洲藻白岳 2014.10.19

洲藻白岳は対馬にある名山で九州百名山の一つである。
対馬までは博多からフェリーや高速船で行けるが、港がある厳原から登山口までのアクセスが難しい。バスの本数も少なく日帰りで行くには至難の業である。

そこで対馬に住む visionさん にお願いしたところ快く引き受けていただき、洲藻白岳を案内してくださいました。
visionさんとは私と同じ年で、初めて一緒に登ったのは犬ヶ岳・求菩提山で
そのあと大船山でバッタリお会いして以来10年ぶりの再会となる。

前日の土曜日。夕方まで仕事に出て、その後所属している「自然を歩く会」の会合に参加。天神から博多ふ頭行のバスが出る時間まで会合後の飲み会に参加して、22:37発の博多埠頭行のバスにて博多ふ頭には23時前に到着。
0:10発の対馬行の「フェリーちくし」に乗船する。

f0196109_19533958.jpg


私にとって対馬へ行くのは初めて。新門司から関西に向かうフェリーや屋久島に行くフェリーなどは乗ったことはあるが、ここからのフェリーも初めてです。
深夜、フェリーはゆっくりと博多埠頭を離れ、博多湾を出ていきます。

f0196109_19574777.jpg


明日の洲藻白岳の登りのことも考えて、ゆっくり寝れるように2等指定をとりました。
フェリーの中の2等指定の部屋は、途中寄港する壱岐に下船する人たちと対馬までの人と部屋が左右に分かれている。
16人は寝れる部屋ですが、中はガラガラ。私の他に乗客は一人しかいなかった。
ゆっくり寝れるかと思いきや、思った以上に船の振動が大きい。
しかも2時半頃には壱岐に寄港するし慌ただしい。
あまり熟睡することも出来ず、結局寝れたのは5時前に対馬厳原港に入港し、
下船の7時までの約1時間ほどだった。

f0196109_20055638.jpg


登り用の服に着替えて7時に下船。
フェリーターミナルに向かうとvisionさんと前日から対馬入りし対馬の山3座登ってる 肉まんさん が迎えにきてくれてました。
朝ごはんまで用意してくれてて、登り前の朝食を頂きました。
f0196109_20110044.jpg

visionさん、肉まんさん、私の3名での洲藻白岳に登る。
visionさんの車にて登山口へ移動。
7時45分にはトイレ、駐車場がある登山口に到着。

f0196109_20301405.jpg

これからは登る双耳峰の洲藻白岳の山容がここから望めた。
今日は天気も良く絶好の登山日和だ。
f0196109_20284655.jpg

ここからのスタートだと洲藻白岳の登りは10kmほどの往復になるとのことで、
更に2km以上林道を進んだ先にある終点の登山口まで車で移動して、そこから登りをスタートする。
当初、単独でバスを使って行くことを計画してたが、バスのアクセスが悪く、
鶏知前バス停から登山口まで歩こうかと考えてたが…改めて距離が無茶苦茶あることに気付く。
改めてvisionさんに感謝。
未舗装の林道を進み、8時頃には車が数台駐車出来る登山口に着いた。

f0196109_20432749.jpg

f0196109_22021093.gif
08:00 登山口~08:46 鳥居 08:56~09:16 小広場~09:28 西岩峰 10:22~10:39 岩テラス 10:47~11:47 登山口

f0196109_22163635.gif

登山口より直ぐ側の滝を右に見、急坂を上がり
その後は沢沿いの道を上がっていきます。
地図では前岳を巻くように谷を上がっていってるようです。

f0196109_22340707.jpg

この辺は緩やかな道。ほどなくして「白岳に見られる動植物」の案内板とベンチがある場所に出合う。
対馬は韓国から直接高速船が入港しており、韓国人観光客も多い。
山の登る韓国人も多く、昨日は肉まんさんが登った山では沢山登ってたらしい。
そのせいか、登山道沿いにはハングル文字で書かれた案内板や注意板も目立つ。
f0196109_20424527.jpg

