京丈山 2013.05.03

ワナバ谷より登る。

京丈山へは今度で3回目
2007年に登って以来だからホント久しぶりとなる。
いずれもワナバ谷からの登りで、お目当ては勿論「カタクリ」の花です。

京丈山へ登るには「柏川」「八軒谷」など幾つかのルートがあるが、
当時、柏川なんかは林道通行止めで登ること出来なかったので
ここ、ワナバ谷から登るようになり、それ以来ここオンリー。

またワナバ谷ルートは渓流沿いの登山道が凄く綺麗で
いろんな面で楽しいとこであったので、好んでこのルートを選んでいた。

だが…
久しぶりのワナバ谷は.....荒れていた。

アクセス

前日、道の駅「不知火」に泊まっていたので「そこ」からスタート。
国道218号線、そして445号線を通り二本杉峠に着く。

445号線を五木方面に走ること約4km
「京の丈登山口5km」と書かれた案内に従い、左側斜めの林道に入っていく。
f0196109_1151519.jpg


途中、八軒谷登山口の前を通り
(よく分からんかったが…たぶん車数台止まってたとこだろう)
十字路を左に曲がって暫く進んだ先にワカナ谷登山口がある。

付近には2台分の駐車スペースがあり、既に1台止まっていた。
f0196109_11541543.jpg



地図
f0196109_10334878.gif


07:36 ワナバ登山口~07:49 徒渉~08:25 二俣~08:42 最後の水場~08:51 林道出合~09:25 平家山分岐~09:37 バイケイソウの鞍部~10:04 山頂 10:24~12:23 ワナバ登山口

注意
本文中には地図等が出てきますが、説明しやすくするためにコヨーテ本人がGPSのデータをもとに作成したものでありますが多少の誤差はあります。またコースタイムには個人差があるため正確にしりたい方は国土地理の地図や他の資料をお勧めします。


f0196109_10464141.gif


2007年の登った時のレポ

登山口より川から高い位置にある左岸の道をトラバースしながら上がっていく。
道は狭く、落ちたら怖そう~(こんな道だったかな~)

そして懐かしの橋を渡る…、ん、
橋が無い!壊れてとる!
あまり立派とは言えなかった橋だが、水量がある時には無いと困る橋。
幸い水は少なかったけど…ここを徒渉する。

f0196109_13542473.jpg


暫くは杉の植林帯の中、川の右岸を上がっていく。
やがて周囲は自然林に変わっていくが、付近の道も荒れてきた。
石灰岩の斜面は脆い。ボロボロ、ゴロゴロ。

張られたロープを頼りに、滑り落ちないようにトラバースしていく。
f0196109_1464816.jpg


その後も斜面を何度か恐る恐るトラバース。
そして今にも壊れそうな橋をトラバースした先には…崩壊!
無残にも崩れた斜面。ロープや橋の壊れた跡。これは通れません。

f0196109_14112656.jpg


よく見ると…水が流れてない川の中に迂回路が出来てました。

この先も川の右岸・斜面は殆ど崩れてて通れたものじゃない。
岩ゴロゴロの川の中、時折左岸を通り川を上がっていく。

f0196109_1418134.jpg


何やら倒木で先が進めなくなった…と思ったら、
良く見るとここは二俣じゃん!GPSでも確認、間違いなし。
ここは右の谷へ行くよ!危うく見落とすとこだった。

f0196109_14243458.jpg


その後の右岸斜面は崩壊。
2007年に来た時も少し荒れてたが、その後も大雨で崩れたのだろう。

f0196109_14274948.jpg


左岸の道にかわり進んでいくと「最後の水場」に到着。
ここから川とは別れて右側の斜面の道を上がっていきます。

f0196109_14351819.jpg


杉の植林帯の中、時折崩壊地もあり。
暫く上がると林道に出合う。
前には無かったこの林道を横断。そのまん前に左斜めへと上がっていく小道。

狭いこの道をトラバースしながら上がっていく。
雨で濡れてたら絶対滑って林道に落ちるよ。
他に道が無いか探したが無いので、仕方なく注意しながら上がる。
下りはもっと怖かった。

f0196109_14374495.jpg


二つ目の林道を横断し植林帯の中をひたすら上がっていくと
やがて枝尾根に出合い、平家山分岐の縦走路まで尾根を上がっていく。

スズタケの中を通っていく。こんな尾根に大木も立つ。
f0196109_14494873.jpg


平家山分岐。縦走路を左へ
f0196109_14502851.jpg


見覚えのある倒木。懐かしや~
幾つかまたぎながら尾根を進んでいく。

ミツバツツジもチラホラ咲いております。
この辺よりカタクリの花も見えてきました。
まだ朝早かったせいか、花びらもイナバウアしてません。

バイケイソウでいっぱいの鞍部
f0196109_1453937.jpg


ここから一時植林帯の中、尾根を上がっていく。
踏み跡はあまりはっきりしていない。時折見るテープが頼り

f0196109_15195247.gif


植林帯を抜けると周囲は自然林いっぱいの、ある意味開けたとこに出る。
今度はどっちの方向か?見失う。

向こう側の下り斜面に赤いテープがチョコチョコ見える。
てっきり先ほどの鞍部まで下りる道…だと思い、帰りに試しに下ってみたが
これがとんでもない食わせ物だった。

尾根側に進んでいくと再び赤いテープを発見
あとは見覚えのあるカルスト地形をトラバースしながら進んでいく。

f0196109_15252222.jpg


この辺になるとカタクリさんのイナバウアーも見られるようになってきた。
写真撮りまくり

f0196109_15352691.jpg


カルスト地形の尾根
f0196109_15375637.jpg


山頂到着。

天気も良く、展望も良かった。

f0196109_11214961.jpg


山頂にもカタクリさんがあちこち咲いてました。
モデル選びで急がし~

山頂で軽く食事したのち下山。
元来た道を慎重に下った。

朝にはまだ咲いていなかった
トウゴクサバノオやヤマウツボ、ヒメレンゲなども出会えました。

下山後、樅木へ移動。
明日の山に備えて今夜はキャンプ場に泊まる。

本日出会ったカタクリさん

f0196109_1122292.jpg


f0196109_1122458.jpg


f0196109_1123461.jpg


f0196109_11231932.jpg


f0196109_11232913.jpg


f0196109_11234334.jpg


f0196109_11235276.jpg

[PR]
by coyotehana | 2013-05-03 10:32 | Comments(2)
Commented by 山の石 at 2013-05-07 21:07 x
コヨーテさんこんばんは
ゴールデンウィークの大遠征お疲れ様でした。
四日連続とは恐れ入りました。(^_^;)
それにしても怖そうな登山道ですね。
林道を横切って登っていく所など笑ってしまいそうなぐらい、まさか!ですね。
カタクリの花、ちょうど見ごろで良かったですね。
他の山レポも楽しみです。
私たちも、4日に目丸山に行ってきました。こちらも初めてだったのですがカタクリさんにいっぱい出会え、大満足の山歩きでした。
Commented by コヨーテ at 2013-05-10 07:15 x
山の石さん、こんにちは。
カタクリは丁度良かったみたいでたくさん見れました。
目丸山も結構咲いていたみたいですね。
久しぶりの京丈山にホント楽しめました。
<< 烏帽子岳・五勇山 2013.0... 井原山 №190 三瀬峠より登... >>