「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

井原山 2010.10.26 井原山自然歩道から登る №164

本日は仕事が休み。

22日の晩に作ったカレーが‥なかなか無くならず、ここ数日カレーライスが続く。
今朝もたらふく食って、「さあ~、山に行くか~!」と山の準備。

「その前にゴミ出しとこ。」と、玄関を出たとたん‥ビユ~ッ!
「さ、寒い!」

今朝は日本列島に強い寒気が流れこんでおり、北海道では初雪も観測されている。

ここ前原も風が強く、寒い!

「辞めようかな~」とも思ったが、一昨日の日曜日も天気が悪くて登れなかったので
気合を入れて行く事にした。

今日は井原山の正面ルート(井原山自然歩道)より登る。

新しく出来たキトク橋側の駐車場。
そう言えば‥この駐車場が出来てから「ここ」から登っていない。

ハイ!今日は久しぶりに「ここ」から上ります。

f0196109_1533428.jpg


急に寒くなったので服装も多めに積んで登る。
とりあえず最初はヒートテックもどきの長袖シャツにTシャツ、ウインドブレーカーをその上に着てスタートします。
まだまだこの辺は風もそんなに当たらず、動いてたら返って暑くなってきたので
寒がりの私でもこの位で良い感じ。

久しぶりにこのルートを通ったのだが、やや荒れているようにも思えた。
倒木もあちこち!道を通せんぼしてます。

f0196109_15331932.jpg


上に上がるにつれ風ももろに当たるようになりました。寒いです。
体感温度が下がってきたのでフリースも着用してヌクヌクで登りました。

ガスも出てきました。
f0196109_15333116.jpg


さてさて井原山の紅葉は?

シラキの葉はまだまだ色付いてない感じ
f0196109_1534181.jpg


でも、登山道の一部では色付いた落ち葉の絨毯が出来てました。
強風で散ったのかな?
f0196109_15341346.jpg


白くガスった中、落ち葉の絨毯を歩いていきます。
なんとも神秘的な~ ‥と思う余裕なし、風が寒いです。鼻もズルズルしてきました。
f0196109_15342376.jpg


風が強く寒かったですが、雨は降っていませんでした。
花も幾つか見られました。

ジンジソウもあちこち咲いてました。
でも、風が出てたのでなかなか撮れませ~ん
f0196109_15344186.jpg


レイジンソウもまだ少し咲いてます。
f0196109_15345123.jpg


トリさんもまだ咲いてました。
暗くて、風でブレるし‥ピンボケだな~
f0196109_1535148.jpg


白いトリさん。形は立派です。
f0196109_15351026.jpg


今年見納めのトリさんでした。
f0196109_15373458.jpg


サツマイモじゃないよ~!今年はちと少ないかな。
f0196109_15374938.jpg


山頂では真っ白なガスの中、キリンさんも咲いてました。
f0196109_15352127.jpg


平日で天気が悪いと言うこともあって今日登っている登山者は少ないですね。
途中で2人に会ったくらい。

誰も居ない山頂。設置されている温度計は5℃でした。
強く冷たい風があるので実際の体感温度はもっと下でしょう。

f0196109_1540099.jpg


寒いのであまり長居はせず下山しました。
秋を楽しむために出かけたのに、冬に遭遇した気分でした。

今晩は暖かいものを食べよう~




でも、カレーかな‥
[PR]
by coyotehana | 2010-10-26 15:38 | 井原山 | Comments(4)

天山 2010.10.17

気がつけば‥
今年はまだ天山のトリカブトを見ていない!
行かなくては~!

