<   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

雲仙普賢岳の新ルート と ミヤマキリシマ 2012.05.30

先月OPENした新ルート。
平成新山の溶岩ドームがより近くに見える‥ということで、
休みの本日、ミヤマキリシマの観賞も兼ねて登ってみた。

ミヤマキリシマは仁田峠では既に終了。
国見岳もピークは過ぎてはいるものの、遠方から見る限りでは
まだ綺麗に見られました。

朝8時頃に仁田峠の駐車場に到着。
ミヤマが見頃のこの時季、土・日は仁田峠に登山者の車を止めることが出来ず
池の原園地からのスタートとなるのであるが
平日の本日はOK!下の料金所でもOKを貰い仁田峠まで車を上げることが出来た。
ちょいと楽出来た気分!
8時過ぎにはスタートできた。


f0196109_21522133.gif


08:08 仁田峠~08:44 紅葉茶屋~08:47 鬼人谷口~09:02 西の風穴~09:19 北の風穴~09:29 鳩穴分かれ~09:42 立岩の峰~10:02 霧氷沢~10:17 普賢岳~10:46 紅葉茶屋~11:04 国見分岐~11:15 国見岳~11:42 妙見神社~12:04 仁田峠

f0196109_21524260.gif


過去何度かここに登った時は何時も先に妙見岳へ上がり、時計周りに周回しているが
今回は新ルートに初チャレンジ!‥ということで、先にそちらへ行こうと思い、
逆の反時計周りに進むことにした。

でも、後で思ったが‥どちらかと言うと、こちらは国見への登り返しが急でキツかったかも。

仁田峠
f0196109_20412412.jpg


薊谷の急な登りを上がっていき、紅葉茶屋に到着。
この先の新ルートを通り、普賢岳を経てまたここに降りてきます。

f0196109_20422319.jpg


鬼人谷口
これより新ルートに入る。ドキドキワクワク
f0196109_2044643.jpg


よく整備されてて、あちこちに真新しい案内板がある。
それぞれ番号がふってあり、ここは⑤番「西の風穴」であります。

「風穴」と書いて「かざあな」と読むんですね。「ふうけつ」じゃないんだ。
四角い穴からは冷たい冷気がかすかに出てます。

f0196109_21201597.jpg


さらに440mほど進んでいくと、またまた風穴に出合う。
ここは「北の風穴」。ベンチも設置されてました。

f0196109_21204747.jpg


「鳩穴分かれ」に出合い、ここから一方通行の道へと入ります。
ハイ。こちらからしか「この道」は進めず、普賢岳からこちらへは行けません。

ここから観る展望も良い。
国見岳から九千部岳の山々、有明海から島原半島北部が眺望できます。
でも今日は少し霞んでまして‥海までは見えませんでした。残念。

そしてここから急登です。

f0196109_2121189.jpg


黙々と急登を上がっていると
「おっ!アサギマダラだ~!」
屋久島の蛇之口滝へ登る時に見て以来、今年2度目です。
しかも3羽も飛んでる!一度に3羽以上見たのは初めて。感動しちゃいました。

写真は国見岳分岐にてまたまた出遭ったアサギマダラさんです。
f0196109_21195541.jpg


一方通行‥となっていたので、
「もの凄く狭い道」とか「ヤセ尾根」とか、危ない道をイメージしていたがそんな感じはない。
思った以上に通りやすく、溶岩ドームが間近に見れて楽しい。

小高い丘の展望所となっている「立岩の峰」からは
ホント平成新山の溶岩ドームが間近に~!迫力!

f0196109_20432780.jpg


溶岩ドームを左手に見ながら登山道を進んでいき、⑮番の展望箇所からは
普賢岳溶岩ドームが一望できた。

写真左側には「霧氷の沢」。中央が普賢岳が見える。
f0196109_20434462.jpg


アップダウンを繰り返し、上がっていくと⑯番「霧氷沢分かれ」につく。
一歩通行はここで終了。ここから50m先の「霧氷沢」にちょいと寄ってみました。
霧氷沢へ下る途中には、ひゃっと冷気も感じる。この辺にも風穴があるみたい。

