金山 2013.04.28

山中キャンプ場より登る。

私も所属している「自然を歩く会」の例会外企画で
今日と明日とで車谷~雷山まで縦走が行われることになった。

私は明日、ちょいと縦走に参加させてもらうことにして
本日お泊りの山中キャンプ場に夕方までにお邪魔すればいいのだが、

それまで時間もあったので山中キャンプ場から金山までチョイ登山してみた。

f0196109_11145114.gif


10:35 山中キャンプ場~10:46 林道出合~11:23 山中地蔵分岐~11:38 番所跡~11:42 金山 12:42~13:27 キャンプ場

注意
本文中には地図等が出てきますが、説明しやすくするためにコヨーテ本人がGPSのデータをもとに作成したものでありますが多少の誤差はあります。またコースタイムには個人差があるため正確にしりたい方は国土地理の地図や他の資料をお勧めします。


こちら側(佐賀県)から金山に登るのは初めてである。


本日お泊りの山中キャンプ場。
ここからスタートする
f0196109_1038269.jpg


キャンプ場側にある山中地蔵尊
f0196109_10394228.jpg


キャンプ場の横を通る林道を上がっていきます。
f0196109_10403364.jpg


林道終点より登山道へ
その少し手前に駐車スペースのところあり
f0196109_10422770.jpg


林道・金山背振線を横断
f0196109_1044148.jpg


暫く川の右岸を上がっていく。
やがて二俣にて徒渉。
山中地蔵から金山までの歩行距離は2.5km
ここまで1km。残り1.5kmである。
f0196109_10475397.jpg


案内に従い左へカクン。
ヒノキの植林帯の中を上がっていく。
f0196109_1103170.jpg


周囲はやがて自然林帯へと変わり進む。
枯葉がフカフカで気持ちいい。
縦走路まであと僅かだ。
f0196109_1125133.jpg


山中地蔵分岐。縦走路に入る。
左(西)は三瀬峠、右(東)は金山、背振山へと通じる。
f0196109_10484028.jpg


山頂までの急登。
ここがキツイとこです。何度か休憩しながらの上りです。

くねった「この木」
休憩に丁度良い木ですね。チョイと一休み。
f0196109_1049691.jpg


金山・背振稜線(番所跡)
山頂へは左に数分進んだとこです。
山頂広場はそんなに広くないので、ここで昼食をとる方も多いです。
f0196109_1053521.jpg


プレートが新しくなっていた金山山頂。
f0196109_10532421.jpg


山頂には林道工事による通行止めの案内紙が張られていた。
福岡側の金山登山道が、林道工事により一部登山道が通行止めになっている。

f0196109_838401.jpg


山頂に咲いていたコバノミツバツツジ
背振縦走路のミツバツツジは今年は遅いみたい。まだ2~3部咲きだろうか。

f0196109_1134155.jpg


山頂からの展望(南側)
f0196109_1143062.jpg


山頂でカップラーメンを食したのち下山する。

下山後は夕方まで三瀬温泉・やまびこの湯にて
まったり。

今夜は山中キャンプ場に泊まる
夕食は近くにあるカフェ・のっち

自家製ベーコンが旨い!
ピザも最高
思わず写真を撮るのも忘れて…先に食っちゃいました。
f0196109_11201332.jpg


こちらはサラダ。芸術的です。
f0196109_11204630.jpg


明日は三瀬峠から井原山まで同行する。
[PR]
by coyotehana | 2013-04-28 19:07 | Comments(0)
<< 井原山 №190 三瀬峠より登... 井原山 №189 水無より登る... >>