<   2016年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

井原山 オオキツネノカミソリ №222 2016.07.30

なかなか休みの関係上、山へと登ることができず、
気づけばまだ今年はオオキツネノカミソリを見ていな~い。
もう見頃を迎えてあろう井原山・水無に行ってみた。

この時期1年で1番の人出で賑わう井原山。
車、登山者ともに今日は特に多いだろう。
でも7時前に行けば何とか水無の駐車場に車を止められるだろう…
と、早起きして行くも、甘かった。既に満車状態!駐車場から少し離れた林道路肩に止めてスタートすることに。

ここで凧さんとばったり。
何でもここに車1台デボして洗谷から登るらしい。
水無から上がった私は山頂でしばらく待ってたが、
段々と暑くなってきたので退散し、残念ながら会えなかったが、
でも、あとで凧さんのちゃんとHPで見れました。↓
凧さんのHP
一昨日も登ってるですね~

今日は午前中曇ってて水無の登山道沿いはやや暗い。カメラ泣かせである。
三脚を持ってこなかったためピンボケが多い。
なかなか写真撮りが難しい。
しかも今日はアブも多く、アブとの闘いながらの撮影でもあった。

電気が流れるらラケットと撃退しながら登るも、
油断してたらすぐに噛まれてる。チクッ!チクッ!
ほんと今日は多すぎる!今日だけで25匹くらいはが撃退した。
(そのうち5匹は素手で倒した)

さてさて今年のオオキツネノカミソリはいかが?
開花は1週間ほど早いようだ。上にある群生地はすでに満開状態でピークを過ぎているところもあった。
不作だった昨年よりは多いものの、例年に比べるとやや少ない気もする。
それでも初めて訪れた人たちには見応えは十分であろう。
あちこちで歓声が聞こえてきます。

f0196109_08072528.jpg
f0196109_08074100.jpg
f0196109_08075697.jpg
f0196109_08081689.jpg
f0196109_08083440.jpg
f0196109_08085063.jpg
山頂からの下山時には晴れて明るくなってきたので、改めて見ました。

縦走路では夏の花も見られました。
ハンカイソウもまだ少し残ってました。
他にもオカトラノオ、オトギリソウ、キンミズヒキ、コオニユリなどなど
f0196109_08102006.jpg
f0196109_08102706.jpg
f0196109_08103404.jpg
カワラナデシコも咲いてました。
ここで見つけたのは何年ぶりだろう。久々にあえました。
f0196109_08104184.jpg
山頂にて朝、昼兼用で持っていた冷やし中華をいただく。
1時間ちょっと山頂にていて下山しました。



[PR]
by coyotehana | 2016-07-30 07:35 | オオキツネノカミソリ | Comments(0)

松本から帰路

松本駅近くのビジネスホテルにて朝を迎え、朝食。
f0196109_07195768.jpg

足が重い。

昼過ぎの電車に乗車予定なので、それまで松本市内を観光することにした。

まずは松本城
前回もここまで来たが、天守閣までは上がらなかったので、今回は金払って入ってみた。
f0196109_14133976.jpg

天守閣から
アルプス方面の山々かな?今日は曇ってます。
f0196109_14143663.jpg

麓の松本市内は快晴!
熱中症になりそうです。
f0196109_14152826.jpg

城を後にして市内観光。
繩手横丁などに行ってみました。

電車に乗る前にランチ。
駅前にて蕎麦をいただく。

福岡の自宅に戻ったのは夜になりました。


[PR]
by coyotehana | 2016-07-18 17:10 | Comments(0)

北アルプス 蝶ヶ岳② 2016.07.17

2日目、蝶ヶ岳ヒュッテで朝を迎える。
外はガスって真っ白!雨も降ってる。どうしょう~
f0196109_17162479.jpg

とりあえず朝食。
持ってきたアルファ米のご飯を食う。
f0196109_17171311.jpg

7時とにかく出発する。
昨日は気づかなかったが、蝶ヶ岳の山頂プレートがあるとのことで行ってみる。
蝶ヶ岳自体ほぼフラットな状態で明確な山頂が何処かは定かではないらしいが、
やっぱり「蝶ヶ岳」と書かれたプレートのとこには立ちたい。

ガスってる中、テン場の人たちに場所を聞きながらその場所へ
はい、ここです。昨日とは打って変わって何も見えません。
f0196109_17174022.jpg

本来の予定は常念岳へ縦走し、その日のうちに一の沢へ下るつもりだが…この天候。
ガスって何も見えない上に、雨、風も出てきた。
とりあえず蝶槍まで縦走して、状況を判断し、場合によっては横尾に下ることを考えた。
f0196109_17182457.gif
06:16 蝶ヶ岳ヒュッテ~06:23 山頂プレート~06:50 横尾分岐~07:00 三角点~07:08 横尾分岐~09:18 横尾 09:32~10:40 徳澤 11:01~11:54 明神池 12:43~13:49 河童橋~15:54 上高地バスターミナル