霧氷沢
ここが一番平成新山に近いのかな。

f0196109_20453842.jpg


普賢岳山頂。
新ルートは間近に新山を見ることが出来ましたが、
私的にはここから見る新山が良いですね。

f0196109_21224041.jpg


普賢岳から一気に紅葉茶屋へ下り、国見・妙見へと周回する。
紅葉茶屋から人も多くなってきた。
平日なのにこの多さ。団体さんも何組かきてました。

国見岳への登り返しを頑張して上り、久しぶりに国見岳へ

国見岳斜面はまだまだ綺麗ですね。
f0196109_2046565.jpg


山頂への登りの途中より妙見方面を望む
f0196109_21332698.jpg


同じく平成新山を望む
f0196109_2134249.jpg


国見岳
f0196109_21342576.jpg


妙見へ縦走途中から再び国見岳を見る。
綺麗ですね
f0196109_2135991.jpg


この後、妙見岳の展望所にも寄り、正午頃には仁田峠に戻った。


下山したのち、雲仙の温泉に寄り、そして帰り道に千々石展望台へ
こちらへ来たら‥やっぱり「これ」かな

「じゃがちゃん」。ホクホクで旨。
f0196109_2255469.jpg

[PR]
by coyotehana | 2012-05-30 20:56 | Comments(2)

井原山 2012.05.05 水無より登る №178

GW5日、井原山へミツバツツジの様子を見に登ってみた。

10時前にキトク橋にある瑞梅寺登山口を通ってみると
駐車場は既に車は満車。
それどころか‥道沿いにも溢れんばかりの車、車‥
下のバス停まで車が止まってました。

今日は正面から登るのを諦めて水無へ移動!
ところがこちらも‥駐車場に近づくにつれて、
止められず戻って車と出会う。

仕方なく駐車場から少し離れた路肩に止めて
スタートすることになった。

今日は天気も良く
GWともあってか?ミツバツツジを見に来てるのか?
山頂も人でいっぱいの予感。


半月ぶりの水無では
すっかり花も入れ代わっておりました。

今はコンロンソウやラショウモンカズラが水無の登山道を占めてます。

真っ白なコンロンソウ
f0196109_18274273.jpg


集団で居ると見事なもんですなぁ~
f0196109_18275619.jpg


ラショウモンカズラも負けじと‥頑張って咲いてます
f0196109_18282319.jpg


ニリンソウも幾つか、まだまだ咲いておりました。
f0196109_18284481.jpg


f0196109_182914.jpg


ホウチャクソウも別の場所で早くも‥
f0196109_18292047.jpg


急登を上がり尾根に近づくにつれ、いよいよミツバツツジが‥

咲いてました。
f0196109_18294223.jpg


久しぶりに見るミツバツツジさん
f0196109_18295775.jpg


でも、蕾もまだ多いですね
f0196109_18302199.jpg


日当たりの良いところでは綺麗に咲いてますが
蕾もまだまだ見られます。
f0196109_18303394.jpg


山頂から見た眺望。
少しばかり遅れているようですが‥花芽自体も今年は少ないみたいですね。

所々既に散ってしまっているのもある。

天候に因っては2~3日中にも蕾部分が開くかもしれませんが
この少なさではあまり期待出来ないかもしれませんね。

f0196109_1830499.jpg


周囲の方々からの話からも総合して
昨年よりは多いものの(昨年も少なかった)、残念ながら今年のミツバツツジは少ない。
背振も同じような感じみたい。
来年に期待‥です。



山頂では「凧さん」が凧を揚げてました。
今日は風もあり、高く高く気持ちよさそうに上がってました。

f0196109_1852858.jpg

[PR]
by coyotehana | 2012-05-05 18:53 | 井原山 | Comments(0)