昨夜は少し飲み過ぎて、朝が少々きつかったのだが
気合を入れて1時間後には天山の天川駐車場に到着出来た。

駐車場は車でいっぱい!
こんなに多いのは初めてである。皆、花を見に来たのかな?

f0196109_19305341.jpg


今日は雨山にも行きたかったので、山頂へ上がる道の途中より
雨山~天山の鞍部まで行ける道へ進む。

今日も天気は良い。
ススキもたくさん出てて、秋を実感します!

f0196109_19305960.jpg


ひっそりと立つ雨山。
ここからの眺望も良いです。

f0196109_19311350.jpg


雨山での眺望と花の観賞を楽しんだあとは天山へ
鞍部へ下り、グイッ‥と山頂へ上ります。
ん~昨日は飲み過ぎたなぁ~

f0196109_19312041.jpg


天山山頂は人でいっぱいです。
暫し花の探索に楽しみました。

f0196109_19313226.jpg


本日出会った花たち

久しぶりに会いましたリンドウ。
鮮やかなブルー色が実に綺麗です。

f0196109_19315184.jpg


リンドウ、リンドウ~♪ リンドウ、リンドウ~♪

今年はリンドウがいっぱい!

f0196109_1932049.jpg


ウメバチソウも少し咲いてました。

f0196109_19321740.jpg


他と比べると色鮮やか‥ってわけじゃありませんが
ポツリと咲くこの花はいじらしく可愛いです。

f0196109_19322337.jpg


マツムシソウも少しですが、まだ残ってました。

f0196109_19323941.jpg


よ~く見ないと見逃してしまいそうな‥ホント小さなモウセンゴケです。

f0196109_19325761.jpg


お目当てのトリさん
やっぱ~ここのトリさんは色濃くて良いですね~

f0196109_19331599.jpg


リンドウは多かったですが、
ピークを過ぎているのか?トリさんはちと少ない気がしました。

f0196109_19332178.jpg


センブリも少しですが見つけました。

f0196109_19334237.jpg


白色のセンブリより大きめのムラサキセンブリ。

f0196109_1934211.jpg


立派です!綺麗!
一年ブリで~す

f0196109_19341066.jpg


今がピークみたい!たくさん咲いてました。

f0196109_19342477.jpg


花盛りだくさん!楽しみました。
[PR]
by coyotehana | 2010-10-17 19:34 | Comments(4)

2010年10月11日(3日目) 天主山

樅木のキャンプ場にて5時起床。
6時半に烏帽子岳~国見岳を縦走する「そよ風さん」らとわかれて私は二本杉峠を越える。

昨日は国見岳に登り、その前は日本一の石段に登っちゃったために足はパンパン状態!
このまま帰ろうか‥とも思ったが、もう1座登れそうであり
ここまで来てて帰るのは勿体無いので、天主山にチャレンジすることにした。

工事で段差が出来ている菅林道。
一昨日は雨で深さが分からない水溜りに入って、車を擦ってしまったが
今日は慎重に登山口まで進みました。

8時半頃には登山口に到着。既に車が2台止まってて、すぐ近くの路肩に駐車する。

f0196109_22493847.jpg


ここから林道を少し歩いて「鮎の瀬新道・天主山登山口」から急登を上る。
ハイ!いきなりの急登!いきなりのロープだよ~
昨日に引き続き‥またまた最初から急登でした。

f0196109_22495457.jpg


しかも、この急斜面が長いこと!長いこと!
いつまで上りが続くんだ~

f0196109_2250475.jpg


あまり上りが長いので地図で確認してみた。
「うっ!この山は上りばかりじゃん。」

GPSのデータをもとに作成した地図ですが、それを見てみると
「赤○印」は車を駐車しスタートした場所。そこから林道(車はとても入れない荒れた道)を進み
登山道に入るところが「緑○印」
「天主の舞台」までの登山道は間隔が狭い等高線の中をひたすら突き上がることになっている。
その距離は山頂までのおよそ半分にあたる。

また地図からは「天主の舞台」からは一旦少し下り、山頂手前付近にはまた急登に遭遇することが分かる。

天主をなめてた。この山はキツイぞ~!

f0196109_23384957.gif


何度も休憩しながら上りきり「天主の舞台」に到着。
前方には天主山の山頂だろうか?まだまだ先にですね~

ここから下りに入る。
勿体無い~!勿体無い~!何で下るのよ~!

