古処山 2014.09.21

公共交通機関を使っていく。



本当はこの日、五島の山に行くつもりだったのだが‥台風が近づいてきてて、万が一波が高くなって帰りのフェリーが欠航にでもなって帰れなくなったらシャレにならないので今回は延期。
今日は足がないので公共交通機関を使って行ける山を探していたところ、古処山があることが分かり、ならばと言うことで出掛けてみた。

公共交通機関によるアクセス
甘木駅(甘木鉄道、西鉄電車)から甘木観光バスが秋月の野鳥(「のとり」と呼ぶ)まで出てて、野鳥バス停から登山口まで約1km、歩いて30分ほどで行くことが出来る。
また7月~9月の間は、さらに先の「だんごあん」までバスは行ってくれるので、この時期は終点1個前のバス停「古処山入口」で降りたら登山口までほんの少しの距離で行けるのだ。
JR博多駅から下りの快速電車に乗り、基山駅にて甘木鉄道に乗り換える。
甘木鉄道のレールバスに乗り、甘鉄の甘木駅には9時半に着く。
9時47分発のバスに乗車し、国道322号線を秋月に向けて上がっていき、情緒あふれる秋月の城下町の中を通り、野鳥を過ぎ、古処山入口バス停には10時10分に到着出来た。

甘木鉄道のレールバス
f0196109_21454138.jpg

甘木駅(甘木鉄道)を出てすぐにあるバス停
f0196109_21455002.jpg
古処山は井原山、多良岳に次ぐオオキツネノカミソリの三大群生地の一つとされている。
2004年の夏にここを訪れたときには、山頂上部付近にオレンジ色したオオキツネノカミソリの花が綺麗に咲き、群生してる光景が見られました。
その後久しく登ってはいませんでしたが、2010年に大雨による災害で登山道が崩壊し、登山口から林道終点の5合目までの九州自然歩道が暫く通行止めとなっていた。
現在は道も修復されこのルートも通れるようになっており、本日はここを通って山頂まで上がることにした。

f0196109_21245903.gif
10:13 古処山入口バス停~10:22 登山口~11:00 林道終点~11:28 水舟~11:48 山頂~12:06 馬攻め~12:41 林道終点~13:00 林道始点~13:16 だんご庵 13:54 ~14:12 野鳥バス停~14:20 郷土館バス停

f0196109_21251119.gif
古処山入口バス停から車道を少し戻り、案内に従い角を曲がり舗装された道を登山口に向けて上っていく。
途中には2段構えの駐車場があり、車で来た場合はここに止めてスタートしたらいい。
f0196109_21445673.jpg
数分ほどで道沿いにある古処山登山口に出合う。
すぐ先の鳥居をくぐり上がっていきます。
f0196109_21450813.jpg
暫くはコンクリの道が続きます。
以前登った時には左側に流れる川の向こう側にはキャンプ場があって、賑やかな声も聞こえてきていたが、
今はキャンプ場も無くなってて、どこにあったのかもよく分からない。
コンクリの道は消え、修復された橋を幾つか越え、砂防ダム付近を過ぎたところで三合目に出合う。
f0196109_22012398.jpg
沢を徒渉して道は左岸になり、ガレの道へとかわって上っていきます。
その後、橋を渡り右岸、再び左岸を通ることになる。
f0196109_22013009.jpg
石畳み登場!健在。綺麗に造られた石畳の道ですが、これが滑ります。
しかもこれが長い。
またこの先には水の流れが変わっちゃってるせいか‥この石畳みの道に水が流れてる箇所もあった。

f0196109_22014271.jpg
沢から離れ、巻くようにして道は上がっていき、古処林道終点・五合目に出合う。
ここには駐車場もあり、ここまで車で上がってこれて、ここからのスタートも出来る。
山頂まで1.1kmと案内板には記されている。
f0196109_22015174.jpg
再び石畳や石段などを上がっていくと、六合目にて「紅葉谷」との分岐に出合う。
山頂へはそのまま直進。傾斜も段々と増してくる。
f0196109_22020675.jpg
この辺はやや荒れているようにも思える。ガレも所々見かけます。
巻いたりしながら谷を上がっていきます。
f0196109_22021922.jpg

