鳥屋山 2017.01.15

甘木にある鳥屋山に登ってきた。

この週末、最強寒波におおわれた日本列島。
自宅付近は雪も降らず、さほど寒波と言えるほどの影響もなかったが
今朝はやっぱり冷え込んだ。
布団から出るのも辛く、じっと家でおとなしくしておきたい気分でもあったが、
せっかくの休み、山に行かなくては~

そして車で都市高速を南へと走らせていると大宰府手前付近から
なにやら辺り一帯白いものが目立ってきた。
「雪?」
そう!自宅近所では全然雪なんて降ってなかったのだが、
この辺は結構雪降ってたんだなぁ~
屋根にも車の屋根にも10cmくらいの雪が積もっている。
凄いなぁ~雪国みたい。

と、安心するのもつかの間、
この先、山まで車は大丈夫だろうか?
チェーン持ってきてないぞ~

今日行くとこは甘木の山奥。
寺内ダムを通り、ラストは登山口がある駐車場まで林道を上がっていくことになってる。
雪積もってたら滑って登れんぞ~
最悪、場所を変更するつもりで目的地へ!

幸い山は白いが寺内ダム付近の道路はそんなに雪はなく無事通過!
県道79号線沿いにある「都野の大滝」の案内板より林道を上がり、
無事ノーマルタイヤで登山口がある駐車場に到着できました。ほっ!

f0196109_22192457.jpg


鳥屋山の登山ルート
f0196109_22042286.gif
09:07 駐車場~09:16 キャンプ場~09:42 4合目~09:48 6合目~10:00 8合目 10:06~10:13 山頂~女岩~10:29 奥ノ院~10:48 山頂~11:47 都高院~11:55 駐車場




駐車場がある登山口。ここから林道を上がっていく。
f0196109_07353577.jpg

雪が薄っすら積もった林道を上がっていく。左側には川が流れています。
f0196109_07354634.jpg

10分ほど上がるとキャンプ場に出合う。トイレあり。水が出ませんでした。
正面先には弘法大師ゆかりの都高院があります。
f0196109_23445846.jpg

都屋の大滝がここにはあるが、ちょいと予習不足で何処かわからず。
それらしいとこはあったものの、水はほとんど流れ落ちておらず。
やっぱり滝が何処か分からなかった。


都高院の左側から「奥の院」の案内に従い、模擬ガンギを上がっていきます。
f0196109_23472691.jpg


その後、倒木が目立つ植林帯の中に入るが、この辺より男道と女道の分岐に出合う
…はずであったが、それが何処か分からず、知らず知らずのうちに女道を通ってた。
本当は上りに男道、下りに女道を通りたかったのだけどなぁ~
下りの時に確認!
f0196109_21591975.jpg


ひたすら続く模擬ガンギ。意外と傾斜もある。
f0196109_23483879.jpg


この山、登山道沿いには多くの石仏が祭られています。
f0196109_23485670.jpg


4合目に出合う。ここにも多くの石仏が。
ベンチもありちょいと休憩。
右側にも道がありましたが、ここは無難に左側の模擬ガンギの登山道を上がっていきます。
f0196109_23491398.jpg


ガンギの上り途中にある6合目
f0196109_22073200.jpg


8合目にはまたベンチあり
f0196109_22074638.jpg

8合目の先に分岐あり。
正面には岩場に鎖場、右側には巻いて上がっていく道があります。
ここは迷わず正面の鎖場へ

雪で滑らんか~?
慎重に鎖を使って無事クリア。
f0196109_22245656.jpg

やがて先ほど分かれた道と出合い、暫し尾根道を進むと鳥屋山の山頂に出合う。
山頂南側(上がってきた側から見て右側)からは耳納連山が眺望できる
…はずなのであるが、ガスって見えず。
反対側の北側は幾分かは晴れてて、麓の県道や建物が見えてました。
f0196109_22244552.jpg

山頂よりさらに東側へ進むと奥の院がある。行ってみた。
途中には女岩・男岩がある。
女岩からの眺望は素晴らしいとのことで、上がってみたい気もしたが、
今日は雪もあり鎖場は滑りそう。どうせ眺望も望めそうもないので今回は辞めた。