f0196109_22501682.jpg


鞍部らしきところまで下り、再び上りだが先程までの急登ほどではない。

この山は自然林がいっぱい!ブナなどの木々が多く見られて何とも清々しい。
大きな倒木もあちこち見られた。

f0196109_2250334.jpg


所々に色付いた木もある。
でも、国見岳と同様に紅葉はまだ先みたいですね。

f0196109_22504093.jpg


ホント登山道のあちこちに倒木があり、時々道に倒れこんでいる。
そのたびにヨイショ‥と跨いで進みます。

このルートは踏み後もしっかりしてて迷うことは無いが、
下りの傾斜の時に一箇所、倒木のせいで一瞬道を見失っている。注意。

f0196109_22505514.jpg


山頂より250m手前(GPSによる水平距離)でロープ箇所が現れて、またまた急登になる。
上りはそうでもなかったが、下りがちょいと滑りそうでした。
f0196109_2251104.jpg


しばらく進んでいくと石灰岩が目立つようになってきた。(およそ200m手前)
白い石がゴロゴロ!
そしてその先にはなんと! おおっ!

f0196109_22512884.jpg


ト、ト、トリカブトがいっぱいだ~!

ここはトリカブトの群生地!

f0196109_22514914.jpg


少しピークを過ぎてて、色も少しばかり薄いが、
立派な形をしたトリカブトがいっぱいだ~!
こんなに沢山のトリカブトを見たのは初めて!

f0196109_22515888.jpg


お~トリカブト♪ お~トリカブト♪ イエィ!
ここまでの急登で苦労して上ってきた者へのご褒美で~す!幸せ~

f0196109_22521086.jpg


アケボノソウもチラホラ咲いてます。

f0196109_22524283.jpg


おやや、これは花弁が4枚です。
これも初めて見ました。

f0196109_2252514.jpg


ラスト少し巻きながら、ジグザグに山頂へと上がっていきます。ちょっと長いです。
春はこの辺、ヤマシャクヤクの群生地かな?

f0196109_22531072.jpg


初登頂の天主山。
木々に囲まれているために殆ど展望は望めません。

f0196109_22531958.jpg


山頂にて、朝作ってもらったお弁当を頂きました。

f0196109_22533074.jpg


下りは往路をもどりました。
帰りは長~い下り道。ローギヤーで下りました。

次回はヤマシャクヤクが群生する頃に来てみたいですね。

08:35 登山口~08:58 天主の舞台~10:19 石灰岩地帯(トリカブトの群落)~10:32 天主山 10:56~12:25 登山口
[PR]
by coyotehana | 2010-10-11 22:43 | Comments(2)

2010年10月10日(2日目) 国見岳 

道の駅「宇城」にて起床。
今朝は良い天気で絶好の登山日和である。

6時半に宇城を出発。二本杉峠を越えて五家荘の樅木へと向かう。

樅木のキャンプ場を少し過ぎた所に変則四つ角?があり
ここから国見岳や白鳥山の登山口へと向かう林道に入る。

林道に入ってすぐY字路に出合い、右に進むと白鳥山。
左に進むと国見岳・樅木コースの五勇谷橋・ゲートへと行くのだが、
現在この林道は工事中にて全面通行止めになっている。

f0196109_22551725.jpg


五家荘ネットの道路情報によると迂回路が作られていて、
元来た道を戻り、再びキャンプ場の前を通り過ぎ
その先の「樅の木橋」手前にその迂回路の道がある。

「樅の木橋」手前より曲がる。
f0196109_22553423.jpg


迂回路を上がって行き、T字路にて従来の林道と出合い
あとは五勇谷橋前のゲートまで約7kmをひたすら走らせる。

因みに本日は日曜日で休みだったので工事は行われていなかったが
平日はこの迂回路の通行も時間規制されているので注意!(五家荘ネットで確認してね!)

