山鹿 不動岩・蒲生山 2016.03.05

山鹿の平山温泉に行くついでに、以前から気になっていた不動岩にちょいと行ってみた。

不動岩(ふどうがん)が山鹿、蒲生山中腹にある岩。
山の情報誌「のぼろ」にも紹介されていて、天に向かって付き出る岩は写真で見ても見応えがある。
是非、間近で見てみたいと思っていた。

アクセス
国道3号線を山鹿に向かって南下。山鹿市内の中央通りの交差点にて国道325号線に左折。
菊池方面へと向かって進み、鹿本にある交差点より県道197号線へ左折。
ひたすら197号線を進んでいき蒲生地区へ、県道沿い右手に一の鳥居が見え、そこから斜めへと道に入っていく。
そして次に出合う二ノ鳥居を過ぎたとこにある駐車スペースに車を止めて登ることにした。

「のぼろ」では、この二の鳥居からのスタートとなっていて、
不動岩を見て蒲生山に登り、日岡山、蒲生池と周回して二ノ鳥居まで戻って来るになっている。
だが所要時間が3時間30分掛かるので、蒲生山までのピストンにしました。

f0196109_23222840.gif

09:47 二ノ鳥居~10:05 金毘羅神社~10:11 前不動~10:22 展望所~10:50 蒲生山~11:18 前不動~11:24 金毘羅神社~11:40 二ノ鳥居

f0196109_23284741.gif


二ノ鳥居を出発。まずは金毘羅神社に向かって道を上がっていきます。
今日は天気も良く、暖かい。午後には気温も26度にも上がってました。
f0196109_23371925.jpg



三ノ鳥居の手前付近から不動岩が見えてきました。
青空に向かってそびえる大岩。この辺から見ても凄いですね。
f0196109_23380327.jpg


拡大してみる
右から前不動、その左にそそり立つI字岩と、その後ろに中不動。
後でわかりましたが、I展望所というとこに上がりましたが、そこは中不動であり、
写真に見える後方の岩のてっぺんまで上がってたんですね~
f0196109_23534817.jpg


三ノ鳥居と石段。
すぐ左に建物があり、てっきりここが金毘羅神社かと思いましたが、
お墓もあり、そこはお寺でした。金毘羅神社はさらに石段を上がっていきます。
f0196109_23382613.jpg


駐車場に出合い(ここまで車で来れるんだ~)金毘羅神社につく。
まずはお参り。
f0196109_23385850.jpg


神社には「足手荒神」が祭られていました。下山時に寄ってみた。
ここの「足手荒神」については後日ネットで調べてみたが詳しいことは書かれていない。
小さな鳥居が建ってて、何だか潜れそうな感じ。多分、足や手にご利益があるんではないか?
昨年は膝の痛みに悩まされたので、ここは潜らんと!ザックを置いて挑戦。
潜ってて上に乗っかってる石が落ちて、コツンと当たらないか…と思いましたが、無事クリア。これで安心。
思いっきり登れるぞ~
f0196109_23395428.jpg



神社右手より道を上がっていき、やがて前不動の前にある不動神社に出合う。
後ろに聳えるのが前不動になります。ご立派です。
ここには東屋や駐車場もある。そう、ここまで車で上がって来れるのです。
f0196109_23400676.jpg


右側に上へあがる木段のガンギがあり、登っていきます。
意外と急登。この山なめてた。しんど~
案内板はありませんでしたが、途中左に道っぽいとこがありました。
後で分かりましたが、前不動の裏手に行ける道だったみたい。I字岩が間近に見えるとのこと。
f0196109_23402442.jpg



T字分岐に出合う。
右は「後不動」、左は「I展望所」と書かれています。蒲生山の山頂へは右の道を進みます。
I展望所と呼ばれている中不動は左。「のぼろ」にはそのまま上に上がる道がある…と載ってましたが、
確かに道はある。でも通行禁止になってたので通るのやめた。

山頂に上る前に左のI展望所へ向かってみた。
f0196109_23460374.jpg



T字分岐から少し上ると再びT字の分岐に出合い、ここを左に上がると見晴らしの良い岩場の上に出る。
ここは中不動(I展望所)、眼下には山鹿の街並みが眺望できます。
f0196109_23405454.jpg


そしてこちらは前不動と今登ってる中不動の一部で突き出てるI字岩が見られます。
二つの岩の間には車を止めてる二ノ鳥居が見えてました。
f0196109_23415364.jpg

反対側の後方には後不動の大岩が二つ見える。
f0196109_23425071.jpg

展望所手前のT字分岐から右側にも道が伸びていたので、山頂に行けるのかな?…と思って進んでみたが、
どこかの岩場の上ではないかと思うが、行き止まり。引き返す。

T字分岐まで戻り、蒲生山の山頂に向けて進む。
暫くは巻いている。その後急登となる。
f0196109_23430338.jpg


分岐に出合い、ここは左へ
「TV展望台」と書かれている。何だろう。
f0196109_23440098.jpg


蒲生山に登頂。不動岩山の頂上でもあるらしい。
山頂には三角点とベンチがありました。
展望は望めません。
「後不動 すぐそこ」と分岐に書かれてたので、その先に続く道を少し進んでみましたがよくわからず。
少し休憩して下山しました。
f0196109_23442311.jpg


下山後は平山温泉へ
心も体も癒されました。
f0196109_23570727.jpg


昼食は近くのお店で蕎麦と鶏めし
ホント午後から気温も上がり暑いくらい。蕎麦はほんにほんに旨かった。
f0196109_23571573.jpg








[PR]
by coyotehana | 2016-03-05 07:18 | Comments(0)
<< 宝満山・猫谷川新道より登る。2... 城山・九千部山 2016.02.28 >>