「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

宝満山 2013.06.30

トレーニングを兼ねて久しぶりに宝満山へ登ってみた。

車を飛ばし8時過ぎには竈門神社に到着。
神社すぐ下の駐車場は既に満車状態だったので
200mほど下の駐車場に止める。

8時半にスタート
f0196109_1758540.jpg


今日も蒸します。
昨日の疲れもあったのか?
なかなか足があがりません。

ここのガンギはいつ来てもキツイですね
f0196109_1805171.jpg


途中の場所から展望も望めました。
上でも見れるけど…とりあえず1枚!

でも、実際は山頂についた時には天気も悪く
真っ白状態!何も見えません。

写真撮っててよかった
f0196109_1831091.jpg


百段ガンギに出合うころには
やっとエンジンがかかったようだ。

百段なんて何のその!一気に上がる。

だが…

このあと雨が降ってきました。
f0196109_1851069.jpg


最近よく雨に遭います。
今日は以前使ってたレインを久しぶりに持ってきてました。

防水スプレーもちゃんとかけてましたので
雨もはじけます!レインの上は水玉がいっぱいです。

喜んでいたのもつかの間。

雨は段々本降りになってきました。

やっとのことで山頂到着。

少し雨宿りしたあと下山しました。
f0196109_1893034.jpg


竈門神社まで下りてきた頃には
なんか…雨が止んできたぞ~

日差しも出てきた。

今日はちょっとタイミングが悪かったかな?

でも、よかトレーニングになりました。
[PR]
by coyotehana | 2013-06-30 18:10 | Comments(2)

井原山 №193 水無より登る 2013.6.29

そろそろオオキツネノカミソリの時期が近づいてきた。
開花には当然、まだ早いはずだが
ひょっとしたら…って気もして、久しぶりに水無へ出かけてみた。

今日は雨はお休みの日ではあるが
やっぱり梅雨時期ともあって蒸す!蒸す!
普通に登ってても蒸し暑く、疲れます。

登山道沿いも雑草でいっぱい!
来週は「糸島瑞梅寺オオキツネノカミソリを守る会」による清掃活動が行われるが
その前にチョイと気持ち草刈しながら水無を登っていきました。

f0196109_18554339.jpg


ハンカイソウも咲き始めました。
f0196109_1856689.jpg


ヤマアジサイもあちこち見られます。
f0196109_18562193.jpg


キツネ群生地
オオキツネノカミソリは、ただ今準備中。
当然といえばそうですが、水無ではまだ1本も出ていません。
(6月に咲いてたらホント、ビックリ状態です)
f0196109_18564868.jpg


山頂へ
f0196109_18571052.jpg


殆ど曇ってましたが、時折青空も出ていた山頂
f0196109_18572976.jpg


今日は視界が良いです。
多良、そして雲仙まで遠く見渡せました。
f0196109_18575512.jpg


雷山方面に見える山肌は点々と白いものが見られます。
これはヤマボウシですね。

でも山頂のヤマボウシはもう終盤に入ってました。
f0196109_18581680.jpg


もうすぐ夏が来ます!
来月に入ったら、ぼちぼちキツネさんも出てくるでしょう。
[PR]
by coyotehana | 2013-06-29 18:59 | 井原山 | Comments(0)

