<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

英彦山のオオヤマレンゲ 2010.06.30

ここ何年か、この時季に英彦山のオオヤマレンゲを見に行っている。

でも今年は休みの関係上なかなか登ることができず
まだお目にかかっておりません。

そしてやって来た休日!
今日逃すと今年はもう見れないかも~!是非行かなくちゃ~

そういうわけで
朝方雨が降ってはいたが‥天候も午後から回復すると見込み、思い切って出掛けてみた。


9時半には豊前坊・高住神社の駐車場に到着。
朝方まで降っていた雨は、この時点では止んでいる。

少し様子を見て10時半に山頂(中岳)に向けて出発することにした。

f0196109_20223541.jpg


昨夜は結構降ったのかな?
登山道は所々「川」になっていた。

雨が降って来た時のために傘も持って上がりました。(撮影のために)

この日、他の登山者は一人も会うことはなかった。

でもガンギを登っていると、なんと山伏2人に出会いました。
お~っ、さすが修験道の山だ!
英彦山には何度か登っているのだが‥山伏に出会ったのは今日が初めて!
二人とも、ちゃんと貝も持ってました~凄い。

暫くすると下の方で(たぶん高住神社で)ほら貝の音が聞こえてきた。
あの山伏の方たちでしょう!貝は低い音でなんとも良い音が響いて聞こえてきます。

でも、もう一つ別の音が
何だかターザンが叫んでいるような音にも聞こえる。(^^;

尾根出合い手前の鎖場
f0196109_20224524.jpg


尾根はガスで包まれていて眺望は望めません。
何だか別の山に来たようにも感じます。

f0196109_2023079.jpg


正午頃に北岳を経由して中岳に到着。
丁度そのころから雨が降り出してきました。予想は外れる。
少し休んで表参道を下ることにしました。

山頂広場ではヒコサンヒメシャラの木がある。
もうピークが過ぎて花は見れないかと思ってましたが
なんと!一輪だけまだ残ってました。待っててくれたのかな(*^_^*)

f0196109_20231125.jpg


雨の中、傘を差して下って行きます。
雨天の山行にあまり縁が無い私‥(^^;

登山者には会わなかったが、今日はいろんなものに出逢ってしまった。

野うさぎが参道を駆け降りていく~ 
おおっ可愛い!でもシャッターチャンスを逃す(^^;

鹿は参道を横切っていく~  
ん~っ、やっぱりシャッターチャンスを逃す(^^;

巨大はナメクジがいた。 うっ!‥これは出遭いたくはなかった。
とにかくデカイ!幅1.5cm・長さは15cmはあろうかと思う大きさで
木に擬態化した色で張り付いていた。(最初は何者か分からなかった)

その後には巨大ミミズにも‥大雨の前兆か?怖い


f0196109_20232266.jpg


奉幣殿に降りたときには雨はすっかり止み
時折日差しも当たるようになってきた。

ここから別所駐車場を経由して豊前坊までひたすら歩いて戻りました(^^;

f0196109_20233915.jpg


そうそう!今回の目的のオオヤマレンゲはどうだったのか?

ハイ!ちゃんと出会えました。

f0196109_20234986.jpg


晴れてる時のように周囲いっぱいに香りを漂わせてはいなかったが
側に鼻をクンクンさせてみると、あの夏の甘~い香りはちゃんとします。

f0196109_20235927.jpg


ただ、
ピークは過ぎているせいかもしれないが‥それにしては少ないような気もした。

f0196109_20241496.jpg


今年もちゃんと出会えたオオヤマレンゲ!

これが終わると、もうすぐ夏が来ますね~
[PR]
by coyotehana | 2010-06-30 20:24 | Comments(0)

九千部岳 2010.06.24


久しぶりの休日。何処に行こうか考えてたところに
そよかぜさんから「九千部岳のヤマボウシを見に行きましょう!」のお誘いがありました。
何と言うグッドタイミング!

