「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

虚空蔵山 2014.08.31

午前中は大村の郡岳に登ったが早めに下山出来、
久々の良い天気、このあとそのまま帰るのも勿体ないので
虚空蔵山へはしご!登ることにした。

虚空蔵山は長崎県の川棚町と佐賀県の嬉野町の県境付近に位置する山で
川棚町から見える尖った山容は長崎のマッターホルンとも呼ばれている。

2006年に川棚側から一度登ったことがあるが、GPSのデータをその当時は取ってなかったので、今回同じルートを改めて登ってみた。

アクセス
郡岳を下山し、国道34号線に出て一路北へ向かう。
東そのぎインターから降りて来た場合、最初に出合う交差点にて国道205号線に入る。
川棚にて国道から県道4号線に右折、少し進んで役場前にてすぐ右折、更に県道4号線を進んで行く。
その後、「虚空蔵山、日向の棚田、6km」の案内に従い県道106号線へ右折する。

f0196109_22384976.jpg
県道106号線を進んで行くと虚空蔵山の山容が見えた。
あの形はまさにマッターホルン。いい形してますね~
f0196109_22462288.jpg

暫く走ると「木場登山口」と「岩屋登山口」の分岐に出合うが
ここは「木場登山口」へ行くので左側の道へ行きます。
f0196109_22390875.jpg
日向の棚田を通り、水くみ場を過ぎて急な道を上がっていくと林道に出合い
そこに木場登山口がある。
f0196109_22392513.jpg

f0196109_22084094.gif
12:21 木場登山口~12:30 新道分岐~13:02 山頂 13:26~13:31 峠(不動山分岐)~13:45 木場登山口

f0196109_22085948.gif
スタート前にまずはお昼。
持ってきたパンと虚空蔵山から降りてきて丁度お昼をとってたおじさんから頂いたバナナを食う。
f0196109_22542888.jpg
登山口から杉の植林帯の中を上っていく。
ここの道の石は滑る。特に下りの時はズルッ‥といきそうで、ペースも緩くなっていきます。
f0196109_22543964.jpg
そのうち分岐に出合いルートの選択。
左は家族連れコース(旧道)、右は冒険コース(新道)
前回もそうでしたが迷わず冒険コースを選ぶ
f0196109_22545115.jpg
冒険コースに入り、まずは石畳を上り‥かと思えば下り。
ハシゴに出合い上り‥かと思えば、上った先でまた下る。
このルート上る気があるのだろうか‥と思わせるルート(この辺までは)
しかも山頂から遠ざかっていくように思える。

実際、地図でルートを見てみると西側へ離れていくように巻いていき、
寺屋敷跡付近からやっと山頂に向けて枝尾根を上がっていくようだ。
f0196109_22550556.jpg
その枝尾根。冒険コースの険しさがここから始まる。
f0196109_22551412.jpg
鎖場。冒険コース最大の難所。長いです。
鎖だけでなく、木や岩を上手く掴んで上っていきます。
f0196109_22552731.jpg
ヤセ尾根を通過し、家族連れコース(旧道)と合流する。
あとほんのちょっとで山頂である。
f0196109_22554146.jpg
久しぶりの虚空蔵山の山頂につく。
f0196109_22555109.jpg
ここからの眺めも最高です。
先ほどの郡岳からの眺望とは左右反転して大村湾が右側に見えますね。
あの向こうに見える多良山群手前にある山は先ほど登った郡岳かな。
3時間半前にはあっちに居たんですね。我ながら関心。
f0196109_22560029.jpg
山頂で暫く眺望を楽しんだのち下山。
下りは家族連れコース(旧道)を降りていきます。
先ほどの分岐から思いっ切り下りです。
f0196109_23131839.jpg
道が緩んだとこで岩屋登山口との分岐に出合う。
そしてこの先にロープ箇所の下りが待ってた。
f0196109_23145068.jpg
ここは怖い。ズルッといきそうで慎重になります。
家族連れコースにしてはハードな気もします。
(下側から見たロープ箇所の斜面)
f0196109_23161614.jpg
ひたすら下っていきT字路にて峠、不動山登山口との分岐に出合う。
f0196109_23183731.jpg
あとは新道との分岐まで下り、登山口まで降りていった。

下山後は川棚大崎温泉の「しおさいの湯」に立ち寄る。
ここの大浴場は展望風呂で眺めが素晴らしい。

大崎半島の展望箇所からは湾を挟んで虚空蔵山が望めました
f0196109_23265323.jpg

[PR]
by coyotehana | 2014-08-31 13:07 | Comments(2)