若杉山 2013.06.23

自然を歩く会のメンバー5名で若杉山に登ってきました。
梅雨時期ともあって、やっぱり天気は不安定。
それでも上りのうちは雨に遭うことはなく、楽しく登れた。

9時にJR篠栗駅に集合。
車で太祖宮の駐車場へ移動し、ここからスタートする。

f0196109_1765166.gif


太祖宮駐車場からは暫く車道を上がっていく。
民家の中も通りすぎ、時折満開の紫陽花にも出会えました。

f0196109_1774464.jpg


やがて遊歩道入口につき、ここから登山道を上がっていく。
地面は濡れてていささか滑りやすい。
f0196109_1781159.jpg


一旦車道に出て暫く上がると押石のお堂に出合う。
f0196109_1783891.jpg


何でも「古代、神宮皇后が若杉山の太祖宮にお参りに行く途中にあった石に手を置いて休んでいたら、手のかたがついたそうです」
側にあった案内板に書かれてました。

なるほど…それらしい手形が石についてますな。
f0196109_1785330.jpg


車道より登山道へ
f0196109_1793118.jpg


またまた車道に出て、すぐまた登山道へと入り
上がっていくと若杉の楽園(キャンプ場)に出合う。

若杉の楽園を過ぎ杉の巨木が見られる大和の森へ
杉の巨木巡り~

綾杉
f0196109_1712853.jpg


トウダの二又杉
f0196109_1713209.jpg


ジャレ杉
f0196109_17134872.jpg


杉の巨木たちを見て楽しんだのちに分岐に出合い
そこから少し上がると太祖宮上宮につく

太祖宮上宮直下の石段を上る。
ここは急でキツイ。しかも石段は濡れてて滑りやすい。
手すりをしっかり掴みながら上っていきました。

因みにここは迂回路もあり、帰りは石段を下らず
迂回路を通ってくだりました。(下りでこの石段は滑り落ちそうだ~)
f0196109_17144070.jpg


太祖宮上宮
f0196109_1715432.jpg


奥ノ院へ向かう途中にある「はさみ岩」
何でも「善人にしか通れない」という岩である。

通れるかどうか?
結構「ここ」も滑りやすい
別に意味で無事通れるか心配。

慎重に鎖を掴みながら進み、無事皆通過できました。
f0196109_17152990.jpg


奥の院にてお水を頂き、若杉山山頂へ
ここでランチタイム。
f0196109_17155648.jpg


下山時にはとうとう雨が降ってきました。
時々レインを着ながらの下り。

前回の平治岳に引続き、今年2度目のレイン着用となっちゃいました。

「七又杉」「大和の大杉」を見たあと、道を間違えましたが
無事、再び若杉の楽園まで下りてきて、駐車場まで戻りました。

f0196109_17161820.jpg

[PR]
by coyotehana | 2013-06-23 17:06 | Comments(0)

くじゅう・平治岳 2013.06.09

湯坪の民宿にて清々しい朝を迎える…はずだったが、

よっちゃん&hirokoさんのパワーに負け
雨になっちゃいました。

民宿で作って貰った弁当を持って平治岳へ登るべく
吉部へと向かう。

f0196109_945892.gif
f0196109_95659.gif


奥の300円の駐車場に車を駐車。
レインを着て吉部の駐車場を出発する。

雨でレインを着るのは1年ぶりだろうか?

f0196109_96282.jpg


まだこの辺では雨はパラパラ。
そのうち晴れてくるだろう!…と期待しつつ林道を進む
f0196109_965290.jpg


やがて登山道へ
所々泥の中、注意しながら上る。でもまだこの辺は序の口。
f0196109_971358.jpg


再び林道に出合い、平治北登山口に向けて進む。
登山口にてお腹が空いたので、民宿弁当の御握りを半分頂き
これから迫る急登に備える。
(実際は予想以上のものでした)
f0196109_975353.jpg


直登コース・序章
f0196109_99699.jpg


ハシゴも出てきた。
この後にロープ箇所の急登も出現!これが滑る滑る!
写真撮る余裕もなかった。
f0196109_992678.jpg


ミヤマキリシマのお出迎え。
山頂はもう近いのか…と思ったが、まだまだでした。
f0196109_9103811.jpg


まだまだ続く急登。ドロドロの中、悪戦苦闘しながら登る。
滑る!登る!滑る!登る!
f0196109_911421.jpg


吉部より3時間。平治岳の山頂に到着。
周囲はガスで真っ白!
しかも強い風が吹いてて飛ばされそう。
f0196109_9113348.jpg


ミヤマは?
ほんとだったらミヤマでいっぱいの光景が見えるんだろうなぁ~
f0196109_912988.jpg


大戸越へ降りてきました。
ミヤマのピンクで染まった山肌…は見えません。
f0196109_9123281.jpg


大戸越から坊がつるへの下りもドロドロ。
もう笑うしかない。
レインの下は真っ黒。靴もドロドロ…
田んぼの中歩いてるみたい。
f0196109_9131564.jpg


吉部へ。
f0196109_9133722.jpg


ラスト急斜面の下りを経て駐車場まで戻ってきました。
f0196109_9134772.jpg


雨の中、ドロドロの登り下りでしたが
楽しい登りでした。
[PR]
by coyotehana | 2013-06-09 09:03 | Comments(6)

阿蘇高岳・中岳 2013.06.08


「こねぎさん」「よっちゃん」「そよかぜさん」「山馬鹿さん」「hirokoさん」「hirokoパパさん」「山たーちゃんさん」「うすきハッピーリタイアメントさん」と登る。

