<   2013年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

天山 七曲峠から登る 2013.09.29

今日は「自然を歩く会」の例会外企画として
総勢15名で七曲峠から天山へ登った。

花の観賞登山ということで企画したのだが
本日の天気は曇り時々雨
ガスも出てて周囲は真っ白状態であった。

天山へ向かう縦走路から見た眺望
ほんとなら麓の佐賀平野がくっきり見えるのだが‥
時折雲の隙間から薄っすら見えるくらい

山頂からの展望も
視界が良ければ雲仙もホント近くに見えるのだが
真っ白で見えません。

f0196109_1685586.jpg


山頂もこんな感じ

f0196109_1692363.jpg


それでも、こんな天気でも‥
ちゃんと花は見せてくれました。

ムラサキセンブリもほら!
まだまだこれからですけど、ちゃんと出会えました。
f0196109_16102875.jpg


風もあり、少々寒かったのですが
山頂で昼食をとりました。
皆でポーズ(写真お借りしました)
f0196109_16115312.jpg


七曲峠までの戻りはそんなに雨にも遭わず
滑る岩場の下りに注意しながら下りました。

下山後は三瀬温泉のやまびこの湯に寄る
f0196109_1613175.jpg

[PR]
by coyotehana | 2013-09-29 16:01 | Comments(2)

天山 2013.09.27

下見を兼ねて、再び天山へ
今日は9合目の天川駐車場から登る。

1年ぶりに来てビックリ!
トイレが新しく出来ている。お洒落なトイレ
f0196109_9151150.jpg


まだ時間も早かったみたいで車は1台も止まっていません。
1番乗り~
登山口よりスタート
f0196109_9185123.jpg


今日の天気は快晴ではあるが、冷たい風が吹いてて少々肌寒い
やっと秋の気配を感じるようになってきました。

石がゴロゴロした登山道
山頂までは20分ほどで登れます。

山頂にはまだ誰もいません。
実はこのあと、小城の中学校が遠足?で登ってきて
お昼頃には埋め尽くされちゃいました。

しばし静かな一時

f0196109_9231229.jpg


前回来た時よりもトリカブトは多く咲いてました。

マツムシソウも少し残ってます。

センブリなどはこれからでしょうか?

時間があったので雨山まで足を伸ばしてみました。

天山から下る頃から上がってくる中学生一行と出会いました。
ゾロゾロ

全校生徒400名ほど…

ゾロゾロ

やがて雨山への上りに入り、静かになりました。

天山を振り返ってみると
ゾロゾロ上っていく様子が見えます
f0196109_9295296.jpg


雨山山頂
f0196109_9273190.jpg


今日は視界も良く
多良の先の雲仙までくっきり見えてました。

井原山よりもホント近くに見えます。
f0196109_929681.jpg


再び天山まで戻り、中学生集団の間をすり抜け
駐車場まで帰りました。

本日出会った花たち

タンナトリカブト
f0196109_9315231.jpg


マツムシソウ
f0196109_9321290.jpg


リンドウ
f0196109_9323057.jpg


終わりかけのウメバチソウ
f0196109_9325130.jpg


これから出てくるムラサキセンブリとセンブリ
f0196109_933329.jpg
f0196109_9333956.jpg


他にもアキジョウジやオミナエシなどのお花に出会えました。
[PR]
by coyotehana | 2013-09-27 09:13 | Comments(2)

井原山 №202 洗谷より登る 2013.09.23

この前の大雨で登山口に通じる車道が土砂崩れがおきてて
基本的には全面通行止めとなっているが
条件付で通れることがこの前分かり、正面からのルートも登れることを知った。

