2017年 07月 30日 ( 1 )

蓮華温泉・野天風呂と帰路 2017.07.30

昨日、白馬岳から縦走して蓮華温泉へと下り、蓮華温泉ロッジに宿泊しましたが、
今日は福岡への帰路となる。

蓮華温泉と言えば有名な「野天風呂」がある。
昨日は下ってきて後で疲れてたのと、天候不良でしかも山はガスって見えなかったので、
この野天風呂には行かず、ロッジ内の内風呂に入りました。
でも、せっかくここまで来たのだから行かずにはいられない。
私の人生、今度いつ来るか、ひょっとしたらもう来ないかもしれない。
明日の朝、状況を見て決めることに!

朝4時半に起床。
雨は降っていない。山の方を見て見ると山はガスっておらず山容が見えるではないか!
これは行くしかない。
早速準備してロッジから一番上の野天風呂まで15分の場所まで登ることにした。

f0196109_07433335.gif
蓮華温泉ロッジの裏手にある野天風呂への登山口。右側の道。
ちなみに右側には昨日下りてきた登山道・白馬大池への登山口があり、
4ヶ所の野天風呂を周り、白馬大池への登山口へ下りてくることになる。
f0196109_07462620.jpg
f0196109_07465502.jpg
時間は4時45分、朝食の6時までに帰ってこないといけない。
まだ薄暗い中、野天風呂の登山道を上がっていく。
昨日の下りの登山道から見てサンダルでは難しいと判断。
登山靴を履いての登りである。
f0196109_07502342.jpg

5分位して最初の野天風呂「三国一の湯」に出合う。
周囲は木々や草に囲まれて景色は望めない。
お湯はぬるかったので「ここ」は入らず、上の湯へ進む。
f0196109_07503369.jpg

暫く上ると「黄金の湯」との分岐に出合い、
更に少し上がると「仙気ノ湯」に出合う。
ここはあとで入るとして更に上にある「薬師ノ湯」へと上がる。

薬師ノ湯
f0196109_22214179.jpg

湯加減もちょうど良い!
眺望も抜群!来て良かった。
f0196109_22225342.jpg

一番風呂~!いぇ~い!
気持ちよか~
f0196109_22231547.jpg

誰もいないから良いものの…
真っ裸でカメラのセルフタイマーを設定している姿は見られたもんじゃない(笑)

風呂はあと二つある。次へと向かう。

直ぐ下の先ほど見た「仙気ノ湯」
ここでロッジから同じように入りに来た2人連れの男性に出会う。
ちょうどいいと思い、写真を撮ってもらったが…撮れてなかったよ~

ここも眺望は良い。
f0196109_22234797.jpg


ラストは先ほどの分岐から下る途中にある黄金ノ湯。
途中には新黄金の湯跡とあったが…これは何だったんだろう。

黄金ノ湯
ヒノキ風呂?
f0196109_22240802.jpg


床はヌルヌルしてて、セルフタイマーしてサッと入った時に滑りそうになった。
眺望は望めません。
先ほどのよりはぬるいが、ゆっくり入れます。
f0196109_22244449.jpg


野天風呂を存分に満喫してロッジに戻るも…
雨で登山道の道は悪く、足はドロドロに土付いてたので、ロッジに帰ってまた内風呂に入る。

6時・朝ごはん。
昨日の晩御飯から見て、今朝の朝ごはんも凄く期待してたが…
山小屋のごはんでした。
f0196109_22263298.jpg

帰りのバスまで暫し時間をのんびりつぶし、
いよいよ帰りの時間となる。

蓮華温泉ロッジから5分ほど下りたところに駐車場とバス停がある。
ロッジを出て振り返ると…山々。
少々名残惜しい。
f0196109_22300942.jpg
f0196109_22301984.jpg
登山バスに乗りJR平岩駅まで。1時間。
変わばいのない同じような風景の中の道をひたすら下っていき、
突然、駅前の道に出て到着。
1両編成の汽車に乗り帰る。
f0196109_22354439.jpg

南小谷駅にて乗り換え。列車の旅は長い。
f0196109_22355184.jpg

信濃大町駅で再び乗り換えて松本へ
待ち時間の間に駅前で「おやき」を買っていただく。
「おやき」って野沢菜だけかと思ったら色々種類がありますね~
f0196109_22394877.jpg

松本から名古屋まで「ワイドビューしなの」に乗る。
お昼は松本駅で買った駅弁。
美味しい~
f0196109_22422997.jpg

名古屋から博多まで新幹線。
移動で1日かかります。4連休の休みで、内2日は移動でした。

今回は天気があまりよろしくなく、期待してた眺望は望めませんでしたが、
それでも予定したいたコースを無事行くことが出来、いろんな花も見れて
今回もまた満喫できました。










[PR]
by coyotehana | 2017-07-30 14:29 | Comments(2)