<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

井原山 2010.08.29 水無より登る №162 

猛暑が続く毎日。ホントに今年は暑いです。

そんな中、山に登ると熱中症になっちゃうんじゃないか!大丈夫かな~
‥とも思ったが、
幾らこの暑さでも、山ではそろそろ秋の気配も感じる頃じゃないかな‥と思い、
少し早いかもしれないが、秋を探しに久々に井原山で出かけてみた。

今回も水無駐車場より登る。

駐車場にはアブが居なかったので「アブ避けのラケット」は持って上らなかったのだが、
少し上がった頃からブンブンと出てきた。時々払いのけながら進む。

8月初旬には咲いていたオオキツネノカミソリも
今では「蕾」を頭に乗せて、あちこち伸び立っていた。

f0196109_15344549.jpg


まさか無いだろう‥と思ってたが、なんと!
一輪だけ残っていました。

遅咲きのオオキツネノカミソリです。

f0196109_153457100.jpg


秋を探しに来たのだが、まだまだ「ミンミンセミ」が鳴いています。
やっぱり秋はまだ先みたいですね。

登山道沿いにはミズヒキ、縦走路にはキンミズヒキが咲いていました。

f0196109_1535882.jpg


山頂ではホソバノヤマハハコが咲いています。

f0196109_15363072.jpg


オミナエシも元気に咲いてます。

f0196109_15392225.jpg


ヤマホトトギスもチラホラ。
風が無いところではメトロノームみたいに揺れません。

f0196109_15392921.jpg


ヤブランもあちこち見られます。
他にもサイヨウシャジンなんかが咲いてました。

f0196109_15393724.jpg


ツルニンジンは準備中

f0196109_1539496.jpg


そして山頂。
天気は良く晴れてますが風が少々出てたので、
長く滞在すると暑さで倒れそうな感じではなく、思ったよりも過ごし易く気持ちいい。

f0196109_1540665.jpg


気温は27℃です。

f0196109_15401443.jpg


今日はホントに視界が良く、遠くまで見渡せます。
雲仙もくっきり!
その雲仙の向こうまで‥天草かな~?

f0196109_15402283.jpg


下山中の珍事。

前方から蝶々がヒラヒラと。
何を思ったのか‥そのまま私の方へ突進してきた。

バサバサと音がしたかと思うと
なんと!
私の眼鏡との間に挟まって‥もがいてました。(^^;

すかさず手で摘まんで放してあげましたが、ビックリでした。

しかも、その蝶はアサギマダラでした。(^^;


この前、九千部岳に登った時にも
別の蝶が私の服に止まって離れなかったし‥
蝶に好かれているのかな?(^^;;
[PR]
by coyotehana | 2010-08-29 15:36 | 井原山 | Comments(4)

中央アルプス・木曽駒ヶ岳へ 〈 ご当地名物編 〉

駒ヶ根までの移動中の食事。

13日のランチ
名古屋にて名物 「ひつまぶし」

1膳目は茶碗に一杯取り、そのまま食べる。

f0196109_2159352.jpg


2膳目は薬味を載せて食べる。

f0196109_21595840.jpg


3膳目はだし汁を入れて茶漬け風にして食べる。
1品で3度美味しい料理である。

f0196109_2202116.jpg


駒ヶ根名物 「ソースカツ丼」

見た目よりも意外とこってりとはしてなく旨い!

f0196109_221158.jpg


再び名古屋で 「きしめん」

「にしん」が入った「きしめん」です。

f0196109_2221498.jpg


帰りのフェーリーにて名古屋で買った 「天むす」を食す。

f0196109_2243066.jpg


ビールのつまみに「味噌串かつ」と「手羽先」

f0196109_2252137.jpg


食にはまった移動でもありました。
[PR]
by coyotehana | 2010-08-16 21:55 | Comments(0)

中央アルプス・木曽駒ヶ岳へ 〈 移動編 〉

駒ヶ岳は天候不良で残念な結果になったが
今回の旅行では、駒ヶ根までの移動でいろんな楽しみもありました。

初日12日
阪九フェリーにて大阪まで移動。
小倉までは博多からJRの特急にて行きましたが
大分行きの特急ソニックでは、車体にはこんなものが!

