「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

天山&樫原湿原 2009.08.30

天山にはもうマツムシソウが咲いている‥という情報を得て
久しぶりに出掛けてみた。

朝、お弁当(山用)を作り、まずは選挙に行く。
前回の衆議院議員選挙の時は投票所に一番のりでしたが‥
今回はそんなパワーも無く、まあ~いいや‥という事で9時前に行った。

そのあと、そのまま車を天山へと走らせ
10時半過ぎには天山9合目の天川駐車場に到着する。

今日は晴れ時々曇り。
でも上の方は少しガスも掛っている。

上り始めてサイヨウシャジン、ホソバシュラソウ、アキチョウジ、ヤマホトトギスなどの花に出会う。

サイヨウシャジン
f0196109_18163244.jpg


イタドリの花もいっぱい!
f0196109_18164014.jpg


広い山頂ではキュウシュウコゴメグサも咲いてました。
f0196109_18165036.jpg


シギンカラマツの白い花弁と紅い蕾のコラボがいい感じ。
f0196109_18341918.jpg


ツルリン発見!
f0196109_1817023.jpg


ホソバシュロソウもあちこち咲いてます。
f0196109_1817822.jpg


お目当てのマツムシソウも一年ぶりに会えました。
f0196109_18172490.jpg


ポツリポツリと咲いてます。
f0196109_18173431.jpg


もう一つお目当てのモウセンゴケの花。
残念ながら咲き終えたもの、蕾のものしか見つけられず。花は見つけられませんでした。
f0196109_1818646.jpg




下山後は樫原湿原にサギソウを見にいきました。

f0196109_18183859.jpg


何の花だったかな~?
f0196109_181849100.jpg



f0196109_18185849.jpg


ナンバンキセルも見つけました。
f0196109_1819779.jpg


ワレモコウも
f0196109_18191574.jpg


ママコナも咲いてました。
f0196109_1819242.jpg


そして初めて出会うサギソウ。咲いてました。
f0196109_18194331.jpg


羽を広げ咲いてました。
でも、写真で見ていたサギソウは‥実際見ると小さかった。
f0196109_1820346.jpg


飛んでます!
f0196109_18201392.jpg


飛んでる!飛んでる!綺麗~
f0196109_18202358.jpg




そして我が家。
ベランダの葱を植えているプランターに‥


突然現れた朝顔。
いつの間に‥(^^;;
f0196109_18203147.jpg

[PR]
by coyotehana | 2009-08-30 18:15 | Comments(1)

井原山  2009.08.29 井原山自然歩道より山頂へ №148

今日も正面の井原山自然歩道から登る。

春みたいに群生するような花はないが
ポツリポツリと色んな花が咲いている。

ミゾソバも増えてきた
f0196109_1702686.jpg


林道沿いにはゲンノショウコも
f0196109_1703920.jpg


つる性のこの花。
何だろう‥マメ科のノササギでした。
f0196109_1705058.jpg


ミッキーマウスみたいな(オオ?)ヒナノウスツボ
f0196109_171342.jpg


アンの滝付近にはオタカラコウも咲いてました。
f0196109_1711366.jpg


ヤマホトトギスも増えてきました。
f0196109_1715787.jpg


キツリフネ。ぶら下ってます。
f0196109_172635.jpg


こちらも!ツリフネソウ
f0196109_172157.jpg


今日も暑い1日でした。
でも山頂はガスが時折掛っていて、日差しは弱く幾分かはしのぎ易い。

f0196109_1723347.jpg


秋の気配も感じる。ススキも出てきました。
f0196109_172428.jpg


オミナエシの花もあちこち咲いてました。
f0196109_1725193.jpg


ゆっくり常連の方達と楽しんだのちに下山。

この前の大雨で倒れた木。滝つぼの前の道はふさがれて通りにくくなってましたが‥
f0196109_1731326.jpg


整備されて人も水も通れるようになりました。
f0196109_1732350.jpg


f0196109_1733494.jpg


暑い1日でしたが
秋の気配も感じる1日でした。
[PR]
by coyotehana | 2009-08-29 17:01 | 井原山 | Comments(0)