郡岳 2014.08.31

今年の夏は長雨でなかなか山には行けず、じ~っと我慢してましたが、
日曜日の今日、やっと天気は「晴れ」マーク!
久しぶりに山へ出かけてみた。

どうせ行くなら、ちょいと遠くの山へ!
以前から登ってみようと考えてた大村の郡岳へ登ることにした。

郡岳は長崎県大村市にある、多良山系に属する山であり、2011年に発行された「九州百名山地図帳」により九州百名山に新しく仲間入りした山でもある。
初めて登る山なので不安もいっぱい!ワクワク状態!これがたまりません。

久々の登りで早朝から気分はもう爆発状態!
4時半には自宅を出て、三瀬峠を越え、下道を通り鹿島経由で7時前には大村に入る。
大村のすき家でから揚げ朝食をとり、力を付けたあとは
郡岳に向けて車を走らせる。

今回、私は下道で行ったが、高速を使った場合のアクセスは、
長崎自動車道の大村ICを降り、国道34号線に入る。
国道を北に走らせJR松原駅前にある「野岳入口」の交差点にて右折。
県道6号を野尻湖(または大村湾カントリークラブ)に向けて上がっていく。

郡岳には「南登山口」「西登山口」の二方向から登ることが出来、
どちらかに車を止めて登れば短時間で登れるのだが、
今回、双方の道を知りたかったので南登山口から上り、西登山口に下る。
スタートは少し遠くなるが野尻湖のキャンプ場管理棟前の駐車場に車を止めて出発することにした。

f0196109_23334970.jpg

f0196109_07361936.gif
07:40 駐車場~08:12 南登山口 08:17~08:27 林道出合~09:07 坊岩分岐~09:23 郡岳 09:36~09:50 坊岩~10:28 南登山口~10:51 駐車場
f0196109_07373576.gif
早速準備してスタート。
県道を少し進んで、その先の分岐にて右側の車道へ入り
野尻湖畔沿いの道を行く。
前方には郡岳が見えてます。随分遠くに見えるなぁ~
f0196109_23434777.jpg
右側に野尻湖を見ながら車道を進んでいく。
今日はホント良い天気だ!
何だか忘れてた夏が帰ってきたみたい。暑くなりそうだ。
f0196109_23450720.jpg
萱瀬ダム分岐にて左折。案内に従い南登山口に向けて舗装路を上がっていきます。
駐車場から南登山口まで3km弱。ん~結構距離あったなぁ~
f0196109_23405847.jpg
スタートからおよそ30分後にトイレが設置されている南登山口に到着。
いよいよこれから登山道に入る。
虫除けにスキンガードを全身吹き付けスタート!
f0196109_23411071.jpg
登山口から入ってすぐ急登だが、そんなに長くは続かない。
そのうち視界が明るくなったかと思うと高圧線の鉄塔に出合う。
f0196109_22214541.jpg
この辺から暫く上りに難儀する。
特別急斜面ではないのだが‥道は粘土質のようで滑る。
周囲はヒノキの植林帯になるが、石や根っこがないとこでは湿って濡れた粘土質の道が滑る滑る。
この難儀な道‥向こう側の西登山口手前で再び出合うことになります。
f0196109_22215736.jpg
一番困ったのが‥虫。
あれだけスキンガード塗ったのに、しつこくまとわり付いてきます。
上りの間ずっと虫との戦いだ~

やがて林道に出合い、鋭角に右折して林道終点まで道を進みます。
f0196109_22220917.jpg
林道終点からガレ道に入るが、それもほんの少し、
あとはよく整備された道を巻いたり、ジグザグに上がったり
これがずっと上まで続きます。
登山道沿いには「あと2km」の古い標識が幾ら進んでも、また同じように「あと2km」とあり混同するが、九州百名山になり登山者も増えたのか?ちゃんとした新しい標識が別に木に取り付けられており、これを目安に登った方が良いだろう。
f0196109_22222974.jpg
ほとんどは上りやすい道で、逆にマンネリ化した周囲と道でやや飽きてくるが、
時にはこんな荒れた道にも出会う。
f0196109_22225036.jpg
登山口から約50分(山渓の本には1時間)坊岩分岐に出合う。
ここから左の道へ進むと山頂へは行かず、西登山口へ下る途中にある坊岩へと向かうようだ。勿論山頂へ行くのでここは右へ上がっていきます。
f0196109_22230631.jpg
ラストスパート!約15分ほど上り稜線に出合う。
あとで分かったが、郡岳から経ヶ岳まで尾根が続いており、縦走出来るんですね~
山頂は左へすぐそこです。
f0196109_22231976.jpg
登山口から1時間ちょっとで郡岳山頂に登頂。826m
山頂は草が生い茂ってて、その中でちょこんと三角点とプレートが置かれてた。
ここは逆光になるので、プレートを持って大村湾をバックに記念撮影する
f0196109_22233854.jpg
山頂からの展望は抜群です。大村湾が広く見渡せます。
その大村湾の右側には独特な良い山容した虚空蔵山も見えます。