そこで久しぶりに洗谷ルートへ、自然を歩く会のメンバー2人と
登ることになった。

8時半前にはキトク橋にある瑞梅寺登山口の駐車場に到着
さっそく準備してスタート

洗谷の登山口へ向かう。

f0196109_8285392.jpg


今日も天気はよく、まだまだ残暑も厳しく暑そうだ!
この前は山の中でツクツクホウシが鳴いていたが
今日はなんとミンミンゼミが鳴いている。
まだ夏の気分

洗谷ルートは井原山で知られているルートの中で
一番の健脚コース。

沢沿いを上がっていくコースで
大小さまざまな滝もあり、変化に富み楽しめる。

f0196109_8321344.jpg


ロープ箇所の急斜面も幾度となく出合います。
落ちないようにヨイショ

f0196109_8333094.jpg


頑張って登っていきます
道沿いには秋の花がいろいろと咲いてます。

アキチョウジ、ツリフネソウ、キツリフネ、ヤブラン
その他いろいろ

あとで尾根ではツルニンジンも見られました。
f0196109_8342066.jpg


差し掛かる日差しが沢の流れに反射して
綺麗に光ってて何とも言えません。

f0196109_8364884.jpg


無事に尾根に上がり、ピーク一つ越えて山頂へ
山頂では意外とたくさんの人が登ってきてました。

視界はあまりよくなく天山が見えるくらい
昼食をとっていると一時的にガスも出てきました。

f0196109_8392189.jpg


下山は正面の井原山自然歩道を下る。


途中、アンノ滝に寄ってみました。

アンノ滝では黄色い花のオタカラコウもいっぱい咲いてます
クロアゲハも忙しそうに飛びまわってました。
f0196109_8412448.jpg


流れる滝の水が気持ちよさそう
f0196109_8415938.jpg


今日も楽しめました。
[PR]
by coyotehana | 2013-09-23 08:20 | 井原山 | Comments(0)

ツルリンロードと二丈岳 2013.09.21

2年前だったか‥羽金山を縦走した時に
登山道沿いにツルリンドウの群生を見つけた。

ツルリンドウは既に紅い実になってたが
その量が半端じゃないこと!

ツルリンドウの花はそんなに珍しいものではないが
これが縦走路沿いにずっと200~300mもの範囲に渡って群生しているともなると
これは見ものである。

私はこの道をツルリンロードと名付け(勝手に付けちゃいました)
昨年の9月1日、ツルリンドウの花を見るために荒川峠より入ってみた。

ところが何処にもツルリンの花は見当たらず。

まだ早かったのかもしれない

しかも冬場の縦走路とは景観は全く変わっており
草も生い茂ってて道も分かりにくくなっており
道を見失ってしまって迷子になった次第。

リベンジと言うことで再びこの地にやってきた。


今回は迷子になっても、ちゃんと帰れるようにGPSを用意
ドリンクも余分に用意して荒川峠より入った。

果たしてツルリンは見られるのか?

荒川峠から入って15分、目的地に到着。

開花したツルリンが群生している様子は見られない。

でも、よ~く見てみると
ポツリポツリと咲いているではないか!

やっと会えたね。

200mほどの距離の間に30輪ほど咲いてました。

f0196109_20504583.jpg


まだまだ殆どが蕾の状態で、しかもその蕾はまだ小さい。

これから咲くのでしょう。

f0196109_20512998.jpg


昨年来たときはまだ早かったのね。

もう少し時季をずらしてまた来てみよう!





ただ、今さらですが‥
ツルリンって咲いてもあまり目立たないね。

確かにここは多いけど、ピーク時の見応えはどうだろう‥



このあと、そのまま帰る予定であったが
ツルリン鑑賞中に同じ会のHさんからメールが入る。

内容は「二丈岳の登山道は大丈夫でしょうか?」

この前の大雨は凄かったですからね~
井原山の登山口へ向かう車道も土砂崩れになってるから
もしかしたら‥ってことも。

しかし、なんとタイミングの良いこと

二丈岳って、ここから目と鼻の先じゃん!