白岩山・向坂山 2009.08.27

いーさんのキレンゲショウマのブログを見て
私もこの花を見たくなりました。

キレンゲショウマはいーさんが行かれた祖母山、宮崎の向坂山、四国の剣山などに咲いているが
どうせ行くなら、まだ登ったことがない「白岩山・向坂山」に登ってみようと思い
早朝、車で宮崎の五ヶ瀬まで出掛けてみた。

朝3時半に自宅を出発。
4月に行った祇園山、比叡山の時と同じように日田、小国、阿蘇、高森町を通り
あとは五ヶ瀬ハイランドスキー場の案内板に従い、車を走らせた。

スキー場の駐車場を横目に過ぎ、1キロほど舗装してない林道を上がって行き
8時前には「ごぼう畑・駐車場」(白岩山登山口)に到着した。

駐車場には私の車の他に既に1台止まっていた。
地元のグループ3人方々で丁度「白岩山」へ登り始めるところだった。

実はこの山のキレンゲショウマの群生地の場所を私は知らない。
事前にネットである程度調べたが正確な位置はよく分からん。

そこで、このグループに聞いて見ると親切にも教えてくれた。(ホッ!)
おおそよの場所が分かったので、まずは白岩山、向坂山に上り
帰りにキレンゲショウマを観賞することにした。


ごぼう畑・駐車場(登山口)
f0196109_14424061.jpg


登山口からはいきなり急登。
でも、ここの登山道はよく整備されている。道を木製のチップが敷き詰められていて綺麗だ。

やがて白岩峠(杉越)に着く。ここは白岩山と向坂山の分岐でもある。
ここから白岩山までは1.3km。先ほどまでの急登はなく山頂手前まではのんびりとした登山道が続く。

そして山頂手前の岩場(ロープあり)のところに来てビックリ!
花がいっぱい!
「ソバナだ~!」「シコクママコナだ~!」
群生してました。片手ロープ、もう片手にカメラを持ち、写真を撮るのに忙しく
直ぐ近くまで山頂に来てるのになかなか着きません。
山頂一帯はいろんな花でいっぱいです

白岩山の山頂に到着。
登山口で会ったグループはここで一緒になりました。


白岩山山頂にて。口の中は貰ったオレンジでモグモグ状態。
f0196109_14425256.jpg


三角点はこの場所になく、更にここから縦走した先にある「水呑ノ頭」にあることを聞く。
「せっかくここまで来たなら、行った方がいいいよ!」
「若いから、扇山まで行けるよ!」とグループから言われたが
私はそんなに若くはないし~扇山はまだまだ向こうじゃん。

一旦グループと分れ、とりあえず「水呑ノ頭」までは行って見る。



山頂付近で出会った花たち

f0196109_1443173.jpg
f0196109_14431076.jpg
f0196109_14431878.jpg
f0196109_14432713.jpg
f0196109_14433680.jpg


「水呑ノ頭」へは一旦斜面を下って縦走路を進む
山頂から先を進み、左側のロープ箇所から下るのだが‥足の踏み跡がその先まで続いており
間違ってロープ無しの岩場を直に下りる。
「すげぇ~道だな~」「一般的な道じゃないぞ~」などと思いながら気にもせず下りたが
再び白岩山に戻る時に「ここが」違ってたことに、やっと気づく。

縦走路から100m逸れ登ったところに「水呑ノ頭」があった。
展望は望めないが、ちゃんと三角点はあった。

「水呑ノ頭」
f0196109_1443443.jpg


再び白岩峠に戻り、今度は1km先の向坂山に縦走する。
先ほどより距離は短く「楽勝じゃん!」と思ったのが間違い。
急登のガンギがひたすら続く。
今日は天気も良く、暑い!この登山道には沢も無けりゃ水もない!暑い!

