<   2015年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

雲仙・普賢岳 2015.10.25

今年の紅葉は全国的にも早く、綺麗だ!
…との話をよく聞く。
くじゅうも例外ではなく、先週、先々週と登られた方の写真を見てみるとやっぱり凄い!
くじゅうの紅葉は逃したものの、ならば雲仙に!
…と言うことで早速出かけてみた。

朝、4時30分頃に自宅を出発。
途中で給油し、三瀬峠、下路、オレンジ海道、堤防道路を通って、池の原園地には7時に到着。
紅葉時期ともあってか駐車場も既に半分以上は埋まっている。
そして車から出てみると…寒い!
外は強い風もあり、寒い。着てた服を着替えなおして出発する。

07:30 池の原園地~07:53 仁田峠 08:05~08:40 妙見神社~09:06 国見岳分岐~09:14 鬼人谷口~09:20 紅葉茶屋~09:49 霧氷沢~10:00 普賢岳 10:15~10:40 紅葉茶屋~鬼人谷口~11:06 国見岳分岐~妙見神社~11:56 仁田峠 12:14~12:36 池の原園地

池の原園地より上がり仁田峠に着いた頃には、続々と車がやってきてる。
下山時には満車状態。


上り途中より仁田峠を望む
その中腹部では何やら投光器を外してる作業の人たちに出会う。
何でも来年にはライトアップされるとか…で、そのテストが終了して取り外してるところのようです。
f0196109_20105110.jpg



妙見岳はそこそこ色付いてました。
時計回りに上り始めたためにこの方向は逆光。写真が撮れません。
下りの時にもう一度撮影しました。
f0196109_20135601.jpg



妙見岳の山道へ
ロープウェイの駅にはもう観光客が上がってきていました。
ゾロゾロ…
f0196109_20223955.jpg


妙見神社
f0196109_20230272.jpg



妙見神社を過ぎ尾根道を周回していくが、その途中にて木々の間から見える眺望、
平成新山と普賢岳を望む
思いっきり冷たい風が当たり寒い!時折ガスが出てきたりで、ガスが晴れるのを見計らって写真を撮る。
f0196109_20241910.jpg


国見岳分岐手前の尾根道より谷間を望む。
まだ時間は早く、逆光だったので普賢岳へ登ったあと、再び戻って撮影
以前、2007年に見た紅葉に比べると紅色が少なく物足りない。
まだ紅葉は先?もうこれがいっぱい?
人によって賛否両論。どうなんでしょう。
f0196109_20284466.jpg

今日は国見岳へは寄らずそのまま普賢岳へ
鬼人谷への下り
f0196109_20324309.jpg


急登下りの時には逆光気味でしたが、戻りの時に見た鬼人谷の紅葉は素晴らしかった。
f0196109_22085396.jpg
f0196109_22083318.jpg


新道は今現在、通ることが出来ないので、紅葉茶屋からの上りとなる。
結構な急登です。何度か休憩しながらの上りです。
f0196109_20381877.jpg


新道へは現在通行止め。また一方通行のため行けませんが、
霧氷沢までは行けるのでちょっと寄ってみた。
正面の溶岩ドームは以前に比べると木々や草が増えてきたみたいですね。
f0196109_20383423.jpg


再び戻って普賢岳へ
山頂は思いっきり風が当たる。
晴れたりガスが出たり、カメラ泣かせです。
f0196109_20384231.jpg



f0196109_22090106.jpg

紅葉茶屋からは再び元来た道を逆周り、
朝、撮れなかった写真をパシャパシャ!

下山後は仁田峠にて焼トウモロコシ、
よか湯にて入浴後は温泉たまご、
そして千々岩展望所では「じゃがちゃん」をいつものように頂きました。

展望所からは…めっちゃ晴れてる普賢岳が見える。
先ほどまでのガスは何だったんだろう…登る時間帯が早かったか?
f0196109_22095506.jpg


HOME コヨーテの山歩き

[PR]
by coyotehana | 2015-10-25 19:48 | Comments(4)

井原山 №219 山頂テント泊 2015.10.10

夜景と星空を見にテントを担いで井原山へ登る。

12:47 前原からバスで井原山入口まで向かう。
さすがコミニティバス。あっち寄り、こっち寄りしながら
1時間ほど掛けて終点の井原山入口バス停に着いた。
f0196109_17414115.jpg


バスの運転手さん、さすがにこの時間から登る私に心配したのだろう~
「今から登られるんですか?」
すかさず私「はい、山頂泊まりで~す!」「テント持ってます~」
景気よく答えたものの、最近膝の調子がいまいちで…
途中痛み出してリタイヤし、次のバスで帰ることになったら恥ずかしいなぁ~

さてさてスタート!
テント、シュラフなどでザックの重さは15kg。重いです。
時間は十分ある。膝のことも考え無理せずペースはゆっくりで上る。

登山道沿いには秋の花が咲いていました。
ツリフネソウ、レイジンソウ、アキチョウジなどなど
アンの滝にはオタカラコウも咲いてて、滝とのコラボが楽しめました。
f0196109_17324792.jpg

久しぶりの正面ルート。
ちょいと登山道沿いは荒れているように思える。
倒木も目立ちます。
こんなデカイ木も倒れてました。
f0196109_17370530.jpg

バス停より約2時間ほどで山頂に到着。
時刻は15:30、誰も居ません。
空は曇ってて残念ながら今夜は星空を見るのは難しいようです。
麓の街並みは眺望出来たので夜景は見れそうだ。
山頂では風があるので、出来るだけ風を避けるために直下の広場にてテントを張ることにした。
f0196109_17443552.jpg

テント設置完了。寝床も準備万端。
地面は砂地だったので風避けに穴掘って、バーナーを中に置いた。
f0196109_17473097.jpg

晩御飯は明るいうちにいただきました。
本日はキムチ鍋。豚肉も入ってます。
f0196109_17520407.jpg

〆はチャンポンを入れました。
f0196109_17525236.jpg

美味しくいただきました。
温まります。
f0196109_17535255.jpg


夜になって風が強くなってきました。
お約束の夜景。まずは夕方6時頃
テントから直ぐの山頂に上がり夜景を見る。
f0196109_18011934.jpg

数分、夜景を見て楽しんでたものの寒くなってきて
たまらなくなりテントに直ぐ戻る。
山頂設置の温度計は9℃。風があるため体感温度はそれから2~3℃は下がってると見た。
それから1時間半後、辺りはすっかり暗くなり夜景もさぞ綺麗だろう。
レインも着て再び山頂へ
さきほどよりも風は強まり寒い気がする。

そしてこちらは糸島周辺の夜景
f0196109_18084204.jpg
そしてこちらは福岡市内の夜景
f0196109_18091607.jpg

夜景はホント綺麗でした。
でも無茶苦茶寒かったので写真撮ったら、さっさとテントに戻り、
持ってきた焼酎で飲みなおした。

その後、風は強風へと変わり、テントにバシ、バシと突風が打ち付け凄まじい音が響く。
テントも揺れる、揺れる。
吹き飛ばされないか…ペグをもう一度打ち直す。
風がない場所へと移動しようかとも思ったが、辺りは暗いしやめとく。

日付が変わるとお雨まで降ってきて嵐の状態。
凄まじく寝られません。
早く朝にならないかと願うばかり。

夜が明けても風はまだ強い。
7時頃には下山することにした。

9時には登山口に下山。
バスの時間までラーメンを作って朝食をとる。
そして10時半にはバスにて帰宅する。

HOME コヨーテの山歩き

[PR]
by coyotehana | 2015-10-10 16:17 | Comments(0)