f0196109_20352945.jpg


ソニック・EXILE・エクスプレスが走ってま~す

f0196109_20392387.jpg


車内から見た車窓でも、ホラ!凄いです

f0196109_2040797.jpg


昨年の北アルプスに行ったときにも阪九フェリーに乗船しました。
高速料金1000円の影響でフェリー業界も今は休日割引があり安いです。
目が覚めたら大阪の泉大津です。

f0196109_2043431.jpg


フェリーにはレストランに展望浴場もあり、至れり尽くせり。
展望デッキでは生ビールを飲みながら星空も見れます。

f0196109_20531764.jpg


帰りのフェリーでは船内ミニライブもありました。
大阪出身で現在北九州市在住のシンガーソングライターで約40分ほどのミニ演奏でした。

f0196109_20585360.jpg


フェリーは新門司から泉大津までの間に3つの橋の下を通過します。
来島大橋、瀬戸大橋、そして明石大橋。

泉大津行きのフェリーは到着1時間ほど前に明石大橋を通過します。
まだ朝4時20分。まだ外は夜が明けてなく暗いです。

f0196109_21944.jpg


こちらは帰りに撮った来島大橋を通過する時の写真。
夜景モードで撮る時にはシャッター速度が遅いため三脚が必要です。
でも、三脚なんて持ってきてな~い。あっても船は微妙に揺れます。

また船は22ノットほどで橋の下を通過して行きますが
意外とこれが速い!被写体(橋)は速く動いていく。

撮影には一眼レフを使い、何とか撮れました。

f0196109_21134228.jpg


翌日13日は大阪から名古屋までは近鉄電車で移動しましたが
まず、その始発である難波の駅までは南海電車で移動する。

今回は急行電車で泉大津から難波まで行きましたが
難波駅には南海電鉄の特急「ラピート」がいました。

f0196109_2118356.jpg


鉄火面の愛称で知られる南海電鉄の特急で関西空港まで走ってます。
なかなか面白い顔した電車です。

f0196109_21223186.jpg


大阪難波から名古屋までは近鉄の電車を3回乗り継いで行きました。
所要時間は約3時間半くらい。

でも帰りは名古屋のチケット屋で特急券を買い
特急・アーバンライナーでなんと2時間で難波まで帰れました。

f0196109_21293781.jpg


滋賀、京都を通るJRの東海道本線とは対照的に
近鉄アーバンライナーは三重、奈良を通り大阪まで行きます。

しかも名古屋を出た特急の次の駅は大阪の鶴橋、上本町、大阪難波と一直線で行きます。

車内には液晶の案内画面がり、時折前面展望の様子が見られる。
まるで「電車でGO」を見てるみたい。

f0196109_2148158.jpg


名古屋から駒ヶ根までは高速バスで移動しました。

およそ1日半ほどかけての移動。
結構長い移動時間でもありますが、楽しいものでした。

帰りのフェリーの展望デッキから見た日の出

f0196109_21533369.jpg

[PR]
by coyotehana | 2010-08-15 20:28 | Comments(0)

中央アルプス・木曽駒ヶ岳 2010.08.14

(天候不良の為 宝剣山荘まで)

2008年の夏は南アルプス・北岳
2009年の夏は北アルプス・穂高

そして今年の夏はお盆休みを利用して何処に行こうか‥と考えた結果
今回は中央アルプスの最高峰・木曽駒ヶ岳にチャレンジすることにした。

心配された台風4号も12日中に日本海を通過して行き
遠征では何処に行っても「晴れ」に恵まれていた私としては
今度も天気は良く、千畳敷の素晴らしいパノラマが見られる!‥と確信していたのだが、
14日は朝から天気は悪く、山の周囲はガスで何も見えない。
しかも風が強く、最悪の登りとなってしまった。

前日から駒ヶ根市に宿泊
朝一番5時に出る「駒ヶ根ロープウェイ行き」のバスに乗り、6時始発のロープウェイに乗るつもりが、
6時前に「しらび平駅」に着いた時には既に順番待ちの人でいっぱい!
3つ目のロープウェイでやっと千畳敷駅までいく。