時折道をズレ、修正しながら縦走路を進む。
f0196109_17205092.jpg

この天候、高山蝶も見つけることは出できません。
でもイワギキョウはちゃんと咲いてました。
f0196109_17184873.jpg

横尾分岐の案内に出合う。
この先の三角点へひと登り
f0196109_17193149.jpg
f0196109_17210729.jpg
予定よりも時間が掛かっていた。
後でわかったが、三角点=蝶槍と思ってたが蝶槍はまだ先。
この天候と体力、時間のことを考えて今回は縦走を諦めて、横尾へと下ることにした。
f0196109_17203198.jpg

まあ残念なことですが、そのかわり嬉しいことも!
このガスってる中、この天候だからこそ…かな。
横尾分岐まで戻る道沿いに雷鳥がいました。
さっきはいなかったけど、見ることが出来てラッキー!
3年前の農鳥岳に続き、2度め!
2羽いました。
f0196109_17214077.jpg

横尾分岐まで戻り、縦走路から離れ下りの道へ
道はしっかりしてました。ただ思ったよりも長~く感じました。
f0196109_17215462.jpg
f0196109_17221305.jpg

木々の中、雨はあまり感じられませんでしたが、
横尾に降りると雨はやっぱり降ってました。
f0196109_17233888.jpg


ここは穂高や涸沢、槍ヶ岳の分岐でもある。
真ん前の橋を渡り涸沢へと登っていきます。
上から降りてきた人たち、これから登ろうとしている人たち、でいっぱいです。

あとは上高地に向けて林道を歩いて戻りました。

明神池の近くのお店にて昼食。
缶ビール、おでん、イワナの塩焼きをいただく。
f0196109_17260129.jpg
f0196109_17261584.jpg

河童橋ではソフトクリームに、ワサビ入りのコロッケをいただく。
このコロッケが美味しいんだ~
f0196109_17284002.jpg

店を出て、雨は止んだかな、と思ってレインを脱いだら
またまた雨が降ってきて、上高地のバスの乗り場の道のりで濡れた。

上高地からはスムーズにバスに乗ることが出来、乗車。
新島々から電車に乗り松本まで戻りました。
f0196109_17285620.jpg

今夜は松本駅近くのビジネスホテルに泊まる。



[PR]
by coyotehana | 2016-07-17 16:23 | Comments(2)

北アルプス 蝶ヶ岳① 2016.07.16


7月の連休を利用して北アルプスの蝶ヶ岳に登ってきました。

[移動]
前日の金曜日、仕事終了後とともに新幹線に飛び乗り、その日は名古屋まで移動!駅前のビジネスホテルに泊まる。

翌日16日(土)名古屋07:00発、特急ワイドビューしなので松本まで行く。
行き、帰りの新幹線の指定席の予約はしてたものの、在来線の特急の指定席は取れなくて、
1時間も早くホームで待ったお陰で自由席に座ることが出来た。この日の特急自由席は超満員。
ザック持った登山者も多く目立ってた。
やがて2時間後に松本駅に到着。ここで大糸線に乗り換え。着替えなど不要な荷物をロッカーに預けて、
穂高駅へ移動する。
JR穂高駅に降りると予約してましたタクシーがちゃんと待っててくれてました。
ここから三股の登山口まで30分、タクシーで向かいます。
麓の安曇野は快晴、暑いくらいの良い天気。でも山の方はすっぽり雲に隠れています。
2~3日前までの天気予報では「雨」で半ば諦めてましたが、昨日くらいから登れそうな感じになってきてた。
大丈夫かな~降らんでくれよ~

10時半頃に三股の駐車場に到着。車がいっぱい!たくさん登ってますね~
f0196109_07314023.jpg

蝶ヶ岳の登山口でもあり、常念岳へも行ける。
日帰りで蝶ヶ岳でも行けるコースなので登ってる人も多いみたい。
駐車場にはトイレもあり、済ませて出発!
三股までとぼとぼ林道を歩いていきます。
f0196109_07341223.gif
10:30 三股駐車場~10:42 三股 10:48~11:16 ゴジラみたいな木~12:19 まめうち平 12:38~13:19 蝶沢~14:52 最後のベンチ~15:21 大滝山への分岐~15:35 蝶ヶ岳ヒュッテ
f0196109_17020988.gif

建物が見えてきて三股に着く。
登山届けを出してこれから登山道へと入っていきます。
f0196109_07322350.jpg
f0196109_07324817.jpg