今日はこのペースで行くと午前中には下山出来そうで、
久々の良い天気なのに、このあとそのまま帰るのには凄く勿体ない。
そういう訳でこの後はあちらに見える虚空蔵山へハシゴすることに決めた!
今から行くぞ!虚空蔵山!
f0196109_23221866.jpg
下山は西登山口に向けて下っていきます。
山頂周囲は草が生い茂ってるので一瞬、下山道への入口が分からなかったが
南登山口から来た側と反対側のとこにある。

山頂からは急な下り。
下り初めてすぐ露岩があり、「ここが坊岩?」かと思ったがまだ先でした。
再び急斜面な下りに入る。

上りの時に出合った「坊岩分岐」からの道との分岐に出合い、
そこから少し先に「坊岩」がありました。
ここからの展望も良いですね~
先ほどの山頂からの展望と見え方はほぼ同じですが、大村湾や虚空蔵山がより近くに見えるような気もした。
f0196109_23453756.jpg
坊岩から道が何処なのか?暫く迷った。
実は写真のように坊岩側から見て左側に道があり、下っていきます。
(山頂から下ってくると坊岩のとこで右側に道がある)
草などが生い茂ってて道が隠れて分かりにくくなってた。

坊岩から反時計廻りに巻くように道は下っていく。
f0196109_23455210.jpg
グルッと巻き終えたあと再び西登山口へ向けて下っていく。
傾斜が急なので上り同様ジグザグの道になったりもする。

こちら側のルートも思ってたよりも差ほど道は荒れてなく、時には石ゴロゴロしているところはあったが
難なく下ることが出来た。
f0196109_07214090.jpg
森林帯のやや暗い中から「パッ!」と視界が明るくなったかと思うと、高圧線の鉄塔に出会う。
上りの時に出合った鉄塔と同じ線で結ばれてるとこですね。
雑草が生い茂ってるので掻き分けながら進みました。

f0196109_07215603.jpg
明るくなったのは鉄塔の付近だけで一時的なもの。再び植林帯に入る。
ふと遥か前方の方に何やら小さい動物がチョロチョロしてるではないか。
うり坊だ!それも2匹。

暫くはこちらに気づかなかったが、突然の侵入者に驚き逃げていった。
丁度、逃げた方向の真横付近まで来たときに、「グア」とも「グヒ」とも何やらこちらに怒っているような鳴き声がしてきた。
「親を呼んでるのかな?」‥だとしたら、うり坊守るため親は突進してくるかも。そりゃまずいぞ!
逃げるようにその場を走って下った。怖、怖
f0196109_07221065.jpg
開けたヒノキの植林帯の中に突入。一瞬道を見失うが、それなりの踏み跡をたどって進むと登山道に再び出合った。
f0196109_07222550.jpg
視界も明るくなり周囲は草が生い茂る道になる。登山口まであと僅か。
ヤブランも登山道沿いにいっぱい咲いてました。

小さい橋も渡り、ホントあと僅かなのだか‥最後の難関、再び粘土質の道になる。
滑る、滑る。まるでアイスバーンの上を歩いてるみたい。
自分の歩きがぎこちないです。

f0196109_07224146.jpg
結局ラストまで粘土質の道は続き、県道沿いにある西登山口に出た。

f0196109_07225464.jpg
ここから駐車場までの県道を炎天下の中を20分ほど歩いて戻った。

このあと野尻湖に架かる橋まで行ってみて、ここから見える群岳の写真を撮った。
f0196109_22071464.jpg
時間はまだ昼前。これから虚空蔵山に向かう。


[PR]
by coyotehana | 2014-08-31 07:35 | Comments(0)

井原山 オオキツネノカミソリ №209 2014.08.13

今年の夏は雨が多く、今後も長雨が続くようだ。
今日からお盆休みですが、明日からまた天気が崩れるらしく
登るとしたら今日しかないと見た。
そこで久しぶりに井原山・水無へ行ってみることに。

今年はキツネノカミソリの開花が遅れているようで
先日も車谷に登ったが、ここでも遅れているようなので
もしかしたら水無もまだ花が残っているのではないか?
‥と期待膨らませて出かけてみたのでした。