ロープウェイ・しらび平駅
ホタルブクロが近くに咲いてました。
f0196109_1758896.jpg


標高1662mの「しらび平駅」から2612mの千畳敷駅まで7分30秒の高速で上るロープウェイ
高低差、終点の駅の標高は日本最高である。

ロープウェイの窓からは素晴らしい景色が見られる
‥はずなのだが、ガスってて何も見えません。

ロープウェイ、千畳敷駅到着
f0196109_17581650.jpg


駅の温度計は14.5℃
少しひんやり、雨も降ってたので皆「ココ」でレインに着替えてました。

ホテル千畳敷前から見た千畳敷カール。
ん~  何も見えません。
f0196109_17582276.jpg


一面ガスで真っ白。時折雨も降り、ホテル千畳敷前で登ろうかどうしょうか‥待つ登山者たち
f0196109_17585861.jpg


じっと待っててもしょうがないので取り合えず宝剣山荘まで登ることにした。
千畳敷駅からの登山道からは素晴らしき千畳敷カールの景観!‥が本当は見えます。

f0196109_17592479.jpg


この辺は迷う事無く登れます。
登山道沿いに咲く花を撮ろうとしますが‥風で中々撮れません。
f0196109_17593854.jpg


八丁坂。やや急坂です。
石もゴロゴロしてます。普段上るくらいなら何てこと無い上りですが
風などで体力が奪われていきます。何度か休憩しながら登る。

f0196109_17594568.jpg


登山道沿いから見たお花畑。(下りの時に撮影)
一面に広がるお花畑。オンタデがたくさん咲いてました。

f0196109_1812756.jpg


乗越浄土手前の上り。
時折吹く突風で一歩分、体が持っていかれます。
上りの途中で出会った熊本からの登山者達は「ガスで何も見えない」ので乗越浄土でピストンすると言ってました。
取り合えずいけるところまで行こうかと決める。

f0196109_1813591.jpg


乗越浄土
よく分かる案内板。駒ヶ岳は左です。
f0196109_1852448.jpg


乗越浄土から宝剣山荘まで丁度進む人たちがいたので付いていくことに。
でも、またまた突風が‥。吹き飛ばされないように前かがみでゆっくりと進みました。
f0196109_1853074.jpg


真っ白なガスの中、進んでいくと突如現れた宝剣山荘。
休憩と情報を得るために中へ入ってみました。
f0196109_1871320.jpg


宝剣山荘の中
今日の天気はずっとこんな感じ。良くなる事は無いとのこと。
また、山頂はここよりもまだ風が強いらしい。

f0196109_1872040.jpg


ここまで来たのだから頑張って山頂まで行こうと決めたが‥
周囲は真っ白でどっちへ行ったら良いのか分からない。
案内板も見えないのか、もともと無いのかも分からない。

慰霊碑を過ぎ天狗荘の建物(後で分かった)まで来て、そこに居たグループに聞いてみた。
私の聞き間違いか?‥どうかは定かでは無いが、間違った道をここから進んでしまった。
とにかく青いロープに沿って行けば行けると言うことだが‥。

相変わらず風は強いし、視界も悪い。
次第に道は岩でゴロゴロとしてきた。顔に当たる雨が痛い。
眼鏡も曇っては拭いての繰り返し。ワイパーが欲しいものだ。

そのうちに最初の鎖場が現れる。
ん?鎖場?
宝剣山荘では「一部、強風には注意した方が良いところがある」と聞いていたが
「ここかなぁ~」

だが進むに連れて道は段々と険しくなる。登山者は一人も出会わない。
そしてついには鎖場のトラバース!見覚えのある場所。
今回登る前に、同じく2週間前に駒ヶ岳に登られた「いーさんのブログ」を見て来ましたが
ブログに載ってた宝剣岳への道の写真と同じ。

ハイ!間違って宝剣岳に登ってました。
(いーさんのブログに載ってる鎖場の写真のところまで行き、引き返しました)

因みに、再び山荘まで戻る途中には
駒ヶ岳山頂から下ってロープウェイの駅まで行くのに、間違って「こっち」に進んでた女性に出合う。

間違って進んだ宝剣岳への道
f0196109_1872610.jpg


慰霊碑付近で再度、詳しい登山者に道を尋ねたが
「山頂までは行けても、山頂は広く、戻る道を見失いかねない。初めての人は辞めた方が良いのではないか!」と忠告を受ける。

間違って宝剣岳に行った自分としては、今回ばかりは不安も大きく危ない気もしてきた。
時間と費用をかけて来たので是が非でも!‥とも考えたが
残念だが今回は登頂を断念することにした。