車はゲート前までしか行けず、この辺の路肩に駐車する。
最初分からずゲート前まで車で行ったのだが、ゲート前は既に車でいっぱい!
狭い林道を駐車出来る場所までバックする羽目になった。

f0196109_22554517.jpg


ゲートの横を越えて林道を進んで行き、五勇谷橋を渡る。
更に林道を300mほど進んでいくと登山口があった。

ここから直ぐ急登に出合う!

f0196109_2256833.jpg


思いっきり急登です。植林帯の中をグングン上がっていきます。
「こりゃ、帰り(下り)が怖いな~」
正直、下りは滑り落ちそうな怖さもあったので、下りはここを通らず「この先の」分岐から旧登山口の方へ降りようか‥と考えていたが、「旧登山口からゲートまでの林道が崩壊して通れない」という情報を得たので、下りも「この急登」を降りることになっちゃった。

f0196109_22564467.jpg


暫く進むと20人ほどのグループに追いついたので、少しばかりペースを落として後ろから付いていくことにした。
実は本日、登る前から筋肉痛なのである。
原因は昨日の「石段」じゃ~!登るんじゃなかった~!
この筋肉痛で急登は辛いです。

でも天気は良いです。青空もいっぱい!
猿の腰掛も見える。猿なら上ってみたい!

f0196109_22581052.jpg


途中で、グループは道を譲ってくれたので(本当はもう少しゆっくり登りたかったが‥)
再びペースを上げ登る。

旧登山口との分岐
f0196109_2258251.jpg


周囲は自然林に代わっていたし、道も先程ほどは急ではない。
紅葉はまだまだ先ではあるが、中には色付いている木々もあった。

f0196109_22584054.jpg


青空と紅葉はやっぱり綺麗です。

f0196109_22585437.jpg


いろんな自然林もいっぱいです!

f0196109_2259496.jpg


途中で少し休憩してオニギリを1個食する。
朝御飯食べてなかったから遅い朝食です。

f0196109_22591615.jpg


道もゆるやかな所、石灰岩もゴロゴロとしている。
ふと何やら黒いものがポツポツ伸びているなぁ~
‥と思ったら、火事で黒焦げたようなバイケイソウがあちこち伸びていた。
ん~ここはバイケイソウの群生地だな~

道が単調なのでふと不安になりGPSで確認すると、残り250mである。もうすぐ。

f0196109_22592895.jpg


登山道沿いには石楠花の木がいっぱい現る!
ん~ここは石楠花の群落地だな~

五勇山からの道と出合い(分岐)、山頂はすぐそこ!

f0196109_22593435.jpg


山頂到着。立派な祠もあります。

f0196109_2313456.jpg


少し風もあり、晴れてはいたがやや寒い。
山頂からの展望は良いのだが、所々ガスがあり祖母方面は隠れて見えません。

こちらは小国見岳、五勇山。
明日、そよ風さんや山馬鹿さんらが「ここ」を縦走して国見岳まで来るんだね~

f0196109_231521.jpg


下りは往路をもどる。
登山口手前の急登は慎重に下りました。

08:47 五勇谷橋・ゲート~08:54 登山口~09:39 旧登山口・分岐~10:54 山頂 11:07~12:34 登山口~12:41 ゲート

下山後、樅木まで戻る。本日のお泊りは樅木のキャンプ場です。
実は今日、保口岳に登っててる「そよかぜさん」「山馬鹿さん」が
今夜、樅木のキャンプ場に泊まるということなので、一緒に泊めてもらうことになりました。

五木の温泉まで行こうかと思ったが、狭い道を片道1時間‥再び1時間かけて樅木まで戻るのはちょいと辛いので、本日は温泉は諦めて‥じっと樅木で待つ。

夕方、そよかぜさん、山馬鹿さんと合流、
そして近くのお店では、風さん・エミリーさん・Sさんとミラさん、tesu-1さんと一緒に夕食会をしました。

エミリーさんとはよくメールでお話してましたが、お会いするのは初めて!サプライズでした。
そしてエミリーさんらも今日は別ルートで国見岳に登ってたのにはビックリ!

写真はそよかぜさんからお借りしました。
f0196109_22201635.jpg

[PR]
by coyotehana | 2010-10-10 22:54 | Comments(4)

連休は遠征に! 