水舟に出合う。案内にも水場と書かれていて、以前は水を汲むことも出来たようだが
ここ最近、水も枯れてるようで水場としては見込めないようだ。
すぐ近くには今年咲いたオオキツネノカミソリの茎部分だけ幾つか残っていた。
以前登った時にはこの辺からキツネさんが群生して咲いてました。
今はどうでしょうか。久しぶりにここのキツネさんを見てみたいものです。
f0196109_22025370.jpg
ジグザグに道を上がっいき「へい山」への近道との分岐に出合う。
尾根に出て右の縦走路を進むと50分でへい山へ行けて、尾根を戻る感じで古処山へも行けるようだが所要時間は25分。
素直に左の道へ古処山へ進むと15分である。迷わず左へいく。
f0196109_22030412.jpg

T字路に出合い、古処山頂まで0.2kmの案内板を見るが、ここは右の道へ上がっていく。
ちなみによく見ると左にも道はあって、ここを進むと馬攻めに行ける。
下りは山頂から馬攻めに行き、ここの分岐まで戻ってきました。

ラストスパートといきたいところだが、ツゲの案内が書かれたとこ(小さな広場)から岩場が目立ってきた。
岩を乗り越え上がっていくと山頂はすぐそこである。
f0196109_22031629.jpg

古処山頂に到着。標高860mの山頂である。
山頂広場はそんなに広くはなく、団体でも来たらすぐに満杯になりそうだ。
山頂ポールに祠もある。

ここは山頂なのであるが、何故かそこから上に道がある。へい山へ向かう縦走路になるが、
道より下のとこに山頂とは‥何とも微妙。
f0196109_22032652.jpg
山頂から左の道入り、八丁越ルートを進んでいくと宮地嶽大明神に出合う。
そこから下へ降りると馬攻めの広場に出合う。
f0196109_22063326.jpg

山頂に比べ広々とした馬攻めの広場である。
このまま八丁越を進もうかと思ったが、最終的には「だんごあん」に下りる予定で、
そのルートだとかなり遠回りになるので、ここから先ほどのT字路まで戻り、ピストンすることにした。

f0196109_22064277.jpg
驚いたのが‥ここはアケボノソウがいっぱい咲いてた。
すごく可愛い花です。

f0196109_22090452.jpg

ホントいっぱい咲いてました。
f0196109_22091715.jpg
林道終点から登山道から離れ、古処林道をそのまま下っていくことにした。
「だんごあん」へはこっちが近いかと思っての行動だが‥余計遠回りになったようだし、
しかもアスファルト道は登山靴には辛いものがある。

古処林道始点にて国道322号線に出合い、暫くは国道歩き。
「秋月街道」「だんごあんを経て秋月へ近道」などの案内のとこから川沿いの登山道を下る。

やがて「だんごあん」の敷地内を上側から下りていき、賑わう「だんごあん」に着いた。

f0196109_22065264.jpg

ヤマメや鶏の串焼きの良い匂いもしてきます。
沢の音を聞きながら一杯いただくのも良いものです。
中でもここの「くずきり」が私、好きなんです。
黒蜜を付けて食べます。暑い夏には最高です。
f0196109_22070063.jpg

「だんごあん」で暫し休息したのちバスで帰ることに。
だんごあんまでバスは来ますが、バス停が何処だかよく分からず。時間もあったので秋月の城下町までとぼとぼ歩いて行くことにした。
古処山入口バス停はだんごあんからすぐ近く。バスが通る道を田園風景も見ながら下っていくと街の上付近に「野鳥」バス停に着いた。
まだバスの時間もあり、トイレも行きたかったので更に下の城下町の中にある「郷土館」バス停まで進み、ここからバスに乗車して甘木まで戻った。
f0196109_22071312.jpg

甘木から今度は西鉄電車で帰ることにしましたが、その前に近くに温泉を見つけたので入って帰ることに。
甘鉄甘木駅から500mのとこにある健康福祉館「卑弥呼ロマンの湯」で、街中であるがここは天然温泉である。
後半アスファルト道が多く、足も疲れたので、ゆ~くり湯につかり癒されて帰りました。



[PR]
by coyotehana | 2014-09-21 12:22 | Comments(0)
<< 福智山 2014.09.28 市房山 2014.09.14 >>