‥というわけで、予定にしてなかった二丈岳に
ちょいと様子を見に登ってみた。

二丈岳へ

荒川峠に戻ったのち直ぐに車で「木の香ランド」へ移動。
ここに車を止めてスタートする。

二丈岳直下の登山口まではここからてくてく林道歩き。

f0196109_20535920.jpg


9月下旬ともなるのに残暑は厳しく、
意外と長かったこの林道は少々つらいものあり。
近くではツクツクホウシがまだ鳴いてるぞ~

f0196109_20541764.jpg


木の香ランドから林道を歩くこと20分、登山口に到着。
ここから山頂まで急登の上り

f0196109_20543444.jpg
f0196109_20544024.jpg


この辺から二丈岳に登る人たちに出会うようになる。
あるグループはゆらりんこ橋から上ってきたようだ。

f0196109_20545421.jpg


木々の中の急登

結構キツイものであるが
今日は調子が良くて、休憩せずに一気に山頂まで登る。

f0196109_20551584.jpg


13分ほどで直下の二條城跡に到着。
岩場の上の山頂は直ぐ上。

暫く二丈岳には来てなかったけど
この二條城跡のそばに山頂プレートが出来てた。

f0196109_20553032.jpg


山頂から見下ろして見える山頂プレートです。

f0196109_20555031.jpg


久しぶりの二丈岳からの眺め

良いですね~

f0196109_2056832.jpg


少し眺望を楽しんだあとに下山

元来た道をまだ戻りました。
[PR]
by coyotehana | 2013-09-21 11:44 | Comments(0)

井原山 №201 三瀬峠より登る 2013.09.20

この前の大雨で井原山の登山口へ通じる車道が
土砂崩れにより全面通行止め。

これにより瑞梅寺登山口からの井原山自然歩道、水無ルート、および洗谷ルートの
北側から登ることが出来ない。

そこで三瀬峠から山頂を目指してみた。

9時半に三瀬峠に到着。
来てみてビックリ!駐車スペースには既に車がいっぱい!

「北側から登れないから、みんな三瀬峠から登ってるんだな~」と思ったが
山頂に着いてみると殆ど誰もいない。
この車の人たちは金山へ登ったんだろう。

f0196109_11351343.jpg


アップダウンを繰り返しながら徐々に高度を増し山頂へ向かう縦走路
結構距離も長いが、山頂まで殆どがブナなどの樹林帯の中を行くので
暑い暑いこの時季、日差しは防げます。

f0196109_11353468.jpg


45分ほど歩き「新村分岐」に出合う。
気持ちはここから水無に下って、水無経由で山頂に上がりたいが
この暑さ‥そんな体力はない。無理はしません。
そのまま縦走路を直進!

f0196109_1135526.jpg


やがてミツバツツジの木々が見え始め視界も開けてきた。
久しぶりの山頂へ

f0196109_11362146.jpg


思えば‥オオキツネノカミソリの時以来です。

南アルプスから帰ってきて初めての井原山だよ~

帰ってきたよ~!

f0196109_11362943.jpg


今日の山頂からの視界は
やや霞んででて、多良岳が見えるか見えないか‥って感じ。

瑞梅寺ダムの左側では土砂崩れの跡が見える。
ダム向こう側の車道も全面通行止め
f0196109_1144182.jpg


山頂で早めのランチをして
少しゆっくりしていると‥常連のTさんが登ってきた。

「何処から登ってきたんですか?」

「洗谷。」

「えっ、全面通行止めのところは?」

確かこの前様子を見に行った時(この前の日曜日に見に行った)には
通してもらえなかったのに。

何でも、キトク橋(瑞梅寺登山口)まで自己責任ということで
通してもらってきたらしい。

ただし、石が落ちてきても自己責任

その後、水無からも登ってきた方がいた。

水無鍾乳洞駐車場までの林道も崩れた箇所はなく
ちゃんと車で通れたらしい。

絶句


今度は正面から登ろう。

暫く山頂で話などをしたのち下山。

元来た道を戻り、車を置いている三瀬峠まで帰った。

帰り道、縦走路ではツルニンジンも咲いてました。
f0196109_11451466.jpg

[PR]
by coyotehana | 2013-09-20 17:10 | 井原山 | Comments(4)

黒髪山 2013.09.16

ほんとは井原山に登る予定だったが
この前の大雨で登山口へ向かう道路が土砂崩れで全面通行止め
当分、井原山へは(北側からは)登ることが出来ない。

さて、何処に登るか?