動植物の案内板を過ぎて傾斜も増してきた。
ややジグザグの道を上っていく。
f0196109_22554856.jpg

道を左に向きを変え、上がっていくと前方に大きな岩屋が見えてきた。
岩屋を左に見ながら傾斜がある道を上がっていきます。
f0196109_23020192.jpg
鳥居と赤い旗が見えてきた。
ここは分岐になっており、このまま真っ直ぐ直進すると「上見坂」に向かうと案内板に書かれている。
ここで暫し休憩、鳥居を潜り登りを再開する。
f0196109_07132087.jpg


この辺から急登が続く。地図で見ても等高線の間隔は狭い。
ロープ箇所も出てきました。ロープ箇所は何度も続く。
f0196109_07204894.jpg


やがて山頂直下にある小広場に出合う。
ここには祠やケルンもある。
この小広場から岩場のロープ箇所を乗り越え西岩峰・東岩峰の鞍部につく
因みに真っ直ぐ進むと岩テラスにつく。
f0196109_07260998.jpg

小広場から岩場を設置されてるロープで越える。
f0196109_07330954.jpg

岩場を超えると西岩峰・東岩峰間に位置する鞍部に出合う。
西岩峰は雄岩、東岩峰は雌岩と呼ばれている。
東岩峰には登ることが出来ず、事実上、洲藻白岳の山頂は西岩峰となっている。
その山頂を目指し左側の西岩峰へ上がっていく。
f0196109_07340454.jpg

ガレ場を上がり、更にロープにて岩場を上がる。
f0196109_07351469.jpg
途中の上りからは既に素晴らしき光景が隙間から見えているじゃないか。
山頂では更に絶景が待っている。ワクワクします。
f0196109_07355695.jpg


西岩峰の基部から更に岩場をロープで上がり、狭い道を巻き、ラスト岩場をよじ登ると洲藻白岳(西岩峰)のてっぺんに登頂した。

そして待っていたのは驚きと感動。
ほんと素晴らしい光景が飛び込んできました。
岩峰の上から360度、何も遮るものなどないパノラマ展望。
直ぐ目の前には東岩峰が「で~ん!」と構えています。
f0196109_07372291.jpg

岩峰はそんなに広くはなく、このダイナミックさに足がすくむ。
しばらくはまともに立つことが出来なかった。
f0196109_07401348.jpg

東岩峰側のパノラマ。
向こう側には雄大な海や島々も望める。対馬空港も見えます。
素晴らしい。
f0196109_07404174.jpg

こちらはその反対側のパノラマ。
ずっと続く尾根とその山々。素晴らしい。
f0196109_07404865.jpg
1時間近く岩峰にいました。
来て良かった~
visionさん、ありがとう。
洲藻白岳、感動をありがとう。


その後、岩峰から慎重に岩場を下り、鞍部から先にある東岩峰直下の神社へ
そこには鳥居があり、その先には雌岩そのものが見えます。
この鳥居から先には入れません。入っちゃダメですよ~
 
f0196109_07420759.jpg
そしてvisionさんお気に入りの岩テラスへ
見上げると先ほどまでいた西岩峰のてっぺんが望めます。

f0196109_07435122.jpg

今日は雲もほとんどなく快晴で、天気にも恵まれました。
存分に満喫しました。

下山後、温泉へ
私、対馬に温泉があるなんて知りませんでした。
ほんと良い湯で登山後の疲れが程よく取れていきます。

昼食はその近くの対馬グランドホテルでバイキング。

帰りのフェリーの時間まで少しあったので、風来坊さん も見に行ってる万関橋の観光をさせていただきました。
ここは日露戦争時、日本海海戦を前に水路を掘って対馬南北を横断出来るようにしたのです。

f0196109_22353849.jpg
橋の上からはその水路が見られます。

f0196109_22363677.jpg
そして15時25分発のフェリーにて対馬をあとにする。
初めての対馬。8時間と短い時間でしたが素晴らしいひと時でした。
visionさん、ほんとお世話になりました。

[PR]
by coyotehana | 2014-10-19 09:12 | Comments(0)
<< 三俣山 2014.10.25 涌蓋山 2014.10.11 >>