ガンギの上り。登山道沿いには鹿よけのネットがずっと張られている
f0196109_14435495.jpg


何度か休憩しながら、やっと向坂山に到着。ヘトヘト‥
f0196109_1444622.jpg


向坂山から暫く下った所にスキー場のリフトのところに着いた。
先ほどのグループと再び会う(良かった。キレンゲショウマの場所を教えてもらえる)

今はシーズンオフの五ヶ瀬ハイランドスキー場。リフトのイスも外されてます。
ここからの展望も抜群。
4月に登った祇園山と揺山も綺麗に見えてました。

中央から左側、ポツンと二つ聳えて見えるのが祇園山(左)と揺山(右)。(‥らしい)
f0196109_14441361.jpg


そして待ちに待ったキレンゲショウマ。


群生地では沢山のキレンゲショウマが咲いていた。中にはまだ蕾のものもある。
初めて出会ったこの花に感動です!

でも群生地は鹿避けのネットで張られており、鹿は勿論、人間も中に入れず。
キレンゲショウマは保護されており、被害もなくなり良いことだ。
でも撮影はネット越しからでなかなか間近に見れない。
しかも殆どがネットとは反対側に花が向いてます。
ネット側の通りも安定しておらず‥所々でネットに引っかかる。

それでも何とか近くに咲いている花を撮影

やや開きかけのキレンゲショウマ
f0196109_14442810.jpg


そのアップ。大きさはドングリよりやや大きい。
f0196109_14443676.jpg


思いっきり開いたキレンゲショウマ
f0196109_14444694.jpg


そのアップ。少し開いたものの方が綺麗かも
f0196109_14445416.jpg


一眼レフ・105mmで遠くにある花を撮り、パソコンでアップしたもの
遠目で見るキレンゲショウマは綺麗です。写りはあまり良くないが‥
f0196109_1445376.jpg


花弁が色褪せてきたもの
f0196109_14451287.jpg


蕾もあちこち
f0196109_14452375.jpg


どうも‥スーパーで売ってる、安いフィリピン産のマンゴを思い出すのは私だけだろうか‥
美味しそうでならん。
f0196109_14453292.jpg


アサギマダラもあちこちに飛んでました。
f0196109_14454051.jpg


望遠で撮ったものはピンボケも多く、ネット近くのものはアングルが難しく
思ったように撮れませんでしたが、
出会えてよかったです。
[PR]
by coyotehana | 2009-08-28 14:45 | Comments(3)

井原山  2009.08.23 井原山自然歩道より山頂へ №147

今日は暑かった~
この暑さは半端じゃねぇ‥

久しぶりに瑞梅寺登山口(キトク橋)から井原山自然歩道で山頂へ上がる。

沢があるところでは
水の流れと一緒に冷たい風も流れてくるので涼しい。
でも沢を過ぎると‥暑い!

何時もよりも休憩が多く、ややスローペースで山頂まで上がった。

朝9時半前には正面の瑞梅寺登山口に着いたが、
既に車がいっぱい!この暑さでも登る人は多いようだ。

登山道に入るとヤブミョウガもいっぱい咲いてました。
f0196109_216248.jpg


ゲンノショウコも咲いてました
f0196109_2163672.jpg


小さな小さなキツネノマゴ。よく見ると可愛い
f0196109_2164474.jpg


キンミズヒキもパラパラ。
ミズヒキはこの前撮ったから‥いいや。
f0196109_2165278.jpg


久しぶりに、このルートを登ってビックリ。
どうも‥この前の大雨で倒木が増えたようだ。
徒渉のこの場所にも大きな木が倒れていた。
f0196109_217115.jpg


こちらは滝つぼのところ。
通行の妨げにもなっていた。被害は大きかったみたいだ。
f0196109_2171073.jpg


アンの滝は水量も多く、勢いも元気だ!
近くまで寄ると冷気もあり涼しい。ずっと居たい気分
f0196109_2171994.jpg


登っている途中で見つけた不思議なもの。キノコ?
f0196109_2172767.jpg


こちらはウバユリの実に付いていたセミの抜け殻。
クワガタの雌も捕まえましたが、連れて帰っても可愛そうなので(雄がいないし‥)逃がしました。
「おおっと!写真撮るの忘れた~!」
f0196109_217378.jpg