山頂からの見晴らしが良い黒髪山へ
自然を歩く会のメンバーらと登ることにした。

9時前には竜門ダムの登山口がある駐車場に到着。
見返峠を経て山頂でもある天童岩を目指す。

f0196109_19515662.jpg


この前の大雨の影響で川もやや多めかと思っていたが
そうでもなく、むしろ少なめに流れていた。

でも水は綺麗で、「ハヤ」などの小魚が気持ちよく泳いでいた。

f0196109_19552816.jpg


40分ほどで見返峠に到着
ここで小休憩。

f0196109_19565516.jpg


見返峠から稜線上を進んでいくと
雄岩と雌岩が望める場所に出合う。

今日は天気は良いが、台風の影響で風が強い!
このあと雌岩まで寄ってみるが‥岩場から突風で落ちないかヒヤヒヤ。

f0196109_200413.jpg


天童岩直下の鎖場を上る。
帰りはここをまた通りたくなかったので
下山は別ルートで戻る。

f0196109_2012522.jpg


山頂到着。

か、か、風が強い!

岩の上には立てません。

f0196109_2033951.jpg


天気もよく展望はすばらしいが‥風が強くて落ちそう。

ここでガスは使えないので(風が強いから)少し下って昼食をとることにした

f0196109_2034781.jpg


下山は後黒髪方面へ下り、後の平を経て竜門ダム登山口まで降りることにした。

どこか途中でランチしたいところだが
風があって、なかなか食事できない。

後の平はどうだ~
ここも風がありますなぁ~

ここから「竜門ダム~見返峠」間の「二俣」に下っていく。

f0196109_1651933.jpg


荒い下り道
もう少し、もう少し‥と下っていくと
とうとう二俣まで降りちゃった。

綺麗な川も流れてて、風もなし!
ここでランチにする。

一緒に登った先生お手製のサンドイッチをいただきました。
それとスープにノンアルコール麦酒まで
ありがたや~幸せなランチでした。

f0196109_16564568.jpg


下山後は黒髪の森温泉へ
ニュルニュルの温泉につかりました。
[PR]
by coyotehana | 2013-09-16 19:45 | Comments(0)

俵山 2013.09.13

先週末からマツムシソウを見に万年山や天山に出掛けてみたが
あまり期待にはこたえられず、花は少なかった。

ちょいと不完全燃焼気味な私。

もう、こうなりゃ沢山咲いているであろう山に行かなきゃ!
‥というわけで阿蘇外輪の俵山へ登ってきた。

5時前に自宅を出発。
下道をトロトロと走行し、途中の益城で朝食をとったのち
8時半には俵山峠にある駐車場に着いた。

ここに車を止めて山頂目指して登ります。

俵山へは10年前に地蔵峠から縦走した時以来で
俵山峠から上るのは今回が初めてである。
山頂までの道のりなんかは、すっかり忘れてて覚えてない。

とりあえず駐車場から案内に従い展望所に向けて上がっていきました。

f0196109_16402416.jpg


f0196109_12561649.gif


08:47 俵山峠駐車場~08:49 展望所~09:09 分岐~09:13 ベンチ~09:16 迂回路分岐~10:04 俵山分岐~10:09 山頂 10:15~11:07 駐車場

f0196109_12563038.gif


付近には風力発電所の塔があちこち建っている。
羽がグルングルンと廻ってて、近くで見るとその迫力が凄いこと!

展望所付近から案内に従いいよいよ登山道に入る。

f0196109_7422893.jpg


ススキの中に切り開かれたような道を進んでいくと、その先には急登
9月に入ったと言うのに今日も暑く、この急登は堪えます。
気合で上がっていくと、駐車場や展望所が段々と小さく見えてきた。

f0196109_16412493.jpg


急登を上りきると前面にススキ原
背高く伸びきったススキの中の道を進んでいく。

まだまだ暑さは厳しいが、何だか少しばかり秋を感じますね。

f0196109_16421527.jpg


展望所から20分くらいたった頃、分岐らしきところに出合う。
案内には山頂まで65分と書かれている。
思ったよりも時間がかかるんだなぁ~
この暑さだけに山頂までが遠く感じます。

