三郡縦走(リタイヤ)2015.08.22 

1ヶ月後の屋久島縦走を控え準備中。
だが前回4年前に縦走した時に比べ体力が落ちているような気もする。
無事縦走出来るか不安いっぱい!
そこで体力作りとトレーニングを兼ねて三郡縦走に行ってみた。

ところが過度の荷物(自分にとっては限界だった)、暑さによる脱水症状を起こしていまい、あえなくリタイヤ。
途中にてエスケープして下山してしまった。

f0196109_07384496.gif
07:23 篠栗駅~09:20 キャンプ場~09:50 若杉山~10:29 ショウケ越~11:41 鬼岩谷山~12:09 砥石山手前~12:55 ショウケ越 13:08~14:37 上の原バス停

f0196109_07403540.gif
博多駅より直方行の電車に乗り込み、7時19分には篠栗駅に到着。
重いザックを担いで若杉山に向けてスタートする。
f0196109_22473892.jpg

4年前の宮之浦岳縦走の記録をもとに今度も約12kgの荷物を担ぐことを想定。
淀川から途中永田岳も寄り新高塚小屋までの距離は約12~13km。
三郡縦走で言えば篠栗駅から三郡山までの距離と見ているので、
これを乗り越えることが出来たら問題ないと見た。
…とはいえ三郡縦走はそんなに甘くない。
途中でバテテしまった時のことも考え、テントも積んでのチャレンジとなるが、
これが裏目に出た。ザックの重さは推定約15kgを越えてしまってた。

ずっしりと重みを感じるザック。
足の進み方も遅く、思ったよりも時間が掛かっている。
休憩箇所も多い。
f0196109_23031172.jpg
何度か休憩しながら登り、2時間近くも掛かってキャンプ場に到着。
ここから綾杉などを経由して上るも、途中で道に迷いロスタイム
太祖宮の急な石段を避け、最後の水場として奥の院にて給水。
そして篠栗駅から2時間半で若杉山山頂に到着する。
f0196109_23101187.jpg
ここからいよいよ縦走。気合いを入れ先を進む。
若杉の鼻からはこれから向かう尾ね々が…遠いなぁ~
f0196109_23121396.jpg
今日の天気は曇り空。ときおり晴れ間も見られてた。
しかしまだ8月の真夏日である。暑いです。
着ているシャツは勿論、首に巻いてるタオルも汗でビシャビシャに濡れてる。
驚いたのがかぶってる帽子のつばから、まるで雨でも降ってかの如く、
汗が次から次へと滴り落ちてくる。
かなりの汗をかいているようだ。これがこの先脱水症状を起こす原因になる。

久しぶりのショウケ越の橋を渡ります。
まだまだ先が長い。
f0196109_23182938.jpg
ショウケ越を過ぎると砥石山まで段状に急登を繰り返しながら
ひたすら上りが続きます。
最初に出合う急登で何故か思うように足が上がらない。
上りが辛く感じるようになっていく。

やがて腿がつり始める。
吹き出すような汗に対して水分補給が間に合わず脱水症状を起こしたようだ。
休み休みしながら何とか鬼岩谷山までやってきた。
f0196109_07154135.jpg
最初は上りで痛みを感じてたのだが、とうとうフラットな道でも痛み、足がつりはじめ
これ以上縦走は難しいと判断、リタイヤすることにした。
もうあとわずかで砥石山につくところだったのに残念である。

さて何処から下山しようか?
若杉山・篠栗駅まで戻ろうか‥とも考えたが、若杉山までの上りは今の状況では難しい。
そこでショウケ越から縦走路を離れ、そこから車道を麓のバス停まで下っていくことにした。


ショウケ越より下る
f0196109_07220617.jpg
とりあえずショウケ越にて昼食と持ってきてた缶ビールを飲みほす。
そしてとぼとぼと炎天下の中、車道を下っていく。
これが長いこと!6kmほどの長い道のり。
結果この日、重いザッグを担ぎ18kmは歩いたことになる。

そして上の原バス停から博多駅行のバスに乗り、戻ることになった。

課題いっぱい!
今度の屋久島縦走に不安を感じる。大丈夫だろうか。


HOME コヨーテの山歩き

[PR]
by coyotehana | 2015-08-22 22:53 | Comments(0)
<< 早朝登山 可也山②  2015... 早朝登山・可也山 2015.0... >>