下りは八丁坂分岐より剣ヶ池経由の遊歩道を通って駅まで戻った。
八丁坂分岐から下は幾分かは視界も見えるようになってた。

この辺はお花がいっぱい!
タカネグンナイフウロやトリカブト系の花、クロユリも見る事が出来た。

剣ヶ池
f0196109_1882371.jpg


昼頃にはロープウェイで下るが、この時間でもまだまだ乗って上がってくる人でいっぱい!
半分以上は観光の人達みたいだが。
おそらく午後の下りは混雑したであろう。


今回は残念ながら天気が悪く、素晴らしい景観も見れず
また、山頂までは行けなかったが
今度は是非、天気の良い時に登ってみたいものです。

出会った花たち

タカネグンナイフウロ

f0196109_22113539.jpg


アオノツガザクラ

f0196109_22123992.jpg


トリカブト属のサクライウズ

f0196109_22141040.jpg


この辺のチングルマは殆どが花期が終わり、綿毛になってましたが
一輪だけ咲いているのも見つけました。

チングルマの綿毛
f0196109_22172321.jpg


一輪だけさいていたチングルマ
f0196109_22174798.jpg


クロユリ

f0196109_2218690.jpg


他にもハクサンイチゲ、ウメバチソウ、エゾシオガマ、ヨシバシオガマ、クルマユリ、シナノキンバイ、ムカゴトラノオ、ミソガワソウ、 トクヤクリンドウなどなど、たくさん見られました。


中央アルプス・木曽駒ヶ岳へ 〈 移動編 〉

中央アルプス・木曽駒ヶ岳へ 〈 ご当地名物編 〉
[PR]
by coyotehana | 2010-08-14 17:48 | Comments(4)

井原山のオオキツネノカミソリ② №161 2010.08.07

先週、井原山・水無にオオキツネノカミソリを観察しに行きましたが
今年は例年よりも花が少ないことに気付きました。

ブログでは「今年は花が少ない!裏年か?」と書きましたが

「もしかして単に開花が遅れているだけではないか?」
「あとからニョキニョキと出てくるんじゃないかな?」
‥と後になってふと思った。

どちらかと言うと、
私の見間違い、判断違いで見頃は今週ではないか‥と少し期待していたかもしれない。

今日はそれを確かめるために再び水無へと向かうことにした。


先週は7時頃には既に満車になっていた水無の駐車場であったが
今日は少なく車の駐車にも余裕があった。




入って直ぐの登山道沿いの様子は前回と殆ど変わらない。
花はホントに少ない。

一番上のベンチが設置している群生地ではピークは過ぎていた。
奥斜面がやや増えたようにも見えるが、一帯は遅れて出てきた様子はなく
むしろ咲いていた花が色褪せていたり、枯れてたり、実になっていたりしていた。

f0196109_923940.jpg


やはり今年は少なかったようである。

f0196109_923289.jpg


写真も遠景にはあまり魅力がないので
今回はピンポイントに近景の写真ばかりになってしまった。

f0196109_9233872.jpg


既に花が終わり、実になっているものも多い。

f0196109_9234916.jpg


来年に期待しましよう。

f0196109_9235850.jpg


来週は遠征するので今季ラストの井原山です。
キツネ君も今日で見納めかな。

f0196109_924729.jpg


今日の井原山の天気は晴れ!
視界も良く山頂からは雲仙まで見えてました。

f0196109_9241710.jpg


久しぶりに気持ち良い山頂でした。

f0196109_9242514.jpg

[PR]
by coyotehana | 2010-08-07 09:21 | オオキツネノカミソリ | Comments(2)

オニコナスビ 2010.08.01

およそ井原山のオオキツネノカミソリのピーク時に開花するオニコナスビ。
いつも井原山の方が気になり、なかなか観に行けなかったのだが
久しぶりに「この花」を観に夢見山へ出掛けてみた。

開花期間がそんなに長くはない「この花」
月曜日に「そよかぜさん」が観に登られた時には既に咲いていたので
タイムリミット的には厳しい状況ではある。

でも、ちゃんと待ち構えてくれてました。

f0196109_21433199.jpg


前回見た時よりは、はるかに少なかったが
綺麗に咲いてました。

f0196109_21433963.jpg


サクラソウ科の多年草。絶滅危惧種の花です。
つる性なので、ほぼ集中して咲いています。

f0196109_2143473.jpg


小さい花です。10円玉と比べるとホラ!

f0196109_2144113.jpg


可愛い花です。

f0196109_2144815.jpg



このルート上にはオオキツネノカミソリの花も数本咲いてました。

f0196109_21544654.jpg
f0196109_21545217.jpg


沢も綺麗で夏向きのルート。

f0196109_21562468.jpg


お昼は沢沿いにて冷やし中華を頂きました。

f0196109_21564951.jpg

[PR]
by coyotehana | 2010-08-01 21:57 | Comments(2)