地蔵岳 2013.02.10

遠征初日は道の駅「錦」にて車中泊したが、
この時期の寒さに耐え切れず2日目は多良木にあるブルートレインに泊まる。

泊まって正解であった。
今朝は前の朝よりまだまだ寒く…なんと-4℃!
車はまるで冷凍庫の中に入ってるマグロみたいに真っ白に凍ってました。
私自身が凍らなくて良かったです。

それでも日中の天気は良く、雲一つない快晴で暖かい一日になり
そして天気に恵まれた本日、宮崎県にある地蔵岳に登ってきました。

熊本県球磨郡・多良木町より出発。
国道219号線を西都方向に向かって車を走らせる。

一ツ瀬ダムを通り過ぎ、案内によれば登山口へは「15番バス停」のとこから道を曲がり
尾八重川沿いの道を北上していく…ようだ。

そこでバス停というバス停を注意深く見ながら進んでいくと
「16番バス停」を発見!…と言うことは次だな。

少し進むと、ちゃんと「15番バス停」があり、直ぐ手前には左側に道があった。
但し、全面通行止で通れません。

ここに来る少し手前の「大椎葉トンネル」を通って!…とのことなので
そちらへ向かう。

案内に載ってた国道219号線・15番バス停近くにある道
f0196109_2052922.jpg


「大八重」「ひむか神話街道」の案内のとこへ曲がり
指示された「大椎葉トンネル」を通る
f0196109_2054575.jpg


少し進むと「大八重」「地蔵岳登山口」の案内がある左へ下る道へ下り
そこから登山口があるとこまで、ひたすら尾八重川沿いの狭い道を約9.5km北上し走らせる。

f0196109_2055775.jpg


20~30分後、やがて左側に橋が見え
橋を渡った先の駐車スペースに車を止める。
因みに登山口は橋を渡らず、そのまま少し直進した先の左側にある。

思ったよりも車は沢山止まってて、ほぼ満車状態。
先に止められて方に車を少し動かしてもらい、何とか止められることが出来た。

早速準備してスタートする。


地図
f0196109_8371231.gif


注意
本文中には地図等が出てきますが、説明しやすくするためにコヨーテ本人がGPSのデータをもとに作成したものでありますが多少の誤差はあります。またコースタイムには個人差があるため正確にしりたい方は国土地理の地図や他の資料をお勧めします。


f0196109_8372085.gif


橋を渡り、左側にある登山口へ。
ここから一旦川へ下りて徒渉しなければならない。

…なのだが、登山口には
「無理して川を渡らなくても橋の先を右に入れば登山道に着きます」
と書かれた案内があった。

そう、車を止めたとこから橋を渡らず、そのまま上流に向かって進めば
登山口から来た道と合流するようになってたのである。
わざわざ下らなくても、近道があったんだよ~

でも、また先ほどのとこまで戻るのも面倒くさかったので
そのまま川へ下り徒渉する。

f0196109_2061390.jpg


因みにこちらがそのルート。帰りはこちらを通った。
ややザレ場状の斜面をトラバースしながら進む。
ズルッ…と滑り落ちないように注意したい。

f0196109_2136510.jpg


川を徒渉。何だか登山口から下った分が凄く勿体無く感じる。
水量も思ったよりも多く感じられた。
やや上流よりにある岩を選び、何とか川に落ちずに渡りきる。
ここで水に足を突っ込んだりしたら…
この先ずっと濡れたまま登らなきゃならない悲しいものがある。

f0196109_2063115.jpg


徒渉してホッとするのもつかの間。ここから急登が始まる。
最初は杉の植林帯の中をジグザグに上がっていきます。

f0196109_2158069.jpg


ひたすら上りです。

f0196109_21581072.jpg


5合目です。
4合目まで気づきませんでした。

f0196109_21583939.jpg


ヤセ尾根上り。思ったよりも「この山」は険しい。
ロープ箇所の急登もいっぱいです。

f0196109_21591568.jpg


登りきった先に展望が望めるとこがありました。
先に話しておきますが、山頂からは展望は望めません。
後にも先にも‥ここだけです。

f0196109_21593545.jpg


ロープの上り。
先の山頂や上りのことよりも、帰り(下り)のことが凄く心配になってきました。
下りが大変だよ~
こんなとこばかりで、滑り落ちないか‥不安いっぱいで登る。

f0196109_2204934.jpg


5合目付近からコウヤマキの木が現れる。
不思議な葉をした木ですね。
松よりも太く、丸みを帯びた細長い葉です。

地面に落ちてる落ち葉はふわふわしてて気持ちよい。

f0196109_2213261.jpg


コウヤマキの肩・6合目につく。
少し緩やかになったが、また急登に出合うことに

f0196109_222572.jpg


7合目
f0196109_2223170.jpg


この山‥なめてました。
凄いとこです。あとで久々に筋肉痛になりました。
まだまだ急登が続きます。

f0196109_2225020.jpg


打越分岐
「分岐」と名が付くが、別からの道などはありません。

f0196109_2232291.jpg


8合目
f0196109_2234432.jpg


地蔵岳山頂。
山頂にはお地蔵様が祭られてました。

周囲は木々に囲まれて展望は望めません。

f0196109_22484.jpg


山頂で昼食をとったあと下山。
下りは上り以上に慎重に下りました。滑らんでよかった。

結構、今日は体力を使ったみたいでボロボロ。
今夜は家には帰らず、本日も多良木町のブルートレインに泊まる。
[PR]
by coyotehana | 2013-02-10 08:36 | Comments(0)
<< 「ブルートレインたらぎ」に泊ま... 仰烏帽子山の福寿草 2013.... >>