扇山 2011.11.15

扇山は椎葉村に聳える山で九州百名山の一つ。
私にとってはまだ未登頂の山である。
向坂山・白岩山から南へ、霧立越へ経て扇山まで尾根が続いており、
縦走してこの山まで行くことも出来るのだが、歩行時間は片道5時間は掛かり、
また単独ともなるとまたスタート地点までまた戻らないといけないので、
1日で登るには難しいものである。。
そこで今回は扇山単体で松木登山口より登ることにした。

前日、仕事終了後に車にて熊本の道の駅「旭志」まで移動し車中泊。
翌朝6時前に出発。国道57号線を大津、南阿蘇を経て高森へと進み、
国道265号線に入って山都町、馬見原、五ヶ瀬を通り、椎原村へと向かう。

途中、五ヶ瀬の国道からは霧氷で山頂部が白く化粧された山容が見えていた。
あれは向坂山だろうか?遠くから見ても凄く綺麗だ。いいなぁ~
今日は扇山に登るんだ!向坂山へ登りたい気持ちをぐっと押さえ先へ進む。

国道265号線の椎葉村、椎葉大橋手前にて右側の県道142号線(湯前へ向かう)に入り、すぐ先のY字路にて左側の椎葉村へと向かわず、右側の県道をそのまま上椎葉ダムへと進んでいく。

椎葉大橋手前にて右側の県道142号線へ上がる。

f0196109_07305409.jpg
ダム湖畔に出合い、そのまま湖畔沿いの狭い県道を進むこと約5.7km、「松木」の案内に従い林道へ右折、登山口に向けて狭い林道を 約8.8kmほど上がっていくと
松木登山口につく。


松木の案内に従いここから林道へ入る
f0196109_07310211.jpg
ダム沿いの県道から舗装された林道に入り上がっていくこと6.6km、
T字路に差し掛かるが案内に従い左側の舗装された道をそのまま上がっていく。
右側は舗装されていない林道で内ノ八重登山口へと向かう。
更に1kmほど上がっていくと旧登山口に出合い、そこから1.2kmほど先に松木登山口に到着する。
丁度この辺は林道工事中で登山口より少し手前から未舗装の道になっているが、
そのうち舗装の道へとかわると思われる。
登山口前には広い駐車スペースがあり、ここに車を止めて登る。
既にこの位置で標高1300mはある。

f0196109_21563032.jpg


f0196109_20410656.gif
08:58 松木登山口~09:42 山小屋~10:01 扇山 10:21~10:38 山小屋~11:12 松木登山口

f0196109_20434916.gif


登山口から自然林とスズタケの中、登山道を上がっていく。
地図上ではピーク1518まで北向きに枝尾根を登っていくことになるが、
どちらかと言うと尾根の西側をトラバースしながら上っていっている。
ピーク1409の西側をトラバースして通り過ぎると、登山道は落ち葉で降り積もったフカフカの絨毯の道へと変わる。
サクッサクッ…と音をし、歩いてて何とも気持ち良い。
そのうち登山道には白いものまで見えてきた。
f0196109_22120138.jpg


ピーク1518付近より今度は北東へと向きを変えて上がっていく。
登山口から登山道沿いには黒い塩ビで出来たパイプがずっと続いており、
おそらく水道管と思われるが、この先の山小屋までそれは伸びている。
道は1本道で迷うことはないが、このパイプも目印ともなる。
f0196109_22212490.jpg

コースを北側に向き進んでいくと、やがて扇山山小屋に出合う。
外見上凄く立派な山小屋に見える…が、建物基礎の老朽化のため
ロープが敷かれて建物の中への立ち入りが出来なくなっていた。
この山小屋の横より案内に従い、扇山に向けて急登を上がっていく。
因みに白岩山・向坂山へ向かう縦走路はこのまま直進する。
f0196109_22281059.jpg

急登を上がり、やがて稜線へと出合う。
道は緩やかになり石灰岩の岩も目にする。
大岩の左側を通り過ぎ稜線上の道を進んでいきます。
f0196109_22380644.jpg

岩場を登りピークに達してここが山頂…かと思ったが、手前のピークだった。
「山頂ま…」で割れたプレートが落ちてて確信。
このピーク露岩からの展望が良い。
f0196109_22435858.jpg

山頂へはこのピークから一旦鞍部へと下り、そこから登り返した先にある。
登山道からはやっと扇山の山頂が見えてきました。
f0196109_22461874.jpg

登山口から約1時間、扇山山頂へと登頂する。
山頂はそんなに広くはないが、ここからの展望は素晴らしい。
北側と南側にそれぞれ展望が見渡せる。
f0196109_22545706.jpg


こちらは北側の展望。白岩山・向坂山へと通じる尾根が見える。
その先には白岩山か向坂山だろう。山頂部は霧氷で白く化粧されてる。
更にその右奥にも白い山が見える。おそらく小川岳であろう。
視界もよく、遠くまで見渡せました。
f0196109_22580838.jpg

こちらは南側の展望。残念ながらこの時間帯は丁度逆光。
でも遠くまで見渡せます。
f0196109_23032121.jpg

お決まりの記念撮影。プレート側は逆光です。
f0196109_23041414.jpg
下山は往路を戻り、11時過ぎには登山口に戻れた。
予定よりも早く下山出来、時間もたっぷり残っているので
このあと白岩山・向坂山へ行ってみることにした。

行きがけに見えた霧氷の姿。扇山山頂からもそれは見られ、
時間的にもこれから向かっても遅く、霧氷は消えてなくなってるかもしれないが、
とりあえず通り道、山頂部が見える所まで行ってみることにした。

白岩山・向坂山へ

[PR]
by coyotehana | 2014-11-15 08:58 | Comments(0)
<< 白岩山・向坂山 2014.11.15 雷山 2014.11.11 >>