久しぶりの連休になったので遠征してみた。

8日(金):仕事終了後と共に南に向けて車を走らせる。

今回は脊梁の山に登る計画なので、
とりあえず手前の道の駅「不知火」まで進み、その夜はここで車中泊することにした。

道の駅「不知火」は温泉あり、食堂には美味しい「刺身定食」がある!
ここに来るのが楽しみでもある。

でも残念ばがら「刺身定食」は本日売り切れ。
代わりに「煮付け定食」と生ビールを味しく頂き、明日に備えて就寝した。

しかし天気は雨!夜中の間もずっと降り続き‥
せめて翌日は 「曇り」 までの回復を期待していたのだが
期待も空しく雨は降り続く。

連休初日は 「天主山」に登る計画だったので
とりあえず登山口まで行ってみることにした。

2010年10月09日(1日目)  下見 と 「坂本の石段」
朝6時半、松橋のジョイフルにてモーニング。
そのあと国道218号線を東に向けて進み、矢部町より右折。
「鮎の瀬大橋」を目指して進んでいく。

近くには有名な通潤橋や道の駅「通潤橋」もある。

f0196109_20452695.jpg


立派な「鮎の瀬大橋」を渡り、その近くにある「天主山登山口」の標識に従い
菅林道に入っていく。    ↓ 鮎の瀬大橋
f0196109_205616100.jpg


山都町のホームページによると
天主山へ登るルートのうち「内大臣林道椎矢峠ルート」は通行止めになっているので
今回は「林道清和矢部線・菅林道ルート」より登ることにしたのだが‥ 

山都町の登山情報

ここも通行可だが
「段差有り注意。また車体の低い車やバスなどは入らないでください。」‥と書かれている。

確かに‥
入ってすぐ段差に遭遇‥私の車はもの凄い音をして擦ってしまった。

その後も登山口に近づくにつれ、あちこちに大きな石がゴロゴロと落ちている‥

何とか私のステップワゴンは登山口まで着いたが
いぜんと雨は降り続いている。

雨の中登るのも嫌だったし、
この雨で登山中に、林道へ落石して戻れなくなったら困るので
本日は下見のみで天主山へは後日か、最終日に時間と体力があれば登ることにした。


そうなると今日一日何をしようか?どうやって時間を潰そうか~?
「そうだ観光をしよう!」

美里町まで戻り、有名な「坂本の石段」に行ってみた。

坂本の石段は大行寺山にある釈迦院の参道。
そこには3333段の日本一の階段があるのだ!

何~も考えず、時間つぶしに‥と安易な気持ちで上っちゃった。
左手に傘、右手にステッキとお茶500mlを担いで‥

f0196109_21161773.jpg


だが100段ほど上ってすぐ後悔!

こりゃ、とんでも無いぞ~ 
3333段言うたら宝満山・百段ガンギの33倍じゃん!
下手したら明日登れん!

でも途中でリタイヤするのも恥ずかしいので上る。

f0196109_21273443.jpg


延々と上まで続く石段。
百段ごとに目印の石柱があるけど、何とも気が遠くなるようなもの。

所々にスポンサー?
焼酎白岳の石柱

f0196109_21365171.jpg


およよ!
昔見てた天才たけしの「元気が出るテレビ」まで!懐かしい

f0196109_21382034.jpg


見下ろせば‥ここまでよく上ったものだ。でも、まだまだ

石段沿いにはキンミズヒキやツリフネソウ?、ゲンノショウコなどの花が咲いていた。
また石楠花の木もあちこちあったので咲いてたら綺麗だろう。

ついつい、花の写真を撮ろうと石段から逸れ
再び戻った時に滑って転倒!
左手に傘、右にカメラを持ってたので思いっきり肘をうってしまった。
痛いが気を取り直し続行。

f0196109_21443419.jpg


3333段の中の一部?
右に逸れて上がろうかとも思ったが‥
ここで通らないと3333段上ったことにならない事になりそうなので、ちゃんと上る。

f0196109_21473347.jpg


途中には休憩出来る東屋やトイレなどもある。

眺望出来るところでも無いのに何故か3階建ての櫓。
何故3階?とてもとてもこの櫓に上る気にはならない。

f0196109_21504120.jpg


スタートから1時間
日本一の石段、3333段目を上りきる!ゴ~~~ル!  ‥ん?