f0196109_16425016.jpg


案内板とベンチが設置してるところに出合う。
マツムシソウにはまだお会いしてません。
どこに咲いてるんだろう‥

万年山も天山も少なかっただけに、ここもあまり咲いていないじゃないか?
心配になってきました。

ここから暫く樹林帯の中、木陰が続き、
少しばかり暑さがしのげます。

f0196109_1643791.jpg


少し進むと「一般コース、迂回コース」と書かれた分岐に出合う。
正面の一般コースには‥いかにもきつそうなガンギの急登が見える。
「迂回」ということは幾分楽かもしれないが、距離と時間が掛かりそうな気がしたので
ここは「一般コース」を上り、帰りに「迂回コース」を通ってみることにした。

「一般コース」は長いガンギが続きました。
何度か休憩しながらの上り。

f0196109_16433949.jpg


「迂回コース」と合流したのち、その先にはまたまた分岐。
案内にはどちらからでも行けそうな感じだが、素直に真っ直ぐ行くことにした。
植林帯を抜け、やがて視界がパッと開けてくると気持ちの良い尾根筋が見えてきた。

前方に見えるのは俵山。
ラストの上りが待ち構えてますなぁ~

f0196109_16442747.jpg


この辺からやっとマツムシソウに会うことが出来た。
お初にお目にかかります。

ポツリポツリと咲くマツムシソウ。
中には散ってるものもある。

f0196109_16445962.jpg


いいですね。

f0196109_16451313.jpg


散策を楽しみながら歩いていると
何やら白いマツムシソウがあるではないか!

周囲は青いものばかりなのに
2輪だけ白いのがポツリと咲いてました。

色が抜けたものなのか?
そういう花なのか分からんが‥

真っ白なマツムシソウは初めてです。
色はないが何だか綺麗で美しく感じます。

幸せな気分になりました。

来て良かった~

f0196109_16453559.jpg


ラストの上り。木陰は無くもろに日差しを浴びて暑い!
上り途中で振り返ってみると、通ってきた道筋が見えてました。

f0196109_16461275.jpg


上りきったところで分岐。
山頂へはここで縦走路と分かれて向かいます。

f0196109_16463376.jpg


先にはずっと伸びる縦走路。護王峠、冠ガ岳と続きます。
阿蘇外輪山の雄大さを感じます。

f0196109_922565.jpg


俵山の山頂到着
f0196109_16465019.jpg


山頂広場にはマツムシソウがいっぱい!

あっち寄り、こっち寄り~
まるで蝶か蜂かのように各々のマツムシソウに寄り
写真を撮りまくりました。

f0196109_16473324.jpg


初めてなので今年は多いのか、少ないのか、
私には分かりませんが‥

たくさんマツムシソウが見れて良かったです。

帰りは元来た道を戻りました。

その他に出会った花たち
f0196109_1647575.jpg


ハガクレツリフネソウ
f0196109_16482257.jpg


ナンバンギセル
f0196109_16483593.jpg


下山後は久木野温泉に立ち寄り
温泉に入って帰りました。
[PR]
by coyotehana | 2013-09-13 12:54 | Comments(0)

天山 七曲峠より登る 2013.09.11

月末にこのルートから散策しながら登るので
今日は下見を兼ねて久しぶりに行ってみた。

f0196109_12541210.gif


09:43 七曲峠登山口~11:53 山頂~13:02 登山口

f0196109_12544672.gif


9時半に林道十字路の七曲峠に到着。
登山口はこの十字路から少し林道を上がったところにある。

平日でまだ時間も早かったので
まだ車は1台も止まっていなかったが
下山時には貸切バスで来られた集団とすれ違った。

登山口
f0196109_1330995.jpg


今日は久しぶりに暑さが戻ってきた。
登山口から山頂まで、約1/3までの距離は樹林帯の中を縦走していくので
木陰の中、幾分かは暑さがしのげる。

f0196109_14162958.jpg


よく整備された登山道。
ガンギも所々出合います

f0196109_14172890.jpg


やがて樹林帯を終えて、これより暑さとの戦いだ!

f0196109_14192922.jpg


山頂はまだ向こうの方。
ガスが出てきたかな。一時的でしたが、暑さはしのげました。

f0196109_14214764.jpg


やがて笹原が増えてきて
お花たちがお出迎えです。

本来ならこの時季、マツムシソウが多く見られるのだが‥

ちょっと少ないです。

この前の万年山もそうでしたし‥今年は猛暑のせいで少ないのだろうか?

