烏帽子岳・五勇山 2013.05.04

新椎葉越より縦走して登る

昨日は京丈山に登り、その日は五家荘の樅木にあるキャンプ場に泊まる。
そして今日は まだ未踏である烏帽子岳に登ることになった。

キャンプ場を6時半に出発。
白鳥山の登山口に行った時と同じように八八重にて「椎葉越」の案内に従い鋭角に曲がる。

f0196109_20554844.jpg


林道に入ってすぐ「Y 字路」の分岐に差し掛かり右の道を上がっていく。

f0196109_20595141.jpg


途中の白鳥山の御池登山口の前を通過し、
八八重から約11kmのところに新椎葉越登山口がある。
10台は止められそうな駐車スペース、簡易トイレも2基あり。
3年前に白鳥山へ登ったときは、御池登山口から登り
「ここ」に下りてきました。→ その時のレポ

f0196109_2144599.jpg


駐車スペースには既に数台の車が止まっていた。
昨日、キャンプ場で一緒だったグループも先に出発されてた。
中には下山して疲れたので、そのまま「ここ」に泊まった方もいた。
昨夜はかなり寒かったらしい。

地図
f0196109_20303037.gif


07:33 新椎葉越~07:53 椎葉越(ぼんさん道峠)~09:07 五勇山分岐~09:12 烏帽子岳 09:22~09:52 展望岩~10:40 五勇山 11:00~11:48 五勇山分岐~13:18 新椎葉越

注意
本文中には地図等が出てきますが、説明しやすくするためにコヨーテ本人がGPSのデータをもとに作成したものでありますが多少の誤差はあります。またコースタイムには個人差があるため正確にしりたい方は国土地理の地図や他の資料をお勧めします。


f0196109_1916568.gif


早朝、キャンプ場で炊いたご飯を積んで出発。
尾根道を北に向け進んでいく。

登山口より入ってすぐスズタケの中を通る。
居るかどうか分からんが…ダニ避けためにスキンガードを吹き付けておく

f0196109_21285174.jpg


最初の1532のピークを越え、次のピークにて椎葉越に出合う。
「ぼんさん道峠」とも書かれている。
泉村登山口まで20分。烏帽子岳までは約90分。まだまだ先は長い。

f0196109_21371686.jpg


烏帽子岳への尾根道はアップダウンの連続。
1491のピークを越え、次のピーク1548の取付きにて展望の良いとこに出合う。
ここは地図に載ってた「展望台」なのだろう。
振り返ると通ってきた尾根が綺麗に見えてた。その右は白鳥山かな。

f0196109_2255349.jpg


1548のピークを過ぎ、
「ぬりかべ」のような飛び出た平たい岩のとこを通り過ぎると
ここからまた一旦下りとなる。

f0196109_2345987.jpg


鞍部付近から前方に見える山容
あれはまだ烏帽子岳ではない。GPSの地図で見るとピーク1617だ。

f0196109_237335.jpg


鞍部から80mほど上がりピーク1617に達する。
前方に見える山容は今度こそ烏帽子だろう。
でもまだ遠く、五勇山分岐までアップダウンが続く。

f0196109_23123053.jpg


鞍部からラスト100mほど上がり五勇山分岐に出合う。
烏帽子岳は左(西側)へ進んだ先にある。

f0196109_23152434.jpg


烏帽子岳山頂までの道沿いにはシャクナゲが群生している。
これだけ沢山群生してる中を通るのは凄い。
残念ながらまだ花を咲かせておらず、蕾を付けてないものもあり。

やがて烏帽子岳の山頂につく
f0196109_23195223.jpg


山頂からはここまで通ってきた尾根筋が見える。
思えば遠くまで来たもんだ~
f0196109_23253481.jpg


山頂にてキャンプ場で一緒だった北九州のグループに会い
時間もまだ早かったので一緒に五勇山まで向かうことになった。
五勇山へはここから東へ尾根道を進んだとこにある。

再び分岐まで戻り、またまたシャクナゲが群生する尾根を進んでいく。

f0196109_23274166.jpg


序々に下っていき展望岩に出合う。
「こっからの眺めも最高ばい。」と書かれているとおり
展望は良い。

f0196109_23381112.jpg


またこの辺りは日当たりも良いせいか、石楠花も綺麗に咲いていた

f0196109_23382935.jpg


展望岩より再び40mほど下り、同じくらい上がってピーク1654に達する。
戻りが大変だなぁ~

その後も小さなアップダウンを繰り返しながら50mほど下り
ラスト五勇山に向け上りに入る。

山頂は何処だろう?
上りも終盤に入り、GPSの地図では「山頂」らしきとこに来たのだが
プレートなどはまだ見つからない。

道もやや下りになり、通り過ぎたんじゃないかと思った矢先
国見岳への分岐に出合い、そのすぐ先に山頂プレートがあった。

登山道の通りに山頂が「ひょこ」っとある感じだ。

国見岳分岐
f0196109_23591096.jpg


位置関係。写真右が山頂プレート、左奥に国見岳分岐
f0196109_002827.jpg


五勇山頂より
f0196109_011043.jpg


山頂で昼食をとったのち、
ここまで一緒に縦走してきた北九州のグループとはここで別れ
私は先に元来た尾根を戻る。

下山後、明日の山に備えて五木を経由して錦町へ
今夜は道の駅「錦」に車中泊する。
[PR]
by coyotehana | 2013-05-04 15:47 | Comments(0)
<< 天包山 2013.05.05 京丈山 2013.05.03 >>