すぐに蝶ヶ岳と常念岳への分岐に出合う。
蝶ヶ岳まで6.2km、標高差も結構ある。気合だ~
f0196109_07330443.jpg

すぐに吊橋に出合う。
勢い良く流れる川。吊橋は揺れる~
f0196109_07332488.jpg

このルートは序盤はふつうの傾斜の登り、終盤は結構な傾斜の登りでキツイです。
まずは緩やかな登りが暫く続きます。
よく整備された道です。木段もよく見かけます。
f0196109_07365608.jpg

力水の水場を過ぎると傾斜がやや急になってきました。
そして予習で見てた写真の通りのものが出迎える。
「ゴジラみたいな木」
途中にあることは知ってたが、どの位置かは分からなかった。
意外と最初の方にあったんですね~
楽し~
f0196109_07372076.jpg

f0196109_07373761.jpg


GPSで予め入れてたルートを確認しながら登る。
地図では三股から山頂までルートの最初3分の1ほど西方向へ登っていきます。
目印などはないが3分の1ほど来たら今度は方向をやや南方向に方角を変え、まめうち平へと登っていきます。

平坦な広場の「まめうち平」に出合い、ここでランチタイム。
朝買ったおにぎりを頂きま~す。
f0196109_07375111.jpg

さてさて、「まめうち平」から暫くは緩やかな道を進みますが
やがて終盤の傾斜が急な道に遭遇します。
f0196109_07145275.jpg

標高は2,000m!ここからがなかなか足が上がりません。
最初は標高100mおきで休憩のつもりで登っていくも、
やがて50m、30mと間隔が短くなっていく~

標高2140m(GPSでは2127m)の蝶沢
f0196109_07195270.jpg

2,200付近からもの凄くキツク、ほんとに山小屋までたどり着けるか不安になってくる。

2,300m付近から色んな花が見られるようになってきた。
時々写真を撮りながらキツさをまぎらせ、あとは気合で登る。

標高2500m(GPSでは2488m)の最終ベンチ。
ややボロボロのベンチ。あと150mかな~
f0196109_07215163.jpg

大滝山への分岐に出合い、視界も開けてきた。
あともう少し…かな。
f0196109_07141419.jpg

やがて紅い屋根の山小屋が見えてきた。来たぞ~

…と、すぐ横に何やら尖っている山が顔を出してる。
「槍?」
こんなに大きく、はっきり見えるものだろうか?半信疑ったが…まさしく槍ヶ岳でした。
f0196109_07154249.jpg
f0196109_07161010.jpg
今日お泊りの蝶ヶ岳ヒュッテに荷物を置いて、汗で濡れた服を着替え、
改めてパノラマを見に外に出てみた。
f0196109_07163597.jpg
すごい!
真正面に写真で見た槍・穂高連峰の山々のパノラマが間近に見える。
写真ではその凄さは感じられないが、実際間近に見ると凄まじいものがある。
その迫力は凄い!吸い込まれそうだ!

山頂の天気は悪く、ガスって何も見えないだろう…と諦めていたのだが、
なんの、なんの、所々雲はあるものの、パノラマ見るのには何の支障もない!
来てよかった~

f0196109_09030329.jpg

6年前に登った奥穂高岳や涸沢岳が見える。
涸沢カールも近い!また行きたいな~

4年前に登った槍ヶ岳もあんなに近くに見える。
走馬灯のようにあの時登ったことが頭の中をめぐるめぐる~

隠れたり出たりしてる常念岳。
明日はあそこまで縦走するんだなぁ~
天気は大丈夫だろうか?
f0196109_09043098.jpg

左側には何とか乗鞍岳や御嶽山も見える。

反対側には麓の安曇野が一瞬だけ見えてました。
夜景を期待してましたが夜中パラパラと降ってくる音がしてたので、外には出ず。

今日のヒュッテは多からず、少なからずといった状態らしい。
やや幅のある布団1枚に二人で寝る。これでも広い方です。
多い時は1枚の布団に3人でギチギチ状態もある。
連休とは言え、まだ梅雨明けしてないからだろう。

寝床の窓からは槍が見える~いいね。
あとでまた見にいこう~と!
f0196109_07291561.jpg

夕食はこちら
いつものことだが疲れから食欲があまり出ないため、ご飯に持ってきた永谷園のわさび茶漬けをかけて食う。
味噌汁が薄めだなぁ~
f0196109_07241968.jpg

夕食後に夕焼けを見にまたまた外に出てみた。
真っ赤まではならないが、いい具合に槍ヶ岳が見える。
f0196109_07194097.jpg

さて明日は?

本日出会った花たち
f0196109_09470963.jpg
f0196109_09471863.jpg
f0196109_09473052.jpg
f0196109_09474071.jpg



[PR]
by coyotehana | 2016-07-16 07:34 | Comments(0)