f0196109_21533135.jpg


3333段の石段の先には何があるのかワクワクしてたのだが‥
石段はここで終了。

でもゴールの釈迦院はここではない!
ここから更に石畳を進む事1050m先にある。

f0196109_2157430.jpg


15分後、やっとゴールの釈迦院に到着。
後で気付いたのだが門の左右には門番の像が立っている。

ショックだったのはその近くに車が止まっていたこと。
ハイ!反対側からは車で釈迦院まで来れます。

f0196109_2232583.jpg


帰りも石段を通って下る。
雨で石段が滑りそう。膝も笑う!笑うよ~!

何で上ったんだろう

明日は大丈夫かな~?

下山後?佐俣の湯で体をほぐし
今夜は道の駅「宇城」にて泊まる。

坂本の石段
10:12 スタート~11:10 3333段目~11:24 釈迦院~12:25 下山
[PR]
by coyotehana | 2010-10-09 20:00 | Comments(2)

井原山 2010.10.02 水無より登る №163

天気予報は最初、「雨」と言ってたので昨夜は一杯飲みに行ったのだが‥
途中で天気は「曇り」になった事がわかり、2軒目を避けてさっさと帰宅!今日の登りに備える。

でも昨夜はちょいと飲み過ぎたみたいで‥朝はキツ~
それでも久しぶりの休日だし、天気も晴れてる!登らなくては‥!

近くの井原山へ1ヶ月ぶりに向かう。


家を出るときはまだ晴れてたのだが、水無の登山口に着くころには
ドンヨリと曇ってきた。今にも降りそうな気配。

山は1ヶ月前から比べるとホント涼しくなってきた。
あの暑かった日々が遠い昔のようにも感じられる。

登山道沿いにはミズソバやツリフネソウがたくさん咲いてます。

ミゾソバ
f0196109_19554098.jpg


ツリフネソウ
f0196109_19555290.jpg


オタカラコウもあちこち咲いてます。
f0196109_1956280.jpg


秋ですね~
アキチョウジも見られます。
f0196109_19561289.jpg


目立って咲いていたのがレイジンソウ!
蕾も多く、まだまだこれから沢山咲いていきます。
f0196109_19572539.jpg


登山道沿いにもホラ!
f0196109_19581497.jpg


太陽の日差しをいっぱい浴びて元気に咲いてます。
f0196109_19582289.jpg














子分のレイ 「親分!今年は濃いっすね~!」
f0196109_19594175.jpg


トリ親分 「おぅ! あたぼーよ~! 」

「今年は暑かったから濃いんでぇー !」
f0196109_200244.jpg












井原山の親分は色が薄く、いつもこんな感じですが
f0196109_201823.jpg


今年はちょいと濃いです。紫外線対策かな?
f0196109_2004783.jpg




通称「日本庭園」より渓流を離れて急登に入ります。久しぶりでキツ~
f0196109_202745.jpg


縦走路に入り、ここでも秋の花が見られる。
アキノキリンソウも咲いてました。
f0196109_2022386.jpg


ん、ん‥?

カワラナデシコが咲いとるなぁ~
f0196109_2023169.jpg


山頂でススキも出ててスッカリ秋です。
あいにく今日はガスが出てて眺望は望めませんでした。

近くの岩場でマムシに遭遇!
お昼寝最中のようでしたが、あまり見つめるもので逃げちゃいました。
f0196109_202498.jpg


ツルニンジンも盛りだくさん。
f0196109_203655.jpg


このあと雨がパラパラと降ってきましたが、レインを着るほどではない。
天山のトリさんも見たかったので、さっさと下山して車で向かう事にしましたが‥

途中で雨が激しくなり諦めて帰ることにしました。


でも帰宅して暫くすると天気は晴れてきた。 あれ~~~

今回はホント天気に振り回されました。
[PR]
by coyotehana | 2010-10-02 19:58 | 井原山 | Comments(4)