「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

宮崎の山へ③

可愛岳 727.7m

道の駅「北川はゆま」にて起床。
ホント今朝は天気が良い。
今朝だけでなく3日間天気に恵まれて良い登りが出来た。

明日からは天気が崩れそうなので、遠征は本日のみで帰ることする。
ラストの今日は何処に登るか?

尾鈴山も考えたが‥ちょっと北上過ぎた。
では、近くの可愛岳に早朝登山して、下山後もう1座「行縢山」にハシゴしょう!
‥と考えた。

道の駅からは可愛岳が見えてた。待っとれ~!登るぞ~!

f0196109_14234347.jpg


道の駅から国道10号線を少し南下して西郷資料館に向かう。
ここの駐車場に車を止めてスタート!
時間は8時。10時過ぎには降りてきてハシゴ~と甘くみていた。
実際には意外とキツイ山で、歩行時間は3時間半掛かった。
f0196109_14235928.jpg


コースは北尾根ルートで山頂まで上り、下りは南尾根ルートで降りることにした。
ここは昔、西南の役の時に西郷率いる薩摩軍が官軍に包囲されてしまい
夜中にこの険しい可愛岳を山越えして敗走したとのこと。

登山道沿いには薩摩軍の隊長の墓とか、いろんな名称とかがある。

f0196109_14241262.jpg


「鬼の舟」があるこの場所にて林道に出合う。林道を横断して再び登山道へ。山頂へはまだまだ遠い。
f0196109_14242242.jpg


この辺から所々東側の展望が望めるが、その一つに烏帽子岳。
麓の延岡市内が綺麗に見えてました。
f0196109_14243488.jpg


南尾根ルートとの分岐を過ぎ、前屋敷に出合う。
ここからは「千丈覗」経由で山頂へ向かう。下りは別ルートから降りてきて
この前屋敷にて再び出合う。
f0196109_14244462.jpg


千丈覗の展望も先ほどと同じような眺望。
そtれから暫く進むと「鉾岩」という大きな岩に出合う。
ここからの展望も素晴らしい。
f0196109_1424578.jpg


延岡市内をバックに来年の干支の兎が記念撮影
f0196109_142594.jpg


尾根伝いを進んでいくと山頂につく。
f0196109_14252167.jpg


可愛岳山頂。
山頂広場に足を踏み入れた瞬間‥「ザクッ!」
地面は霜柱で固まってました。何とも良い感触。
f0196109_14253432.jpg


山頂からの展望は良い。
360度まではいかないが、延岡市内側と反対側の山々も見える。

この山は何処だろうか?

f0196109_14254926.jpg


下りは南尾根ルートより降りる。
水場までは谷を下っていく。
途中、近くでもの凄い物音をたてて下っていくものが‥かなりの重戦車並み
イノシシだろう。かなり大きなイノシシだろうなぁ~
お~怖!
f0196109_1426260.jpg


南尾根伝いに下まで下っていきます。
ノボリ尾付近は伐採された切り株群の中を通る。
f0196109_14261447.jpg


振り返ると可愛岳の山頂が見えてました。
f0196109_14262193.jpg


思ったよりも距離、時間が掛かりハシゴは無理と判断。
行縢山は次回ということで、本日は可愛岳に登った満足感で帰ることにした。
[PR]
by coyotehana | 2010-12-29 12:01 | Comments(4)

宮崎の山へ②

釈迦ガ岳 830.6m

道の駅「ゆ~ばるのじり」にて起床。今朝も寒かった。
昨日見た高千穂峰に心揺れ動いていたが、午後から天気が崩れる予報が出てたので
予定通り「釈迦ガ岳」に登ることにした。

風はあったが午前中天気は晴れ。絶好の登山日和である。

国富町にある法華嶽薬師寺にある登山口より上がる。
f0196109_11382985.jpg


6合目までは林道が続いていて、のんびりとした感じ。
ずっとこんな感じだったら飽きるなぁ~と思っててたら、しっかりここから急登になる。
f0196109_11402126.jpg


昨日の牛の峠は私以外誰も登山者は居なかったが
本日は他に5人と1ファミリーの人に出会った。
f0196109_11415145.jpg


二段構えの山頂。
下の広場には釈迦堂と山頂プレート、上には2等三角点があった。
f0196109_11452912.jpg


ホント天気が良い。
思ったよりも視界は良く、麓の国富町も見えていた。
北側は何処の山々か分からないが展望も望めました。
f0196109_1147584.jpg


天気予報は当たるもので
登山口近くになってパラパラと雨が落ちてきました。

移動

明日は地蔵岳か尾鈴山を狙ってましたが
お昼の時点での天気予報では宮崎県内で延岡だけ晴れマークが付いていた。

とりあえず尾鈴山でも、延岡近辺の山でも同じくらいの距離にある道の駅「日向」まで移動することにした。
ところが「日向」は海岸近くにあって、とにかく風が強い!
夜中雨風が強いと厳しいものがあるので、延岡の道の駅「北川はゆま」まで足を伸ばすことにした。

午後からは不思議な天気。
雨雲に部分部分に遭遇して、移動中はキツネの嫁入り状態であった。

そして何度も綺麗な虹も見ることができた。
f0196109_11572762.jpg


中にはダブルレインボーも出てました。見えるかな?
f0196109_11581544.jpg


今夜はの駅「北川はゆま」にて車中泊。
思ったほど雨も風も遭わず、ゆっくり就寝できたのだ。
[PR]
by coyotehana | 2010-12-28 11:14 | Comments(0)

宮崎の山へ①

今年は早めに仕事が御用納めになったので
久しぶりに遠征へと出かける。

最初の計画では25日に出発して
26日から30日までの間に宮崎の山を4~5座登る予定であったが
天候に振り回され、また準備も遅れて‥
結局26日より自宅を出発!27日から29日の3日間、計3座登ることになった。