ヤマホトトギスも咲き始めました。
沢のラストにあるベンチから急登が続きます。暑い!キツイ!汗ダラダラ‥
途中で山頂から降りてくる「デンターさん」にも久しぶりに会いました。
f0196109_2174622.jpg


山頂はサンサンと太陽が照り付けて暑いですね。
その日差しの中でコオニユリが元気に咲いてます。
f0196109_217556.jpg


写真を撮っていると蝶が寄ってきました。
f0196109_218385.jpg


山頂では常連のNさん、Yさん、Mさんに会いました。

そういえば‥気になってたこと。
この前「穂高」に行った時、平湯温泉でMさんに凄くよく似た方を見かけましたが
「まさかここで会う訳ないでしょう。人違いだろう」と思って声を掛けませんでしたが‥
聞いてみると本人でした(^^;
Mさんら一行も丁度同じころに穂高に登ってた。

詳しく聞いてみると‥
涸沢ヒュッテからザイテングラードで奥穂高岳に登る時にも
ハシゴのところで降りてくるグループから「お先にどうぞ~」と声を掛けてくれたのも本人だったみたい(^^;
二回も会ってたんだね。

でもお互い天気の良い時に登れて良かったです。
[PR]
by coyotehana | 2009-08-23 21:08 | 井原山 | Comments(1)

背振・車谷のオオキツネノカミソリ 2009.08.18

お盆も過ぎ、井原山のオオキツネノカミソリはもう終了しているが
背振・車谷のキツネは、標高が高い位置にあるせいか
井原山よりも遅れて咲き、今が見頃である。

規模こそは小さいが、意外と知られてないようで
人は少なくゆっくり見られる。

久しぶりに車谷のキツネを見に登ってみた。

椎原・車谷登山口より出発。
今日はホント良い天気!やっと夏らしくなったようだ。
f0196109_10294328.jpg


カラッと晴れて日差しも今日は強いが
沢沿いを歩く車谷ルートは何とも清々しく気持ち良い。
時折涼しい冷気も通り抜けていくようだ。
f0196109_10295453.jpg


そして出会った車谷ルートのオオキツネノカミソリ。
f0196109_1030596.jpg


今年の井原山のキツネは何処と無く色が薄く感じられたが
ここのは、ちゃんと色も付いて綺麗でした(例外もあるが)
f0196109_10301576.jpg


ただ前回(2006年)に登った時よりも、やや少ないような気もする。
ピークを過ぎているのかもしれないが‥群生の中の数がやや少ないような‥

2006年度のキツネ

f0196109_10302664.jpg


f0196109_10303861.jpg


それでも、群生は序序に範囲を広げているみたいで
前回来たときよりも上(矢筈峠)の方まで咲いているみたいだ。
f0196109_10304853.jpg


キツネの他に期待していた花がありました。
まあ、開花時季がもう過ぎているのですが‥少しばかり期待を持って上りましたが
やはり咲き終えたあとで残念ながら見れませんでした。来年!
f0196109_10305998.jpg


キツネの群生を観賞した後、矢筈峠まで上ってみました。
今日は途中でS・TAROUさんにも会いしました。
f0196109_1031821.jpg


ラストの急登を上がると矢筈峠です
f0196109_10312015.jpg


矢筈峠
ここから左に進むと背振山、右は椎原峠ですが
炎天下の中40分もかけて背振山まで行くのは暑すぎる。
笹で生い茂った縦走路を通って椎原峠まで行くには‥ヘビ(マムシ)が出てきそうなので
ここで折り返して降りることにした。
f0196109_10313062.jpg


今日出会った他の花たち
f0196109_10313954.jpg


f0196109_10315194.jpg


f0196109_1032288.jpg


f0196109_10321028.jpg


下りの沢で正午を過ぎましたので
お昼をとることにしました。
f0196109_1032212.jpg


持参の冷やし中華で~す!
やっぱり夏はソーメンや「これ」が一番です。
f0196109_10323385.jpg


そして途中の沢で‥
f0196109_10324367.jpg


暑かったので入ってみました。
「チョー気持ちいい!」
‥が、冷たすぎる!沢の水はやはり冷たい。
冷たくて腰から上はつかれませんでした。でも気持ちよか~
f0196109_10325164.jpg