大阪から山友の「こねぎ」さんを迎えて
皆さんと1泊2日の楽しい登りをしてきました。

1日目は阿蘇。
砂千里ヶ浜より中岳、高岳へ登りました。

思えば2年前の冬、このコースより中岳を目指したのだが
火口からの火山性ガスが北風にあおられて行く手を阻まれて
あえなく途中で撤退したのだった。

私にとってはリベンジでもある。

f0196109_21132557.gif
f0196109_21133318.gif


ロープウェイの下の駅(あそさんにし駅)の駐車場に集合。
車2台に便乗して「かこうにし駅」手前の駐車場に移動して
ここから総勢9名でスタートする。

まずは砂千里ヶ浜を行く。
今日の風は?
冬の時期とは違い今日は南側の風!火口からのガスがこちら側へは来ない。
良かった~
f0196109_21144377.jpg


砂千里ヶ浜を過ぎ、ここから岩ゴロゴロの谷筋の急登へ入る。
前回はここで火山性ガスにより撤退した。
初めてのルートにドキドキ!
f0196109_2115572.jpg


岩ゴロゴロの急登です。
石を落としそうで怖い。帰りはズルッっといきそうでもっと怖そ~
何度か休憩しながら登りました。
f0196109_21161754.jpg


火口壁の稜線に到着。ここから稜線を歩き中岳へ向かう。
f0196109_21165643.jpg


稜線の右側には根子岳もくっきり!
いい形してますなぁ~
f0196109_1013492.jpg


そして左側には通ってきた砂千里ヶ浜、火口も見える。
スケールの大きい阿蘇に改めて感動!
f0196109_10342669.jpg


3週間ぶりの中岳にまたやってきました。
火口をバックに皆さんで記念撮影。
f0196109_21171376.jpg


中岳から…高岳へ行く前にまず月見小屋へ向かう。
前方には色鮮やかなミヤマキリシマが!

ピンクに染まった山肌が段々と迫ってきます。

今日は曇ってて写真ではその美しさが存分に現せないが
実際はホント素晴らしき光景!
f0196109_21191271.jpg


月見小屋の手前にて
ミヤマキリシマを見ながら昼食をとる。すごく贅沢~
f0196109_21193160.jpg


昼食後に東峰、天狗の舞台へ上がる。
f0196109_21202774.jpg


天狗の舞台
f0196109_21205715.jpg


美しきミヤマキリシマに足が進みません。
f0196109_21213047.jpg


分岐
f0196109_2122378.jpg


東峰からは根子岳、そして後方には祖母、傾山も望める。
f0196109_2125058.jpg


こちらは天狗の舞台より。
こちらも凄か~!いい時に来ました。
f0196109_21254220.jpg


天狗の舞台より改めて根子岳と祖母、傾山。
いいねぇ~
f0196109_21261467.jpg


ミヤマキリシマに囲まれて
(よっちゃんより写真をお借りしました)
f0196109_2127424.jpg


マイズルソウにもたくさん出会えました。
f0196109_21272558.jpg


何度もミヤマキリシマに染まった天狗の舞台を振り返りながら
一行は高岳へ
f0196109_21274237.jpg


稜線から再び急登を注意しながら下り、
帰りは砂千里ヶ浜の砂浜を直接通って戻りました。
f0196109_8522999.jpg


下山後は火口を見学。

そして本日、お泊り組は湯坪の民宿へ
温泉で癒され、美味しい料理にお酒を頂き、夜にはホタル鑑賞まで!
もう至れり尽くせり。

明日はくじゅうへ登る。
[PR]
by coyotehana | 2013-06-08 21:07 | Comments(0)

英彦山 2013.06.05

オオヤマレンゲの甘~い香りに魅せられて


梅雨入りしたが、梅雨っぽくない天気が続きますが
そろそろあの花も咲き始める頃です。

あの可憐で美しい姿は、まさに森の貴婦人。

そして甘い香りが何とも言えないそのお方は…

オオヤマレンゲ。

自宅から山で咲くオオヤマレンゲとしては
おそらく一番近いだろうと思う英彦山に今年も会いに出かけました。

コースは何時ものように豊前坊からスタート
北岳を経て中岳へと上がり、
参道、バードラインを通って豊前坊へ戻る。

地図
f0196109_8211375.gif


08:50 豊前坊~09:10 望雲台~09:35 溶岩の壁~10:17 北岳~10:46 中岳~11:20 行者堂~11:52 ウグイス谷コース分岐~観察路~12:01 分岐~昼食~13:00 豊前坊

豊前坊
f0196109_20271964.jpg


時間も早かったので、久しぶりに望雲台に寄ってみました。
鎖場を上がっていきます。
地面は乾いてたので難なく上れました。
f0196109_20553985.jpg