今回の日程

26日:自宅出発
みぞれが降る中、3号線をひたすら南下。
今夜のお泊り、小林市の先の道の駅「ゆ~ばるのじり」に夕方到着。

27日:牛の峠に登る。
午後、高千穂河原観光
道の駅「ゆ~ばるのじり」にて車中泊

28日:釈迦ガ岳に登る。
下山後、延岡の道の駅「北川はゆま」へ移動。車中泊。

29日:可愛岳に登る。
帰路

牛の峠 918m

朝7時起床。
車のフロントガラスはしっかり凍っていた。寒かったはずだ。
福岡では昨夜から大雪のようで、今朝は九州縦貫道も通行止めになっている。
でも、ここ宮崎は風は強いが天気は良く、時々晴れ間も出ていた。

都城のジョイフルで朝食をとったあと「牛の峠」の登山口を目指す。

牛の峠は都城市と三股町との境にある山で九州百名山の一つでもある。
ここで言う「牛の峠」は、峠ではなく山頂である。
しかも「牛の峠」の名の峠が別に「ここ」から尾根伝い北側2km先の所にある。
何とも間際らしい山である。

狭い林道を車で上がっていく。
途中前方には山が見えてくる。牛の峠だろうか?

f0196109_10163226.jpg


大通りから7.5kmほどの所に登山口を発見。
早速準備して登る。
f0196109_1016404.jpg


最初は粉をまいたように雪が積もっていた登山道。
木々に囲まれていて強い風は防ぐことが出来たが、展望は殆ど望めません。
f0196109_10164819.jpg


段々と雪も増えてきました。
雪の重みで垂れ下がって木の枝のトンネルに触れてしまうと
思いっきり雪を被ってしまいます。首から進入してしまうと冷たいです。
f0196109_10165793.jpg


牛の峠論所跡
ここから間違って「牛の峠」(ホントの峠の方)に向かうところでした。
f0196109_1017108.jpg


誰も居ない牛の峠山頂。
雪で埋もれて分からなかったが1等三角点があります。
f0196109_10172139.jpg


また天測点で付いた八角形のコンクリート柱もあります。
兎もいました(笑)
f0196109_10172891.jpg



下山後は観光

高千穂河原へ行ってみました。
途中の道の駅「すえよし」にて。
「はちみつ焼き」と言うのがありました。食べてみました。

まぁ~ドラ焼きですね。ハチミツと柚子が入ってて蜂蜜の甘さと柚子の香りがほんのり良い旨さです。
f0196109_10435762.jpg


高千穂河原への道路は朝方チェーンが必要だったようだが
昼からは雪も解けて難なく行く事ができた。
ほんのり雪化粧していた高千穂峰。赤いザレ場が良く見えます。

f0196109_10463390.jpg


国道223号線から見た高千穂峰
明日は釈迦ガ岳に登る予定だが‥心揺れ動く。
f0196109_10523755.jpg


今夜も泊まりは道の駅「ゆ~ばるのじり」
駐車場裏側はイルミネーションがキラキラ!明るすぎて早目の就寝は厳しい。
f0196109_10575164.jpg


ここの道の駅には温泉とレストランがある。
温泉入って、食って飲んで、後は寝るだけで良い(車中泊だけど)。何とも嬉しい限りである。
初日は宮崎の「地鶏のもも焼き定食」を頂きました。
焼酎1合が260円、枝豆もたっぷりあって210円の安さにはビックリでした。
f0196109_1134537.jpg


おまけ
前日移動中、熊本の3号線沿いに出来た新幹線の車両基地。
丁度近くにウエストの駐車場があり、昼食を兼ねて見てみました。

来年春の開業を前に出番を待つ新型のN700系の車両が幾つか並んでいました。
「さくら」か「みずほ」か‥どちらか分かりませんが、車体が水色です。
f0196109_1110152.jpg


奥には「つばめ」が止まってて、比べてみると色の違いが分かります。
また奥の本線では、水色の新幹線車両が試験走行で行ったり来たりしてました。
f0196109_11121776.jpg

[PR]
by coyotehana | 2010-12-27 09:39 | Comments(0)

井原山 2010.12.05 井原山自然歩道から登る №166

およそ一ヶ月ぶりの登りで~す。

今日は天気も良く、黄砂も無いようで絶好の登山日和である。
最初登り初めは、少しばかり寒くも感じたが
山頂に着いた時には雲ひとつ無い青空で、風も無く
日差しを浴びていると‥やや暑くも感じた。

でも久しぶりだったせいか‥体も鈍ってて
急登ではシンドイもので何度も休憩しながら登る始末でした。

f0196109_1939741.jpg


でも登って良かった。

久しぶりに常連の方たちにも出会い、いろんな話も出来た。

しかも山頂からの展望では、
本日凄く視界が良くて、遠くまで山々を望むことが出来。
素晴らしいものでした。

f0196109_19411082.jpg


こちらは山頂から見た背振山方面
良く見えます。
f0196109_19414097.jpg


雲仙・普賢岳もホラ!
こんなにクッキリ!まるで白い海に浮かぶ島のようである。

f0196109_19415964.jpg


山容から中央に見えるのは伐株山と万年山だろうか?
だとしたら‥その右奥に見えるのは方角からして湧蓋山?九重?
左側奥に小さく見えるのは由布岳だろうか?

そうだとしたら今日はホント良く見えてます。凄い!

f0196109_1942555.jpg


天山も
スキー場には一部雪が入ったようで、白い縦帯が見えてます。

f0196109_19421545.jpg


いや~
今日は久しぶりに山を満喫しました。
[PR]
by coyotehana | 2010-12-05 19:42 | 井原山 | Comments(6)