久しぶりに九千部岳に登ってきました。

そよかぜさん bambooさん ぼん天棒さん  甘党さんご夫妻 Yさん ミラさん  Hさん コヨーテと登る。

私にとって九千部岳へは2005年のヤマボウシとトリカブトの時季に登って以来で
今度が3回目の登りである。

前回は「田代原」からのスタートでしたが
牧場がある田代原では現在、口蹄疫の被害予防のため立ち入り自粛となっている。

そこで今回は吹越からの出発、ピストンになりました。


f0196109_733519.jpg


今日の天気は
時折ガスが出ていたものの、雨は無く天気は良い。
でも梅雨時期ともあって蒸し蒸し!蒸し蒸し暑いです。

シモツケもチョコチョコ咲いてました。
f0196109_7332323.jpg


キヨスミウツボ(初めて聞く名、初めて見ました)も咲いてました。
これも花です。

f0196109_7333821.jpg


美味しそうな実
f0196109_7334755.jpg


コナスビ
f0196109_7335460.jpg



ヤマアジサイの群生地では
まだまだ咲き始めでしたが、綺麗なヤマアジサイが咲いてました。

f0196109_7341438.jpg


凄く綺麗なブルー色のヤマアジサイ!
ピーク時だったら‥もっと綺麗だったろうなぁ~

f0196109_7342015.jpg


ヤマツツジも綺麗に咲いてました。

f0196109_735717.jpg



f0196109_7351394.jpg


f0196109_7352035.jpg


おおっと!葉っぱの上の乗っかっているのは何?
これはハナイカダで、葉っぱの上に花を咲かせます。
今は花も終えて実が付いてるところ。

まるで船頭さんがイカダに乗って漕いでいるように見えます。不思議なものですね

f0196109_7353199.jpg


稜線に上がり山頂を目指す。
登山道には通りにくそうな岩もあちこち‥
急登もあって下りの時は滑らないように注意して下りました。

展望が良い露岩。
ここから見る展望も素晴らしいです。

f0196109_7355311.jpg


その露岩にはミラさんが手を振ってま~す(見えるかな)

f0196109_7355945.jpg


久しぶりに来ました山頂。三等三角点もあります。

f0196109_7361378.jpg


山頂に咲いているヤマボウシ

f0196109_7363432.jpg


プロペラが今にもまわって天に上がろうとしてるみたいに
元気に咲いてました。

f0196109_7364366.jpg


そして待ちに待った山頂からの眺望。
ん~、以前来た時よりも少ないですね。

本当だったら山肌一面がヤマボウシで真っ白になるようですが
今年はちょっと遅いみたいですね。

f0196109_7365484.jpg


f0196109_737164.jpg


そして山頂での昼食前に皆さんで「九千部岳の歌」の合唱が始まりました。
作詞「そよかぜさん」、作曲「ミラさん」、補作「T・Sさん」の歌で~す。

4番まで歌いました。



おまけ
この蝶に好かれちゃった私。

f0196109_7371713.jpg


吹越~自然歩道分岐~ヤマアジサイ群生地~分岐~九千部岳~吹越
[PR]
by coyotehana | 2010-06-24 07:30 | Comments(7)

韓国岳、硫黄山、白鳥山 2010.06.11

私の家にはJRの駅で貰った霧島のポスターが飾ってある。
全紙サイズの大きさで、そこには韓国岳の斜面に満開のミヤマキリシマが咲いていて
その後方には雄大な新燃岳や高千穂峰の山々が連なって写っていた。

素晴らしい光景です!一度見てみたいと思ってました。

そして待ちに待ったミヤマキリシマの時季!久々の連休!梅雨入り前ギリギリ天気も良さそうだ!
これは行くっきゃない!