[PR]
by coyotehana | 2009-08-18 10:28 | Comments(2)

井原山  2009.08.16 水無より山頂へ №146

毎年、私はお盆の間は山には登らない。
そしてお盆明けの今日、「待ってました!」とばかりザックに荷物を入れて山に行く。

水無のオオキツネノカミソリは終わっていた。
今年は遅く咲き、早く散っていったような気もする。

それでも、まだ幾本か所々に遅咲きのキツネが見られた。

f0196109_17373675.jpg


あの群落地でも
花が散って丸い実を乗せたものが、あちこちに立っている。
f0196109_17374953.jpg


蕾も1本見つけた。遅咲きを楽しむ。
f0196109_1738079.jpg


キツネは去ったが水無はキツネだけじゃない!
いろんな花にも出会えました。


今年は何だかよく目立つハグロソウ。当たり年かな?

f0196109_18113312.jpg

f0196109_1738199.jpg

f0196109_17382977.jpg


f0196109_17383932.jpg


f0196109_17384729.jpg


f0196109_1739285.jpg


f0196109_1739111.jpg


ここ暫く群生地までの折り返しでしたが
久しぶりに山頂まで上がってみました。

今日は晴れ時々曇り。麓から見た井原山は雲に隠れていた。
梅雨明けしたのに蒸し暑く、カラッとしない暑さだ!
縦走路までの急登では汗ダラダラ‥体力がかなり奪われる。

f0196109_17392068.jpg


f0196109_17393364.jpg


f0196109_173941100.jpg


f0196109_17395357.jpg


f0196109_17395995.jpg


f0196109_1740919.jpg


夏に入ったのに、なかなか遭わないアブ。
少しばかり心配してたが今日は駐車場にいっぱいいました。
でも、ちょっと元気ないみたい。
簡単に団扇で落ちてしまいました(^^;;

前回来た時にも見られたアキチョウジ。
今日も咲いてました。
夏を通り過ぎて秋が来てしまいそうである。
[PR]
by coyotehana | 2009-08-16 17:40 | 井原山 | Comments(0)

北アルプス・穂高岳③

8月6日 下山

山の天気は変わりやすい。
前日の天気予報では今日の午前中までは「晴れ」マークが付いていたが
今朝になると「曇り」で午後から「雨」マークが出ていた。

それでも今朝の涸沢ヒュッテは爽やかに晴れている。

涸沢を去るには名残惜しいが
体力とパンツが限界に近づいてきているので下山することにした。

f0196109_9493851.jpg


初日に買った焼酎は、結構残ってしまい
持って帰るにも、バスのトランクにザックを入れたら重みで破裂するかもしれないので
売店に寄付していく。

朝食は売店でバナナと名物の「おでん」を食べる。
おでんは1個100円だが、何故だか卵だけ150円。
でも、焼酎を寄付したせいか‥卵1個サービスしてくれた。

f0196109_9433067.jpg


f0196109_943377.jpg


6時半前に涸沢ヒュッテを出る。
下りにはアイゼンを使用。
f0196109_943437.jpg


バイバイ!涸沢
また来るよ~!!
f0196109_9435471.jpg


本谷橋、横尾、徳沢園まで下りたところで段々と山には雲が掛かってきた。
f0196109_9441634.jpg


行きで食べたかった名物のソフトクリームを頂く!
冷たくて美味しい。
f0196109_9442253.jpg


帰りの道で何やら人だかりが‥
f0196109_9444790.jpg


木の穴の中に鳥の巣がありました。寝てます。
f0196109_9445854.jpg


河童橋まで下りてきました。
ここで、やっと携帯が使えました。小腹が空いたので「野沢菜のおやき」を食べる
f0196109_945249.jpg


上高地まで無事下りました。
ここから平湯温泉を経由してバスで高山まで行きました。

平湯温泉でゆっくりお湯につかり疲れをとりました。
そのころから激しい雨が降りました。危機一髪!
なんと私は天気には運が良いのだろうか。
f0196109_9453477.jpg


