早朝登山 可也山 2013.08.16

アルプスから帰ってきて、まず感じたのが
こっち(福岡)は暑い!

いや、こっちだけでなく日本中に猛暑が続いてて
とにかく暑い!

とても近場の山に登れたもんじゃない。

それでも、早朝だったら幾分か涼しいのではないか‥と思い、
遠征前にトレーニングとして登っていた可也山に
登ってみることにした。

自宅を出る前、日の出したばかりの太陽は赤く見えていて
凄くきれい!
f0196109_13591116.jpg


早朝なら幾分か涼しいかと考えてたのだが
登山口付近は6時頃で既に気温は30℃を超えている。
甘かった。

低山で、しかも登山口は海抜0mに近いので
仕方ないと言えばそうなのだが‥

まぁ、ここまで来たら登るしかない
さっさとスタートする。


木々の間から漏れる朝日は赤く照らされており
何だかきれいである。
f0196109_1472862.jpg


照らされて赤く見える葉っぱなんかは
「もう、紅葉してる?」と感じたくらい

f0196109_1474218.jpg


‥と風流に慕っているのもここまで。
段々と体力が消耗していく。

なかなか足が上がらない。

暑さのせいだろう。

普段、そんなに長く休憩はとらないのに
「石切場跡」でしばらく休んでたくらい。

途中で中学生グループを抜いたが
下りの時には会うことはなかった。
途中で撤退したのかな?

倒れそうになる自分にムチを打ち
何とか山頂に着いた。
f0196109_14133566.jpg


こんなに苦しい可也山ははじめてでした

やっぱりこの猛暑の中、低山は登るもんじゃないですね。
[PR]
by coyotehana | 2013-08-16 13:46 | Comments(0)
<< 井原山 途中で撤退 2013.... 南アルプス・白峰三山 (4日目... >>