ピンポイントでマツムシソウが咲いてました。
f0196109_1426563.jpg


笹原の中、山頂に向けて散策しながら進んでいきます。

モウセンゴケがありました。
f0196109_14272673.jpg


ほとんどのものが花期を過ぎてましたが
別の場所で花を付けてるものがありました。

小さくて白い可愛い花です。
写真撮るのが大変。
f0196109_14292812.jpg


f0196109_14392149.jpg


トリカブトはまだ殆どのものが蕾の状態で
開花はもう少し先のようですが‥

あるところにはあるもんで、
気の早いトリカブトが花を咲かせてました。

猛暑にも負けず元気に咲いてました。
f0196109_1437964.jpg


他にもツルリンやサイヨウシャジン、オミナエシなどの花も咲いてます。
f0196109_14382167.jpg


下山時にはヤマホトトギスも見られました。
f0196109_143938.jpg


山頂
f0196109_14394146.jpg


弁当は持ってきてましたが日差しが戻ってきて
暑かったので、さっさと下山することに!

下山後は三瀬温泉に寄って温泉につかって帰りました。
[PR]
by coyotehana | 2013-09-11 12:51 | Comments(0)

万年山 2013.09.07

毎年この時季に
万年山へマツムシソウの花を見に出かけている。

今回も、私が所属している「自然を歩く会」が
丁度、万年山の近くの伐株山の麓でキャンプすることになり、これに便乗。

午後からのキャンプ待ち合わせの前にちょいと万年山へ登ってみた。

8時頃に吉武台牧場の登山口がある駐車場に到着。
午後から天気が崩れるとの予報だが、ただいま快晴状態。
早速準備してスタートする

f0196109_12152458.gif


08:14 吉武台牧場登山口~08:34 非難小屋~08:46 山頂(散策)09:01~09:40 登山口


登山口にゲートがあり、ここからは車の乗り入れは禁止。
牧草地帯に向けて道を上がっていきます。

f0196109_1049375.jpg


牧草に上がる道沿いには自生ではないが
ヒゴタイが咲いてます。
ちょいとピークを過ぎているのもある。

f0196109_1050473.jpg


ヒゴタイと一緒にススキも出てました。
まだまだ暑さが続きそうですが、山はもうすぐ秋が近づいているのでしょうか

f0196109_10511097.jpg


牧場の中を進んでいきます
f0196109_10514341.jpg


正面に万年山が見えてきました。
f0196109_105289.jpg


非難小屋の横を進む。
ここにはトイレも水場もあります。

f0196109_10524064.jpg


おっと!ミヤマキリシマがポツリ咲いているではないですか~
猛暑で狂っちゃいましたか?

f0196109_1053576.jpg


これより急登のガンギに入ります。
f0196109_10535458.jpg


山頂までのこのガンギはきついです。
しかも暑い!倒れそう~

f0196109_10542228.jpg


踏ん張って山頂に到着。
時間が早かったのか‥誰も居ません。山頂一人占め

f0196109_1054457.jpg


横長の台地の万年山の山頂。
この広々とした台地の向こうには形良い山容の湧蓋山も見えまする。

そして山頂にはたくさんのマツムシソウが咲いてるはずなんだが‥

f0196109_10561628.jpg


マツムシソウはポツリポツリと咲いてました。
f0196109_10563710.jpg


どうしたことでしょう。今回はホント少ないです。
猛暑で負けちゃったのかな?

