韓国岳 2012.10.07

新燃岳の噴火により登山規制が布かれ入山出来なかった韓国岳だが、
今年7月15日、約1年半ぶりに登山規制が解除されたのだ。

2日目 「自然を歩く会」の例会に参加し、その韓国岳へ久しぶりに登る。


キャンプ場での夜明け

f0196109_18153740.jpg


昨夜はテントの中での就寝。思ったよりも寒くて何度も途中で目が覚めた。
しかも、夜中には鹿の鳴き声があちこちから聞こえてはくるわ‥
また2度ほど遠くから何やら爆発音みたいなものも‥
後で考えると、あれは近くの自衛隊の演習の音だったのかも。
てっきり新燃岳が噴火したかと思った。
お陰でやや寝不足。

f0196109_17194288.gif


08:14 えびの高原キャンプ場~08:28 ビジターセンター~08:33 登山口~09:48 5合目~10:48 山頂(昼食) 11:40~12:32 韓国岳避難小屋~14:10 大浪池避難小屋~15:05 分岐~16:26 登山口~16:30 キャンプ場

f0196109_17195288.gif


朝御飯を頂き、総勢11名にて韓国岳に登る。

登山口
f0196109_18155820.jpg


県道1号線沿いにある硫黄山登山口からの道と合流。
少し上がったとこにある分岐より韓国岳に向けて上がっていく。
左には硫黄山がある。
前回は韓国岳登頂後、こちらの山にも登りました。今回はスルー

f0196109_18162788.jpg


急登が続きます。やっと3合目
f0196109_18165352.jpg


5合目では展望が広がる。
左には白鳥山と白紫池。中央手前には硫黄山と後方に不動池。
御池がギリギリ見えるか見えないか‥ってとこ。
そして右側には昨日登った甑岳も見えます。
昨日なのに何だか懐かしくも思え、嬉しくなってきます。

f0196109_18171887.jpg


8合目
大浪池も右側に見えてます。あと少し
今日はホント天気が良いです。日差しも強くて‥しっかり顔が焼けてしまいました。

f0196109_18182314.jpg


久しぶりに見る韓国岳火口。迫力ありますなぁ~
f0196109_18184338.jpg


山頂。
今日は連休ともあってか‥人もいっぱいです。

f0196109_18185844.jpg


これは(2010年6月)に山頂から見た新燃岳です。
ミヤマキリシマが綺麗に咲いてた頃。新燃岳がまだ噴火する前です。
ここからは火口湖が見えないくらい、火口底部は下の方ですね。

f0196109_1820396.jpg


そして今の新燃岳。
火口底部が以前よりも浮き上がってきている。
あの美しいエメラルドグリーン色の火口湖は消えてしまいました。

f0196109_18212389.jpg


山頂で昼食後、大浪池へ下る。
f0196109_18231815.jpg


ここから長~い下りが続く。
f0196109_18233840.jpg


下りの木段。木段は狭いとこもあり、下から上がってくる人との離合も大変です。
長い木段は時折段を踏み違えそうで‥

f0196109_182487.jpg


韓国岳避難小屋。やれやれ、降りてきました。
これより東周り(時計周り)で大浪池を周る。
f0196109_1825296.jpg


大浪池から見た新燃岳&高千穂峰
f0196109_18263691.jpg


深みの色をした大浪池とバックに韓国岳
f0196109_18271967.jpg


大浪池避難小屋。ここでやっと半分。まだ半分あるよ~
しかもここに来て急登は辛かよ。

f0196109_18283427.jpg


周遊コース途中にて
たぶんこの前登った栗野岳でしょう。あちらから霧氷姿の韓国岳が間近に見えましたからね~
その麓に見えるのは地熱発電所。エコですな。

f0196109_1832897.jpg


大浪池を1周して分岐より「えびの高原」に向けて下っていきます。
登り始めて約8時間(ランチタイム含む)でキャンプ場へ帰ってきました。

明日は高千穂峰へ登る。
[PR]
by coyotehana | 2012-10-07 16:55 | Comments(0)
<< 高千穂峰 2012.10.08 甑岳 2012.10.06 >>