山頂から奥の院までは、ほんのちょい先かと思ったら意外と長かった。
アップダウンの道をひたすら進み、雪で滑りそうな斜面を慎重に下り、
約15分で奥の院に着く。
ここにも祠があり、周囲には多くの石仏がある。
f0196109_22312696.jpg

再び山頂まで戻り、暫し軽食。
雪がまたパラパラと降り始め、少し寒くなってきたので、さっさと下山することにした。
フリースに落ちる雪は雪の結晶が壊れずに形よく残ってる。
写真でもほら?この通り!
f0196109_22240271.jpg

下山後は美奈宜の杜温泉へ
寒いときは温まります。
f0196109_22401544.jpg

ランチと入浴料のセットだとお得でした。
f0196109_22402544.jpg


[PR]
# by coyotehana | 2017-01-15 22:01 | Comments(0)

飯盛山~叶岳 2017.元旦

大晦日から帰省。
そして今年も恒例の初詣を兼ねて西区の飯盛山~叶岳の縦走をしてきました。

前回同様、縦走することでマイカーではなくバスを使って移動。
「飯盛神社前」バス停に下車。
f0196109_15550229.jpg

まずは飯盛神社に参拝。
今年の元旦は天気が良い。全国的に初日の出も拝めたようです。
神社でも天気が良いせいか参拝には長~い列が!
いつもよりも列は長いです。こんな長い列は初めて!
神社に入るまで30分は掛かりました。
f0196109_15561335.jpg

飯盛神社、飯盛文殊堂へと参って、いよいよ山へ
人込みを離れ中宮へと上がっていく

本殿ではゆっくりお願い事が出来なかったので
中宮にて改めてゆ~くりお参りしました。
その中宮横より飯盛山に向けて登山道を登っていきます。
f0196109_16023658.jpg

いつ登っても…急なとこです。
f0196109_16051573.jpg

岩場も凍ってなくて良かった~
f0196109_16061943.jpg

飯盛山に登頂
少し休憩して、ここから更に高地山、叶岳へと縦走する。
f0196109_16082056.jpg

途中の展望が望めるベンチにて
叶岳、博多湾まで望めます。今年の干支と一緒に!
f0196109_16105971.jpg

高地山手前の高祖山~叶岳縦走路・分岐まで来ました。
昨年はここで昼食をとりましたが、なるべく神社に長く居た方が良い…と聞いたので、叶神社がある叶岳にて昼食をとることにしました。先に進む。
f0196109_16143117.jpg

今日はほんと天気が良い。
縦走中には年配の方にも多く出会いました。

またまた途中の展望良きとこで。
飯盛山をバックに撮ってみました。
f0196109_16183289.jpg

叶神社に到着。
誰もいなかったので、ゆ~くり参拝、お願い事いっぱい!
f0196109_16194841.jpg


そしてランチ。
近くのベンチにて持ってきた雑煮とお節をいただきました。

下山は帰りのバスの時間に合わせて
生松台中央公園へと下りました。
そこの「野方台」のバス停より乗車して帰りました。

f0196109_16233008.jpg

[PR]
# by coyotehana | 2017-01-01 15:50 | Comments(0)

十坊山 2016.11.13

福吉駅より登る。

今回は電車を使っていく。
福吉駅を降り、一路十坊山に向かって登っていく。
f0196109_15302287.jpg



県道沿い十坊山登山道入口より林道へ
f0196109_15313985.jpg


登山道を上がっていく。
f0196109_15332206.jpg

1時間半ほどで十坊山に登頂
f0196109_15343222.jpg

東側眺望には浮岳や女岳、そして二丈岳も見えます。
f0196109_15344517.jpg

坊主岩
f0196109_15345407.jpg

山頂にて昼食
今日はゴチめしです。
電車で来たので麦酒OK!ワインもOK!
f0196109_15375644.jpg

ランチした露岩から
f0196109_15384044.jpg

f0196109_15385241.jpg

天気も良く気持ちよい登りになりました。

[PR]
# by coyotehana | 2016-11-13 16:23 | Comments(0)