去年も一昨年もユウスゲの花が咲いてたので
今回も楽しみにして登ってきたのですが
1本も見ることが出来ませんでした。残念です。

f0196109_1056432.jpg


ワレモコウ
ベンチの近くにほんの気持ち咲いてました。
f0196109_10571318.jpg


他にもママコナ
f0196109_10573115.jpg


期待外れでちょいと残念というか‥
寂しい気分になってしまいました。


天気が良かった分、良しとしよう!
ガンギを下る途中からは伐株山(手前)も見えます。
今日はこの近くに泊まります。
f0196109_10591932.jpg




下山後は温泉へ

源泉掛け流しの「万年の湯」へ
f0196109_1101166.jpg


なんと料金は100円!
f0196109_1103357.jpg


石鹸やシャンプーは勿論ありませんが
岩風呂の露天風呂が二つもあります。

まだ時間も早かったのか‥ここでも私一人占め。
気持ち良かったです。

f0196109_111669.jpg


そして今夜は伐株山・憩いの森キャンプ場に泊まる。
[PR]
by coyotehana | 2013-09-07 10:48 | Comments(0)

井原山 途中で撤退 2013.09.05

今年の夏は暑かった。
猛暑が続き、とても近場の山に登れたもんじゃなく
この暑さが収まるのをじっと待っていたが‥

8月下旬から今度は大雨になり
気温は下がったものの天気は不安定で
連日のように鳴り響く落雷が続いた。

それもやっと落ち着き、今日は久しぶりにお天気マークが付きました。
登ってみようかなという気持ちにもなり
久しぶりに井原山へ様子を見に出かけてみた。

様子‥と言うのは、大雨警報を出てた時に
テレビで流れていた災害情報で「瑞梅寺池田線」
(井原山の瑞梅寺登山口へ向かう道路)が土砂崩れで通行止めと出てたからだ。

この雨は凄かったからなぁ‥

登山口まで車で行けるのか?

登山道は崩れてないか?

お弁当を持って出かけてみた。

車で瑞梅寺ダムに差し掛かったころ
「通行止め」の板が見えてきた。

「ここだったんだね」

山の斜面が崩れてて
今にも落ちそうな木が残って見える。

交通整理している方に聞いてみると
雨が止んで今は崩れるのが収まってて、片側通行で通している。
(因みに昨日までは地元の方以外は一般車両は通行止めだったらしい)

ダムの向こう側から上がる道路も現在通行止め

登山口へ向かう道はここしかない

しかも、また崩壊が始まったらここは再び通行止めになり
井原山に登ってる最中に崩れたら当然帰れません。

でも今日は天気が良いから大丈夫だろう。
崩壊箇所を横目で見ながら通っていく。
f0196109_14422898.jpg


登山口に着くと車はいっぱい。
常連さんの車も見える。(洗谷から登ったのだろう)
丁度スタートするグループもいた。
f0196109_1444787.jpg


早速準備して私も出発
林道を暫く進んでいくが、所々石がゴロゴロしてる。
流されて来たのだろう。

登山道は大丈夫だろうか?

もう一つ気になってたのが‥
このところ続いた大雨で川も増水してるようで
何箇所かある川の徒渉が出来るかどうかだ。

車で移動中に見た川水は結構増水してるようだった。

案の定!林道終点後、最初の徒渉箇所はいつも以上に増水してた。

流れも早くなってたが、何とか水面から出てる岩を選び選び
ここはクリア。

林道を横断し、気になってた杉の植林帯も崩れている様子はなく
ホッとしながら登っていく
f0196109_14521649.jpg


やがて2番目の徒渉地点
右岸から左岸に渡るところで
普段はそんなに水はないところだったと思うが‥
増水してる。

ちょっと深そうであり、ジャンプするには遠いし
これは難しい。

行けないこともないかもしれないが
ここでずぶ濡れなったら洒落にならん。

しかたなくここで撤退。
f0196109_14553776.jpg


先ほどの川を避けるため
少し遠回りして林道終点地点まで下り、戻りました。

今後、雨が収まればまた近々行けると思うが
また大雨でも降ったら分からないですね
[PR]
by coyotehana | 2013-09-05 14:46 | 井原山 | Comments(0)