叶岳~高祖山~かねつき山 2014.12.14


昨夜は山仲間の忘年会。
そして忘年会で一緒だった肉まんさん、風来坊さん、S・TAROUさん、豊津の俊ちゃん・信ちゃん夫妻、うすきさんの計7名で叶岳~高祖山~鐘撞山(かねつき山)
の周回山歩きをしてきました。

f0196109_23361532.gif
08:00 叶岳登山口~08:50 叶岳~09:34 高地山~10:40 高祖山~11:14 鐘撞山(昼食)11:46~12:25 叶岳登山口

f0196109_23341801.gif


朝8時に叶岳登山口に集合
先週の例会に引き続き、私は再び今週もこの山を登ることになりましたが、
前回と違うのは高祖山から野外活動センターへは下らず、
今回初めて鐘撞山へと周回して下ります。

f0196109_07250781.jpg


途中の東屋がある展望所から今日登る鐘撞山(写真左)が見えます。
てっきりあの山が高祖山だと思ってた私。
高祖山はそこから左側にある山で、先週一緒登った人たちにウソ教えてました。
間違って教えられた方々、ごめんなさい。

f0196109_07284977.jpg


叶岳への急登を上がっていき、やがて叶岳・叶神社へとつく。
f0196109_08101704.jpg


神社の先に山頂ポールがある。
f0196109_08105174.jpg


叶岳から高地山を経て高祖山まで、アップダウンしながらの尾根歩き
高地山手前の尾根道からは飯盛山も見えてました。

f0196109_08110784.jpg


高地山・419mです。
今日登る山の中では一番高いところですが、登山道途中にポツリと出合うとこでそんな感じには見えません。

f0196109_08130503.jpg


高地山を過ぎ、飯盛山への分岐を過ぎると方角を北西に変え
その後もアップダウンの尾根をひたすら進んでいきます。
一番手先頭は風来坊さん。二番手に私が続きましたが…
ずっと前しか見てなかったせいか、気づけばその日のカメラには
風来坊さんしか写っていませんでした。しかも後姿ばかり。
他の方は誰も写ってなく、まるで風来坊さんと二人で登ったかのように見えますが
7人で登りました。
f0196109_08133796.jpg


高祖山・416mに登頂。
まだ時間は10時40分。お昼にはまだ早く、少し休憩して鐘撞山に向かいました。
f0196109_08141606.jpg
下ノ城址の分岐。ここから鐘撞山へ稜線上を進みます。
このルートは比較的新しいようで、案内板には載ってなく
マジックの手書きで付け加えられてました。
風来坊さんからレクチャーを教わりました。
f0196109_08151351.jpg

鐘撞山への道。思ったよりもしっかりとした道です。
迷うようなことはありません。
f0196109_08165669.jpg

ちょいとトラバースの道もありました。
でもこのルートはそんなに急でもなく、のんびりとした道です。
山頂直下に少しばかり急登がありますが、ほんのちょっとです。

f0196109_08170347.jpg


鐘撞山・314mに登頂
f0196109_08180569.jpg


山頂にはたくさんのベンチが設置されてます。
ここで昼食をとりました。
f0196109_07123642.jpg


そのベンチとベンチの間にひょこっと三角点が埋まってました。
f0196109_07124022.jpg



鐘撞山からの展望は素晴らしいです。
こちらは福岡市内です。広々と望めます。
f0196109_08183907.jpg


こちらは糸島方面の眺望
可也山も綺麗に見えてました。
f0196109_08184679.jpg


反対側には高祖山(右)と叶岳から高地山の稜線。
その間遠くには脊振山も見えますね。
f0196109_08192353.jpg



下山はそのまま叶岳登山口側へと下っていきます。
ところどころ急斜面。木々をつかまりながらの下り。
降り積もった落ち葉がフカフカで気持ち良かったです。
色鮮やかな手作りの案内板が麓へと案内してくれます。
f0196109_07125625.jpg



やがて林道沿いにある鐘撞山登山口に出てきました。
ここからは住宅街の中を通り、車が止めている叶岳登山口へと戻りました。
f0196109_07130668.jpg

HOME コヨーテの山歩き

[PR]
by coyotehana | 2014-12-14 08:17 | Comments(0)
<< 可也山 2014.12.28 叶岳~高祖山 2014.12.07 >>