くじゅう・黒岳縦走 2016.09.11

前日の土曜日、仕事終了後とともに車を走らせ、夜中に黒岳・男池の駐車場に到着。
テントを張り、明日に備えて就寝。

翌朝5時に起床。朝焼けが綺麗だ!
f0196109_08432461.jpg



段々と辺りも明るくなってきた。南方向には黒岳の山容が見える。
「今日はあそこを縦走するんだ~」としみじみ思い、眺めてた。
ゆっくり朝食をとり、トイレを澄まして出発!
積んできた自転車を男池に残し、車にて黒嶽荘がある登山口へと移動する。

f0196109_08433969.jpg


今回初めての黒岳縦走です。スケジュールは
黒嶽荘がある登山口に車を駐車してスタート。前岳、高塚山を縦走して風穴に下る。
ソババッケを経由して男池に戻る。そして男池からは約4kmの車道を自転車で車を取りにいく…である。
f0196109_08250943.gif

06:27 黒嶽荘・登山口~06:58 白水分かれ~08:25 前岳~09:04 上台ウツシ~10:15 上台付近~10:45 高塚山~11:03 風穴(昼食)11:44~13:09 ソババッケ~13:38 かくし水~14:01 男池~14:12 駐車場
注意
本文中には地図等が出てきますが、説明しやすくするためにコヨーテ本人がGPSのデータをもとに作成したものでありますが多少の誤差はあります。またコースタイムには個人差があるため正確にしりたい方は国土地理の地図や他の資料をお勧めします。
黒嶽岳荘から前岳まではGPSのデータが取れなかったため、地図上の推定歩行ルートになります。




車は黒嶽荘手前に右側にある登山者用の駐車場に止める。
ここまで、車道から林道に入り傾斜の道を上がってきた。あとで自転車で上がるのが大変かも。
ここには炭酸水も出ており、あとで汲んで帰ろっと。
もう山の中も明るくなっており、ライトは必要ない。気合いを入れて出発する。

黒嶽荘の横を通り登山道へ
すぐに雨堤方面のルートとの分岐に出合う。ここは右へ。
さらに進むと「シャクナゲ公園入口」があり、ここを潜って登山道へと入っていく。
f0196109_08435893.jpg


いきなり最初から急登。岩もゴロゴロ。
時折、枝などを掴みながら上がっていきます。

多分、この先の分岐手前だったと思うが、
ふと、枝と思って掴んだところ…大きな石がドサドサ~と落ちてきた。
「なんだ、なんだ!」何が起きたか直ぐには分からなかった。
枝と思って掴んだのは倒木の根の部分。大木が倒れ傾き、根っこは大きな石ごと持ち上げ、
まるで鳥の巣に大きな卵があるかのごとく、根っこの上に大きな石が乗っかっていた。
そこへ枝じゃなくて根っこを掴んだ瞬間、拳よりはるかに上回る石が
ドサドサドサ…と落ちてきて、私の「ふくらはぎ」に直撃~!痛、痛、状態!
暫くは痛みが治まらず、この先どうなるやら…不安におののく。

やがて白泉荘からのルートと出会う。白水分かれ。
f0196109_08441287.jpg


「前岳へ900m」の案内に出合う。
これからのち100mおきに案内板に出合うことになる。
このルート、あんまり展望が見られる場所は少なく、同じような景色ばかりで距離間がつかめないので、
このような案内は助かります。