この日は高山で泊まり、明日朝一番の高速バスで大阪まで行きます。
高山では観光しました。
f0196109_946741.jpg


丁度、高山では1ヶ月遅れの七夕の祭りで賑わっていました。
f0196109_946173.jpg


からくり人形。
f0196109_9462669.jpg


名物は飛騨牛、高山ラーメン、ホウ葉味噌‥などなど
飛騨牛の串焼きを食べました。旨い(‥が、塩掛けすぎ?)
f0196109_9463561.jpg


夕食は創業80年の店で飛騨牛カレー
f0196109_9464743.jpg


8月7日
高速バスで梅田まで移動。
そこから阪九フェリーの乗り場がある六甲アイランドまで電車で向かう。

天気は良く、暑い!街中の水路?池?では子供達が泳いでました。プールみたい。
夕方まで時間があったので、ここで食事をしながら時間潰し
ふと見ると「サイゼリヤ」がある!

こちら(九州)では馴染みが無いが、イタリアンレストランの店で
先日TVの「黄金伝説」でオードリーが食べつくしをしていた。
1品1品の値段が安く、TV見てて一度は食べてみたいと思っていたのだ。

f0196109_947786.jpg


写真:ムール貝のガーリック焼き399円、生ハムサラダ499円(意外と量はある)、フォッカチオ109円
‥安い!
ビールを飲んだこのあと、エスカルゴのオーブン焼き399円、ワイン100円も頂く。
九州にサイゼリヤ、来てくれないかな~
f0196109_9472020.jpg


帰りも阪九フェリー(週末割引)で帰る。
もう帰省が始まってるようで行きよりも人が多かった。
f0196109_9475098.jpg


約1週間の北アルプス・穂高への旅はホント満喫しました。
f0196109_9475895.jpg

[PR]
by coyotehana | 2009-08-06 09:48 | Comments(7)

北アルプス・穂高岳②

涸沢2日目

前の夕方まで天気予報は雨になっていた。
夜には雨が降っててトタンの屋根に音が響いていた。

穂高岳山荘まで上がるザイテングラードには岩場に鎖場、ハシゴもあり
ガスってたり、雨で濡れたりしてたら厳しいものがある。
単独でしかも初めてのルートなので、あまり酷かったら涸沢ヒュッテで1日様子を見ようかと考えていた。

ところが朝4時頃に窓の外を見てみると‥星が出てる!

テラスに出てみると外は晴れていた。
穂高岳山荘や北穂高小屋の明かりが見えてました。

f0196109_16252748.jpg


なんと私はラッキーなんだろう。
あまり食欲はなかったが5時に朝食をとり、荷物も半分は涸沢ヒュッテに置いて5時半には出発する。

f0196109_16261120.jpg


ザイテングラード取付までのルートには
涸沢小屋を通っていくコースとお花畑を通るパノラマコースがある。
パノラマコースは雪渓の中を上がっていくのだが、アイゼンを付けるのが面倒だったので
涸沢小屋経由で上がることにした。

f0196109_16263181.jpg


涸沢小屋からガレ場の中を上がっていく。所々浮石もあり。
この辺からいろんな花にも出会えた。
ハクサンイチゲ、チングルマ、シナノキンバイ‥などなど。

斜面ではゴロゴロと石が転げ落ちていく音も聞こえていた。
f0196109_16272336.jpg


パノラマコースと合流し、ザイテングラート取付に向けて斜面を横断していく。
f0196109_16273816.jpg


黄色いシナノキンバイの花がたくさん咲いてます。
f0196109_16275023.jpg


ザイテングラート取付付近。これより岩場、鎖場、ハシゴ‥気を抜けません。
f0196109_1628421.jpg


上の穂高岳山荘まで標高差330m。急登の連続です。
f0196109_16281457.jpg


鎖場。巻くようにして上ります。
f0196109_16282413.jpg


涸沢ヒュッテを出発して2時間20分で穂高岳山荘に到着。
f0196109_16283677.jpg


涸沢ヒュッテの売店にて買ったリンゴを食べる。
段々とガスが出てきた。午後から天気が悪くなる‥と言う話まででてきた。早く登らなきゃ!
f0196109_16284614.jpg