10日の仕事も早めに終わったので、帰宅して直ぐ準備して旅立ちました。
夜8時過ぎに道の駅「宇城」に到着。ここで車中泊して翌早朝、えびの高原に向けて出発する。

人吉を過ぎ、えびの市に入ってまず驚いたのは‥あの口蹄疫の騒ぎです。
あちこちの道路、店の駐車場の入口などには口蹄疫対策として消毒用の白い粉?がまかれていた。
また国道221号線のループ橋手前の県境付近では、消毒用のマットもひかれていて
一般車両もこの消毒液の中を通過するようになっていた。凄まじいものである。
何だかちょっと怖い気もします。

そして7時頃にはえびの高原・韓国岳の登山口に到着。
早速準備して登ることにした。

f0196109_21442073.jpg


私にとって韓国岳は2度目になる。
前回は2004年の9月で、この時は大浪池登山口から登り、縦走して新湯温泉に降りたから
えびの高原側の登山口から登るのは今回が初めてである。

新燃岳は現在活動中につき入山禁止。縦走も今は出来ません。

f0196109_21444126.jpg


本日の天気は上々!明日から梅雨入りとは思えないくらい良く晴れてました。

f0196109_21445041.jpg


4合目。
火山岩ゴロゴロ~ ガレ場ゴロゴロ~ ずっと続きます。

f0196109_2145041.jpg


5合目から見たえびの高原
このあと午後から登った白鳥山や周辺の白紫池、御池などが見えます。

f0196109_2145832.jpg


こちらは大浪池
外壁?の一部がミヤマキリシマで色付いてますが、聞くところによるとピークは過ぎているらしい。

f0196109_21452448.jpg


山頂到着。平日でまだ時間が早いのか登山者はまだ少ないです。

f0196109_21453275.jpg


韓国岳の火口内部。凄いね

f0196109_21454930.jpg


そしてポスターの写真が撮られたであろう場所に‥!
天気は良かったので新燃岳も高千穂峰も雄大に見える!見える!

でもミヤマキリシマは?

ん~

九重同様、ここも遅れているようで山頂一帯は殆ど咲いていない。
何とか咲いている付近を狙って撮ってみたのだが‥
次回に期待することにしよう!

f0196109_2146656.jpg


下山は硫黄山を経由して登山口まで戻ることにした。
途中には鹿もいました。

写真に撮ることは出来ませんでしたが
なんと!セミがもう鳴いてました。

f0196109_21462585.jpg


硫黄山が見えてきました。
硫黄の噴気によって荒れ果てた地。緑も無く別世界である。

f0196109_21463617.jpg


賽の河原。
死んだ子供が行くと言われた現世と冥土の間にある三途の川の河原らしい。
たくさんの積み上げられた石があちこちに見られる。

f0196109_2146467.jpg


下山して一旦駐車場まで車で移動。
昼食をとり、飲料水を補給して今度は白鳥山を目指す。

登山口には口蹄疫対策として消毒液が入った箱が用意されてました。
これより池巡りコースを進みます。

f0196109_21476100.jpg


韓国岳の登山道とは違い、火山岩はゴロゴロしてなく綺麗に整備されてます。
(山頂付近はちょっとゴロゴロかな‥)

f0196109_21472156.jpg


分岐より離れて白鳥山に上がる。
山頂には三角点あり。

f0196109_21473118.jpg


また山頂からは白紫池を挟んで後方には韓国岳が望めます。

f0196109_21473969.jpg


再び分岐まで戻り、ピストンで駐車場に帰ることも出来たのだが
このまま池巡りコースの続きをすることにした。

白紫池、六観音御池、不動池へと続く。
とくに六観音御池はコバルト色をしてて霧島火山の中でも
もっとも美しい火口湖らしい。

六観音御池と後方は韓国岳

f0196109_21475686.jpg


そして今回出会えた花

f0196109_21491152.jpg


f0196109_21492148.jpg


f0196109_21493342.jpg


f0196109_21494568.jpg


f0196109_21495492.jpg


f0196109_215048.jpg


霧島からの帰り
またまた坂本駅にてSL人吉号に出会えました。迫力です!

f0196109_2150207.jpg

[PR]
by coyotehana | 2010-06-11 21:42 | Comments(7)