f0196109_15015140.jpg

途中、展望がきく場所に出合う。後ろ側を振り返ると、
あれは花牟礼山だろうか…見えまする。
f0196109_21431146.jpg



その後も急登は続く。前岳への道のりは長い。
f0196109_15022140.jpg


一度視界が開けて尾根が見えた。

f0196109_15025179.jpg


岩場のロープ箇所

f0196109_15032205.jpg


やっと前岳登頂に登頂。それでも予定してた時間よりも早く着けた。
まだまだ先は長い~
小休憩して縦走を続ける。

前岳から急な傾斜を下るが、何処から下りていいのか一瞬迷う。
何とかそれらしい道を見つけ縦走を続ける。
f0196109_08442553.jpg

前岳の端?岩場のピークに出合うが、ここは下台らしい。
ここから一気に下り上台ウツシに向かう。
f0196109_15081048.jpg


前方には上台とひたすら続く尾根尾根
f0196109_08462944.jpg


岩の壁の間を通り抜けていく。
f0196109_15085215.jpg

「上台ウツシ」って、ピークかと思ってたら鞍部だった。
ここから上台までまた急登が続く。

f0196109_08452976.jpg

上台までの上りの途中より、振り返ると前岳が見える。
随分進んできました~。
f0196109_15094959.jpg

上台のピークが何処だかよく分からなかった。
岩場があったが「そこ」だったのかな?
写真は上台付近。
f0196109_15102014.jpg


上台から、今までに比べたらそんなに苦にならないアップダウンを進み
黒嶽荘から約4時間ちょっとで高塚山に登頂!
着きました~
f0196109_08454594.jpg

高塚山より正面には大船山。右奥には三俣山も見えます。
視界も良くてよかったで~す。
f0196109_15113571.jpg

まだまだ午前中でお昼には早かったので、お昼はこの先まで下ってからとることにした。
風穴へと急斜面を下っていきます。
今回は天狗岩はパスしました。

11時過ぎ、風穴まで下りてきました。
ここでゆ~くり昼食。
久々の風穴の中も覗いてみました。
f0196109_10263707.jpg



男池までの道のりは、ソババッケ手前まで岩ゴロゴロした道を進む。
いつ通っても進みにくいとこだ。
黒岳縦走は今回と逆に男池からだったら、最初のこの岩ゴロゴロで疲れてしまいそう。
ソババッケまでの道の途中にはトリカブトも咲いてました。
f0196109_10291302.jpg

ソババッケ、大戸越・平治岳への分岐
f0196109_10311985.jpg

スタートして約8時間ほどで(休憩時間を含む)で男池駐車場到着
無事縦走達成しました~長かった。

さて、これから黒嶽荘に止めている車を取りに行かなくてはいけません。
前もって止めていた自転車で取りに向かいます!
f0196109_10403037.jpg

車道をひたすら下っていきます。
ペダル漕がなくてもよいが、道は急でスピードはグングン上がる。
ちょっと怖いくらい。

やがて黒嶽荘入口につき、今度は上り。
さすがに自転車押して上がりました。
黒嶽荘にて炭酸水も汲んで戻りました。
f0196109_10421138.jpg


その後は、長者原近くのキャンプ場にてテントを張りその日は泊まりました。

[PR]
# by coyotehana | 2016-09-11 13:07 | Comments(2)

黒髪山 2016.08.22

土日仕事で、本日月曜日が休みになった私。
外は相変わらず猛暑で暑いが、せっかくの休み!
山へと出かけてみた。

今日は黒髪山へ、乳待坊から登る。

トイレもある乳待坊展望所の駐車場に車を止めてのスタート。
f0196109_20254390.jpg

しばらく林道を進み、終点のところから登山道へと入る。
f0196109_20262372.jpg

約10分ほどで見返峠に出合う。
f0196109_20274548.jpg

今日は荷物も少なく、軽装で登ってるが、この暑さは堪える。
次から次へと汗が出てきます。
黒曜石もチラホラ見られる岩の急登。ぜぇ~ぜぇ~、汗、汗、
f0196109_20305511.jpg

鎖場を登れば山頂の天童岩はすぐそこ!
鎖を…
「熱っつ~!」
この暑さで鎖が熱されて、鎖が熱い!
鎖だけでない、梯子や床も熱い!
しかも、暑いからと今日は手袋をしてなかったから「素手」
帰りは絶対ここ通らんどこ~
f0196109_20361545.jpg

山頂登頂
人も少ない。
f0196109_20364901.jpg

視界はよく遠くまで見渡せました。
f0196109_20372200.jpg

下山後は麓の「黒髪の森温泉」に立ち寄って帰る。

[PR]
# by coyotehana | 2016-08-22 20:27 | Comments(0)