水無の駐車場に到着。
ピーク時ほど車は止まっていないし、人もいない。
ただアブが車の周辺にまとわりついてました。

登山口から入って直ぐ、数本のオオキツネノカミソリがまだ咲いてました。
その後のポツリポツリと
f0196109_19125723.jpg
これまでの雨で、ここ水無もやや水量が多いですね。
f0196109_19194035.jpg
分岐までの登山道沿いでは
オオキツネノカミソリは、ほとんどが終了してて種の状態。
遅れて咲いてるものがピンポイントで見れました。
f0196109_19195464.jpg
大きな群生地に上がるにつれ、最近咲いたばかりの花にも出会えました。
f0196109_19133776.jpg
綺麗です。
f0196109_19135325.jpg
f0196109_19141227.jpg
所々、集団でまだ咲いてるとこもあります。
f0196109_19150194.jpg
手前の大きな群生地。
ほとんどが色褪せて終わりかけです。
f0196109_19142802.jpg
でも、この先の一番上の方にある群生地では
結構たくさんのオオキツネノカミソリがまだ咲いてました。
ピーク時のオレンジ一色とまではいきませんが、
まあまあ残ってました。
f0196109_19152724.jpg
7月末に遠征で御嶽山に行ったので、前回ここに来れたのはピーク時前。
それから天候も悪く、都合もつかず、今年はもう見れないかと思ってましたが
思った以上にまだ咲いてたし、ホント見れて良かった~
f0196109_19170580.jpg
群生地を過ぎ、急登を上って尾根へと向かう。

そして縦走路に出てまず驚いたのが‥
「笹が凄い!」

無茶苦茶生い茂ってる。
長雨のせいか、雨で登山者が少なかったのか、
とにかく笹を掻き分けて山頂まで登っていく。
下が見えません。蛇でもいたら怖いなぁ~

f0196109_22261325.jpg
色んな夏のお花が咲いてました。

コバギボウシ
f0196109_19180194.jpg
コオニユリ
f0196109_19181288.jpg
オミナエシ
f0196109_19182347.jpg
ハハコグサ
f0196109_19183342.jpg
山頂到着。まだ時間が早いせいか、数人しかいません。
気温は28℃。
f0196109_19184952.jpg
脊振方面も今日は見えます。
f0196109_19192088.jpg
今日は山頂でのランチはなしで、そのまま下りました。




[PR]
by coyotehana | 2014-08-13 19:20 | オオキツネノカミソリ | Comments(2)

脊振・車谷 2014.08.11

台風やら大雨やら、今年の夏は雨が多い。
やっと台風も去り、天気も落ち着いた本日
休みが取れたので脊振の車谷に登ってみることにした。

昨日まで雨が続いてたせいか、川はいつもより水量も多い。
いつもは無いとこまで徒渉箇所が出来ているほど。

f0196109_18230507.jpg
林道を過ぎ、いよいよ本格的な山の中へ
木曽御嶽山から帰ってきて2週間。体も鈍ってるみたいで足も重~い

f0196109_18250877.jpg
ふと登山道沿いにはヤマホトトギスが咲いてました。
夏の花です。
f0196109_18255527.jpg
高度も増してきましたが、結構上の方まで川の水量は多いですね。
何度か靴がジョボジョボ入っちゃいました。
中まで水入らんで良かった~
f0196109_18283676.jpg
そしてこの時期見られるオオキツネノカミソリ
標高が井原山の水無よりも高いせいか‥水無よりも遅れてここは開花します。
普段ならもうこの時期には群生地も見頃を迎えてもおかしくないのだが‥

少ない。

f0196109_18304251.jpg
この前、水無に登った時に感じましたが
今年はどうもオオキツネノカミソリの開花が遅れているようだ。
梅雨明けも遅れ、更に今年は雨も多いせいでしょうか?
まだまだ蕾もあちこち出てました。

ひょっとしたら裏年なのかな?

群生は見られず。ピンポイントで楽しみました。
f0196109_18342246.jpg
ラスト、矢筈峠直下の傾斜あるザレ場
ズルズル‥
f0196109_18351215.jpg
矢筈峠に到着。
今日はここまででピストンしました。
f0196109_18360073.jpg
下山後は麓の椎原にある「農(みのり)」にてランチしました。

ここは鶏と野菜のバイキングレストラン。
メニューも多彩で次から次へと料理が入れ替わり、出てくるので
バイキングとしては、もうたまりません。
ついつい食べ過ぎちゃいます。
デザートもすかさず頂きました。幸せ~
f0196109_18364280.jpg










[PR]
by coyotehana | 2014-08-11 18:17 | Comments(0)