雁俣山 2015.05.02

先ほどは白鳥山に登ったが、
時間が早かったので再び二本杉峠までも戻り、
今度は雁俣山へ登ってみることにした。

雁俣山に初めて登ったのは2003年の丁度同じ時期。
西鉄のカタクリの花を見に登るツアーに参加した時だった。
その翌年にも単独で登ったが、あいにくの雨でカタクリの花は
見ることが出来なかった。
それから11年、
今年は開花が早いようでカタクリは見れるかどうか微妙!

f0196109_23041436.gif
11:19 登山口~11:26 黒原分岐~11:38 近道分岐~カタクリ群生地~12:03 山頂直下分岐
~12:11 山頂 12:32~12:42 近道分岐~近道~12:49 分岐~12:59 黒原分岐~13:08 登山口

f0196109_23100122.gif

11時過ぎに二本杉峠に到着。
以前はツアーで二本杉峠にバスもよく来てたが、
最近はカタクリの花も減ってるようで
前みたいにバスも来なくなったという。
それでもカタクリの花を見に登ってる人を今日も何人も見かけた。

先ほどの白鳥山で使ったザックの中身はそのまま
すぐさま担ぎ、登山口から登る。

f0196109_07330206.jpg

今日は天気は良く、暑いくらい。
下界では30℃を越えてた。
新緑も綺麗な中進んで行くと、ほどなくして黒原分岐へと出合う。
ここは案内通りに左の道へ向かう。
f0196109_07331133.jpg
分岐を過ぎると丸太階段の上り。
よく整備された登山道で迷うことはない。

そして小ピークにてベンチに出合う。
f0196109_07355720.jpg


再び丸太階段の上りに出合う.
以前登った時は手軽に短時間で登ったイメージもあったが、
急登の上りも何か所かある。
昔は元気だったのかな?
f0196109_07364974.jpg



分岐にて山頂への近道と出合う。
カタクリの群生地を通りたかったので勿論ここは直進。
因みに近道を使うと、ピークを越えて本道と再び合流することになる。
カタクリの群生地の先にての合流であり、確かに距離的には短縮になるが、
急登の丸太階段を上りピーク越えなので、楽ではない。

帰りはこの近道を使って下った。
カタクリの群生地付近はトラバースの道で道も狭く
カタクリの花を見に多くの人が見に来られた時には離合も大変そうなので
そのときは帰りにはこの近道を使った方が良いかもしれない。


f0196109_07372952.jpg



そしてお待ちかねのカタクリ群生地。
案内板のある付近からカタクリが育っています。
以前と同じようにロープが張られていて登山道沿いのカタクリしか間近に
見ることが出来ません。

ただ前回来た時よりもやや荒れているようにも感じられます。
トラバースの道は、雨で降ったら斜面側に滑りそうだ。
そしてカタクリも減ったかな。



f0196109_07375465.jpg

群生地に入りカタクリの株は見つけるが、
花期を終えたものばかり目立つ。
やはりもう遅かったのか…

そう諦めてたところに、色は薄れてたが花弁を残してた株を見つける。
久々に出会えたカタクリの花です。

f0196109_07381773.jpg

もう暫し探してみると、なんと!
花弁が反り返った立派なカタクリの花を1株見つけた。

f0196109_07384154.jpg


イナバウア~
立派なカタクリです。
今回見れたのはこの2株のみでした。
f0196109_07385865.jpg


群生地を過ぎ暫く進むと、先ほどの近道と合流。
帰りはここから近道を通りました。
f0196109_07393378.jpg


山頂直下の急登が始まる前に再び分岐に出合う。
ここも黒原側への分岐です。
f0196109_07395787.jpg


山頂直下急登。
ロープ箇所もある。
雨で濡れてたら滑ります。濡れてなくても
木々やロープなど掴むとこがない斜面では下りにズルッ…といきそう。

f0196109_07404462.jpg



登山口よりスタートして1時間、雁俣山の山頂に登頂。
プレートに三角点、ベンチもある。
f0196109_07410423.jpg


山頂からの展望。
熊本平野にその先は阿蘇だろうか。
今日は視界も良く眺めは素晴らしい。
f0196109_07412448.jpg

山頂にはヒカゲツツジがある。
もう終盤を迎えてはいるが、ヒカゲツツジの薄いレモン色が山頂を飾ってます。
f0196109_07414654.jpg


山頂にてのんびり昼食を食べたのち下山。
帰りは近道を通って戻る。
植林帯の中の急登。それを上がるとピークになり
丸太階段を下り本道と合流する。


下山後は
二本杉峠にあるお店にて山女魚のから揚げ。
うまうまです。ついでに麦酒でグィッといきたいところですが、
このあと車で美里町へと下り佐俣の湯へ
そしてその夜も道の駅「宇城」にてまた車中泊する。
f0196109_07431135.jpg
HOME コヨーテの山歩き


[PR]
by coyotehana | 2015-05-02 23:22 | Comments(0)
<< 京丈山 八軒谷より登る 201... 白鳥山・上ノ内谷 2015.0... >>