使う道のり。
この山の険しさをスタートから感じさせます。

右側には木々の間から千尋の滝が覗える。その滝の音は凄まじく
下山する時には、かなり遠くからこの音が聞こえてきてました。

f0196109_13283151.jpg


やがて最初に出合う川を徒渉。それを過ぎると急登に入る。

f0196109_1329383.jpg


ひたすら続く急登。長いです。
いつまで続くんだ~
体もつかな~?山頂まで行けるのかな~?‥と少々不安。

距離にして300m、標高差200mほど急登を上がり、やっと斜面はひとまず落ち着く。
幾分かゆるやかな道を上がっていくが、周囲は自然林ばかり。何とも気持ちよい。

f0196109_13381744.jpg


今度は小さな沢を徒渉。岩には苔もいっぱい!水も綺麗。
ここも 「こだま(木霊)」が出てきそうな感じ。

再び急登に入る。やっとエンジンが掛ってきたようで黙々と登る。

f0196109_13383952.jpg


前方の視界が明るく感じ、その先には何やら大きな木が見えてきた。凄く大きい。

樹齢3000年の万代杉だ!
デカイなぁ~。縄文杉と違って柵も何も無いので、間近に見られる。
しかも私一人なので、「万代杉、独り占め~」
大き過ぎてなかなかカメラに収まってくれませ~ん。

万代杉(パノラマで撮った)
f0196109_13385729.jpg


万代杉を右から回り込み尾根道を再び上がっていく。
下りの際、何やら尾根と下りの分岐らしき所に差し掛かり、迷わず赤いテープの下り道を選んだのだが、
お陰で帰りはピストンなのに万代杉に出合うことは無かった。
万代杉を通らない道もあったんですね~

アップダウンをしながら高度を増していきます。

道には木の根っこがいっぱいで、「根っこを踏むのは痛々しいなぁ~」
なんて思いながら登っていたのだが‥そうは言ってられなくなってきた。

「何じゃこりゃ~」網の目のように張り巡る木の根っこ群!
油断してたら落とし穴にはまりそうです。下りで引っ掛けたら大変ですね

f0196109_13463230.jpg


今度はロープの下り。もう勝ってにしてくれ~
足かせ場所を考えながら慎重に下ります。
コレ、まだ序の口。この先にまだまだ出合います。

f0196109_13465554.jpg


森奥く、原生林の中へと入っていき再び沢を徒渉。
いいねぇ~さすが屋久島。来て良かった。

何だか自然と口ずさんできました 「 I LOVE モッチョム 」
周囲に誰もいないからいいけど‥「モッチョム」の名の由来は‥

その後もウキウキしながら、口ずさみながら上っていってたら‥
「モッチョム太郎」を通りすぎてしまってた。

f0196109_13472367.jpg


徒渉して直ぐのところに分岐があり、その右奥にモッチョム太郎君があったのです。
結局、上りは登山道沿いから見下ろすように太郎君を見ました。

下りの時に改めて会ったモッチョム太郎。
何でも、この木に抱きつき、子作りに励むと成功するとか‥。
さすがモッチョム。

f0196109_1349522.jpg


急登は続く。
根っこの斜面は特に気を使います。

雨が降る前に山頂まで上れば、GPSで軌跡を記録しているので
あとは下るだけ。とにかく山頂まで‥と思ってたが、

雨が降ると下りは大変だ~濡れた期の根っこが滑るぞ~

f0196109_919374.jpg


急登を上がり稜線に登りきると露岩に出合う。
案内などは無いが、ここは神山展望台だろう。

麓の海岸などがきれいに見えてます。

風も出てきました。もうすぐ天気が崩れそうな気配。急がなきゃ。
山頂へは一旦鞍部まで100mほど下り、再び上り返します。恐るべしモッチョム。

f0196109_1419589.jpg


途中の尾根からは花崗岩の巨大なスラブが見える。
凄い!鉾岳を思い出します。

f0196109_14212093.jpg


鞍部よりロープの急登。
ロープには団子が付いておらず滑りやすい。
下りはもっと大変、足かせどこは何処じゃ~

f0196109_1422554.jpg


再び見晴らしの良い尾根に出合う。
山頂岩峰が見えてきた。

f0196109_14254374.jpg


岩場のロープでまずは頂上岩手前上がる。
f0196109_142805.jpg


山頂の頂上岩手前からの眺望。
まだまだ天気はもってます。下界もほら!きれいに見えます。

f0196109_1493143.jpg


頂上まで最後のロープで上がるとモッチョム岳山頂
やってきました~登頂!940m

f0196109_1485966.jpg


頂上岩の上はそんなに広くは無いが、展望抜群!

f0196109_149216.jpg


暫く山頂に留まりたい気分ではあったが、向こう側の山には雨雲が見えてきてます。
さっさと下山することに。

神山展望台を過ぎ、下っていく途中にて
とうとうパラパラと雨が落ちてきた。
すぐさまザックカバーを付け、久しぶりのレインを着用。
カメラも防水用にチェンジし、万全の構えにて下山。

‥が、雨は一時的のようで直ぐ止み、暑いのでまた脱ぐ。

元来た道を慎重にピストンし、2時間ほどで登山口まで降りてきた。

それから直ぐに土砂降りの雨。
危なかった~

下山して千尋ノ滝へ寄ってみた

f0196109_14303649.jpg
f0196109_14304334.jpg


その後は迎えの車にて民宿に戻り、それからはゆっくり休息。

夕方、雨が止んだときに温泉と買い物に出かけたが
民宿に再び戻って直ぐにまた土砂降りの雨。危機一髪。

その夜はずっと雨が降り続きました。

最終日・帰路
[PR]
by coyotehana | 2012-04-25 14:15 | Comments(0)
<< 屋久島の山へ③ 屋久島の山へ① >>