ザックなど重い荷物を小屋に置いて、これより奥穂高岳へ登る。
f0196109_164013.jpg


ハシゴに鎖場。
f0196109_16401640.jpg


標高3190m。日本で3番目に高い奥穂高岳に登頂
f0196109_16402986.jpg


こちらは向かいの方位盤。少しガスってて残念ながらあまり展望はスッキリしませんでした。
槍ヶ岳も見えません。もう少し早ければ見えたのですが‥
f0196109_16404341.jpg


ジャンダルム
f0196109_16405377.jpg


穂高岳山荘まで下りて今度はそのまま涸沢岳へ
こちらはハシゴも鎖場も無く、登るのみ
標高3110mの涸沢岳登頂。
f0196109_1641566.jpg


涸沢岳の下りから見た穂高岳山荘。段々ガスが増えてきた。
f0196109_16411951.jpg


穂高岳山荘
f0196109_16431570.jpg


お昼は穂高岳山荘で蕎麦を食べました。
f0196109_16432670.jpg


ザイテングラートは上りはキツイ。下りは転げ落ちそうで気は抜けない。
慎重に下り12時半ころには涸沢ヒュッテに下りれた。

またまた涸沢ヒュッテのテラスでのんびりビールと焼酎を飲みながら寛ぐ。

‥と、ヘリが下りてきた。
何でも今日は長野県警の署長が視察?に来ることになってて
県警のヘリが近くのヘリポートに着陸しました。
f0196109_16433878.jpg


今日は夕食と朝食は頼みませんでした。
今晩の夕食はテラスでラーメンとおでん。

明日は下山です。

つづく
[PR]
by coyotehana | 2009-08-05 16:24 | Comments(4)

北アルプス・穂高岳①

今回初めて北アルプス・穂高岳に単独で登ってきました。
HP更新には時間が掛かりそうなので、とりあえずブログにて公開します。


福岡から上高地までの交通手段にはいろいろな方法があり、
例えば大阪まで新幹線で行き、そこから上高地に直接入れる「さわやか信州号」(バス)もあるが、
単独であり、出来るだけ交通費が掛らない方法でいく事にした。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

8月2日:午後自宅出発~博多駅~小倉駅~新門司港から阪九フェリーに乗船 ‥‥船中泊
8月3日:神戸港~JR住吉駅~大阪~米原~名古屋~中津川~松本駅(青春18切符使用)~松本泊
8月4日:04:45 松本駅~新島々駅~(バス)~06:25 上高地

06:45 上高地~河童橋~07:27 明神~08:13 徳沢園~09:11 横尾~10:25 本谷橋~12:12 涸沢ヒュッテ

8月5日:05:30 涸沢ヒュッテ~06:35 ザイテングラード取付き~07:50 穂高岳山荘~08:55 奥穂高岳~09:40 穂高岳山荘~10:03 涸沢岳~10:20 穂高岳山荘(昼食) 10:45~12:25 涸沢ヒュッテ

8月6日:涸沢ヒュッテ~横尾~上高地
      上高地~(バス)~平湯温泉~(バス)~高山(泊)
8月7日:高山~(高速バス)~大阪(梅田)~阪神・魚崎駅~六甲アイランド北口~阪九フェリー‥船中泊
8月8日:新門司~小倉~博多~帰宅

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

8月2日夕方
新門司から神戸まで阪九フェリーで行く。
高速道路ETCの週末割引の影響で、阪九フェリーも週末は割引がきいて安くなっている。
少し狭いがちゃんと個室に入れて朝まで寝れます。しかも風呂まで入れちゃう!
(神戸にて撮影)
f0196109_10275762.jpg


8月3日
朝5時過ぎ、フェリーは明石海峡大橋を通過。朝日が綺麗でした。
フェリー下船後はJR住吉駅から快速電車を乗り継いで夕方には松本に到着。
松本市内のビジネスホテルに泊まる。
f0196109_10281741.jpg


8月4日
いよいよ今日は山に登る日。
朝4時前に起床。松本駅から松本電鉄がこの時季、上高地まで早朝の臨時の電車とバスを出している。
電車とバスを乗り継ぎ6時半には上高地バスセンターに到着。
登山届を出し「横尾」に向けて歩きだす!