岩壁をトラバース。
何年ぶりかの望雲台だけど、すごいとこ通ってたんだな~
f0196109_2058217.jpg


ラストの鎖場。
ここを上がると凄い光景が楽しめる。
降りるのがチョイと怖~。下見ないと足かせ場所が見えんし…
f0196109_2101421.jpg


上がりきったとこが「これ」
絶壁です
f0196109_218546.jpg


北岳を経て中岳へ
その途中には満開のドウダンツツジに会えました。
f0196109_21361943.jpg
f0196109_21362683.jpg


中岳へやってきました。
f0196109_9255536.jpg


中岳ではニシキウツギも綺麗に咲いてました。
ヒコサンヒメシャラはまだ蕾
f0196109_21423963.jpg


ランチには時間的にまだ早かったので下山へ
参道、バードラインを通り
途中のバンガローのところで昼食をとりました。
f0196109_927672.jpg





オオヤマレンゲ

私が知ってる5箇所のオオヤマレンゲ

1箇所目はまだまだ蕾。青いものが殆どで見つけるのが大変でした。
再び咲いた姿で会えるのが楽しみです。
f0196109_18365259.jpg


驚いたのが2箇所目。
開花はまだ先じゃないか…と思ってたが、なんと!
2個も咲いてました。パチパチ!

久しぶり会えました。いい形してます。
そして香も…クンクン、いい香りです。幸せ~
f0196109_1837729.jpg


もう1個はまだ開き始め。たぶん午後には開いてんじゃないかな。
f0196109_18371266.jpg


3箇所目は木も小さく期待はあまりしてなかったが
1個だけ蕾を付けてた。

そして参道。
ここは小ぶりな木ではあるが、いっぱい花を咲かせてくれる。
もう5個も咲いてました。
f0196109_18372684.jpg


ちょっと高い位置にあるので写真もクンクンも難しかったが
元気いっぱい空に向けて咲いてる姿が何とも美しい。

蕾もたくさん!ここ数日中にもっと咲くかも。
f0196109_18373424.jpg


オオヤマレンゲは咲き始めたばかり。
まだまだ楽しめます。
[PR]
by coyotehana | 2013-06-05 18:37 | Comments(0)

黒髪山 2013.06.03 

クロカミランに会いに行く

黒髪山のクロカミランが
もう咲いている!…という情報を得たので
これは居ても立ってもいられず早朝より車を飛ばして黒髪山へ行ってきました。

天気も
梅雨には入ったけど今日は梅雨らしくなくお休みで「晴れ!」
お花見にはもってこいである。

何時もは竜門ダムからのスタートであるが
今日の目的はクロカミラン!チョイと楽して乳待坊展望台に車を駐車、
最短距離で登った。

乳待坊展望台
f0196109_1630471.jpg


ここからは登るのは初めて
乳待坊展望台から車道を暫く上がっていくと登山口見っけ!
ここから200mほど登山道を上がっていく。
f0196109_16365279.jpg


石段を黙々と上がっていきます。
f0196109_16372724.jpg


やっぱり近いですね。10分ほどで早くも見返峠に到着しました。
f0196109_16405911.jpg


今日は晴天だけど、梅雨に入ってるせいかジメジメしてる。
また昨日まで雨降ってたせいで、道もまだ濡れてて所々滑りやすい。

そんな中、ヤマツツジが綺麗に咲いていました。
f0196109_16453064.jpg


鎖やハシゴを使って天童岩へ
確か…この前ハシゴを登った時は、木の枝がザックに当たって上りにくかったけど…
枝は取り除かれたのか…問題なく上れた。
f0196109_16461190.jpg


天童岩手前
f0196109_16481796.jpg


天童岩到着
f0196109_16485015.jpg


有田焼で出来たプレート
今日は視界も良く展望も素晴らしい。
ホントここは「登った~」って実感があるある。
f0196109_16503688.jpg


こちらは岩場から見た青螺山
いいねぇ~
f0196109_16513216.jpg


誰もいない黒髪山の山頂。
暫くの間、岩場で日光浴してました。

昼前には下山。
その後は黒髪の森温泉に立ち寄る。

そして、今日出会った花!クロカミランです。

小さくて、ホント可愛い花です。
今年も出会えて良かったです。

f0196109_16553894.jpg


f0196109_16555571.jpg


f0196109_16561124.jpg


f0196109_16562538.jpg


f0196109_16564266.jpg

[PR]
by coyotehana | 2013-06-03 16:36 | Comments(2)