「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

井原山  2010.02.24 洗谷より山頂へ №155

今日は仕事が休み!
しかも天気は晴れ!
これは山に行くっきゃない!

‥と言う事で、久しぶりに井原山に行ってみた。
ルートは洗谷より上がる。

ホント今日は絶好の登山日和である。
気温も高いようで‥着ていたフリースでは暑く、途中で脱ぐほど。

麓の民家には梅の花も綺麗に咲いていました。

f0196109_17195077.jpg


久しぶりの洗谷ルートは
やや荒れているようにも思えた。倒木も増えたかな?
丁度、杉の植林の伐採もしているようで、伐採された植林も目立つ。
「作業中につき入林禁止」と書かれたのぼりも登山道の途中に立てられていた。

f0196109_1720766.jpg


昼前には洗谷ルートの上部まで登ってきたが
日差しが丁度上り方向に差していて眩しい!

縦走路に出合うラスト上りでは雪も少し残っていました。
f0196109_17202396.jpg


縦走路を東に進み山頂へ向かいます。
f0196109_17203061.jpg



山頂の気温は12度(設置されている温度計による)
風があり先ほど脱いだフリースを再び着て弁当を食べる。
平日ともあって登山者はパラパラ。

青空いっぱいの山頂。飛行機雲も出てました。明日は雨かな?
f0196109_17205293.jpg


山頂で弁当を食べたあとは水無へ
縦走路を東へ進み、新村分岐より水無鍾乳洞第2分岐まで下り水無ルートへ入る
そして水無からは林間歩道・源流を経由して正面の井原山自然歩道に出合い
瑞梅寺登山口まで降りた。

新村分岐からの下りではたくさんのオオキツネノカミソリの葉に出会えた。
元気いっぱいに生えてて、太陽からたくさんの栄養を得ている。
今年もたくさんの花を咲かせて、私達を楽しませてくれそうだ。
f0196109_17211611.jpg


f0196109_17212654.jpg


今日はホント暑かった。
日差しも強かったせいか‥顔も火照ってて熱い!

源流の冷たい水で思いっきり顔を洗いました。
「バシャバシャ!」気持ちいい~!!

f0196109_17214450.jpg


そして本日出会えた花たち
サツマイナモリも幾つか咲いてました。

f0196109_1722116.jpg


ユリワサビもポツリポツリと咲いてます。
これから沢山咲いていきます。

f0196109_17224640.jpg


f0196109_17225361.jpg


驚いたのがコレ!ホソバナコバイモも、、もう咲いてました。ビックリ!!

f0196109_17232283.jpg


まだ一部の場所で咲いているだけで、まだまだこれから沢山咲いてきますが‥思わぬ出会いに感激!
f0196109_17233815.jpg


ヤマルリソウも咲いていた~!
ピンクと青のコラボも見られました。
f0196109_172425.jpg


まだ咲いてないと思っててただけに
いや~今日は大収穫でした!帰宅してもまだドキドキ!良かった~

09:53 瑞梅寺登山口~10:09 洗谷登山口~11:43 縦走路~12:05 山頂(昼食) 12:25~12:46 新村分岐~13:01 水無鍾乳洞第2分岐~13:10 水無分岐~13:46 源流~14:00 アンの滝~14:36 瑞梅寺登山口
[PR]
by coyotehana | 2010-02-24 17:24 | 井原山 | Comments(5)

可也山 小富士より山頂へ 2010.02.07 

昨夜は早く帰宅したつもりだが、少々飲みすぎたみたいで今朝は早起き出来なかった。
もう暫く寝ていたい気分でもあったが今日はホントに良い天気!
今度何時「天気の良い休みの日」に出会えるか分からないので
気合で山に出掛けることにした。

久々に井原山も考えたが、時間的にも今日の私の調子も考え難しいと判断(少々飲み過ぎてキツイ!!)
近くの可也山に登ることにした。

可也山は標高365mと低山ではあるが、およそ海抜0mからスタートでもあり
傾斜も急なため意外とハードな山でもある。
今日は海側の小富士より登る。

小富士にある公民館に車を駐車。すぐ目の前には海がある。
f0196109_19455081.jpg


民家の中の道を上がっていく。
神社では梅の花が咲いていました。
f0196109_1946332.jpg


登山口へ向かう道。
小富士梅林の梅の花は、満開まではまだ早かったが
それでも幾つかはもう花を咲かせていており綺麗でした。
f0196109_19462386.jpg


青空いっぱいの中に咲く梅の花
f0196109_19463467.jpg


納骨堂の側に咲く梅の花
f0196109_19465652.jpg


梅の花を観賞した後
山頂へ向けて登山道を上がっていきます。

途中より傾斜は急となります。ロープが至るところに張られてます。
昨夜飲み過ぎた私には少々辛いものがあります
f0196109_1956766.jpg


ホントに急なところもあり、下りは用心しないと滑っちゃいます。
f0196109_19561945.jpg


尾根に出合い暫く縦走して行くと、ここが可也山の山頂です。
登山道の通り道にポツリとある山頂らしからぬとこ。展望は望めません。
ここから更に100m進むと展望広場があります。
f0196109_19563183.jpg


そして「ここ」が三等三角点。山頂手前約10mのところにあります。
(三角点名は経塚)
f0196109_19564120.jpg


展望広場
f0196109_19583564.jpg


雲ひとつ無い青空!展望も素晴らしいものです。
f0196109_19584887.jpg


麓の民家のお庭にも色んな種類の梅の花があります。綺麗です。
f0196109_1959779.jpg



f0196109_19591653.jpg



f0196109_19593272.jpg



f0196109_19594919.jpg




f0196109_19595941.jpg



お土産に‥民家の前に売られていた手作りのマーマレードや梅(小富士梅林から採れた梅)、
清見ちゃんを買って帰りました。
清見ちゃんのこの辺に出来るオレンジ?で甘くて美味しいです。それぞれ100円でした。
f0196109_2001682.jpg

[PR]
by coyotehana | 2010-02-07 19:57 | Comments(7)