河童橋
まだ7時というのに人は多い。観光客と登山者が入り交じっています。
f0196109_10283669.jpg


明神
天気は良く、絶好の登山日和。でも暑い!ビールを飲みたいが‥まだまだ
f0196109_10285029.jpg


明神手前から見た明神岳(穂高岳)
f0196109_1029428.jpg


梓川
川沿いを進んで行く。ホント綺麗な川です。
徳沢園ではソフトクリームが売ってましたが‥まだまだ。帰りに食べよう。
f0196109_10292250.jpg


横尾。
槍ヶ岳と穂高岳への分岐。横尾大橋を渡って涸沢を目指します。
ここから涸沢までは小屋もトイレも無い。
給水とトイレを済ましておく。帰りに食べようと我慢してたが暑くてアイスを食っちゃった。
f0196109_1029448.jpg


登山道左側に見える屏風岩
氷河が造りだしたU字谷の側壁である。登山道を進むに連れ次第に迫力が増してくる。
f0196109_1030633.jpg


本谷橋
橋の向こう岸には人がたくさん休んでいた。
川の水は気持ちよく「バシャバシャ」と顔を洗うと何とも気持ちよいこと!ここから急登だ~
f0196109_10303029.jpg


急登は続く。ペースは落ちてきて何度も休憩しながら登る。
学生のグループも多く、かなり大きなザックを担いで上っていた。
途中、落石注意のガレ場も横切ったり!迫力。
f0196109_1032387.jpg


潅木帯の登山道を出口から雪渓が現れた。
右側には沢があるのだが、雪が多くだいぶ隠れている。
道を大きく外れると「ズボッ」と落ちそうだ。
f0196109_10325558.jpg


涸沢カールだ~!
雪渓に覆われた道を上っていく。結構傾斜はあるぞ~

分岐(涸沢小屋との)から雪の階段が涸沢ヒュッテまで伸びている。体はボロボロ状態。
気合と暑さに勝つ為に「雪」で顔をぶっつけながら上がっていく。(意外と気持ち良かったりして)
f0196109_1033365.jpg


12時過ぎに本日宿泊の涸沢ヒュッテ到着~!
当初、この日は穂高岳山荘まで考えてたが‥今日は限界です。ビールだ!ビールだ!
f0196109_10345833.jpg


受付にて手続きして部屋に入る。6人部屋だが多い時は倍の人数が入る。
一枚の布団に二人で使用することになるが、今日はそんなに多くはなく、ちゃんと一枚の布団でゆっくり寝れました。

荷物を置き、汗で濡れた服などは乾燥室に持っていく。
着替えた後に昼食も兼ねてテラスに行ってみた。
f0196109_10361974.jpg


テラスからのパノラマ
スケールがでかすぎる!
f0196109_1037786.jpg


こちらは涸沢小屋側。
涸沢岳、涸沢槍、北穂高岳‥と山が連なる。
色とりどりのテントもいっぱい。
f0196109_10371664.jpg


360度の大パノラマを見ながら生ビールが飲めるなんて‥贅沢だ~!!
f0196109_10373891.jpg


標高2109mの涸沢ヒュッテの売店には物が豊富。
バナナやリンゴなどの果物まである‥ビックリだ!翌日にはスイカまで売ってたぞ~
f0196109_10374941.jpg


夕方まで知り合った人達とテラスでパノラマを見ながら飲んでいた。
(焼酎1パック2000円を思わず買ってしまい‥チビチビ飲んでました)
夕食です。
f0196109_15423881.jpg


明日はいよいよ奥穂高岳へ

つづく
[PR]
by coyotehana | 2009-08-04 10:24 | Comments(0)