井原山 №65 水無より登る 2007.03.03

井原山にも春の訪れ!

井原山の水無にも春がやってきた。

序々にではあるが花も咲き始めてきている。

ホソバナコバイモ、ユリワサビ、ヤマルリソウ、ネコノメソウ、コチャルメラソウ‥

そのうちにニリンソウやエイザンスミレも咲き始めるでしょう。

これから水無も賑やかになってきます。

ホソバナコバイモ
f0196109_22285039.jpg


ユリワサビ
f0196109_22292588.jpg


ヤマルリソウ
f0196109_22294619.jpg


コガネネコノメソウ
f0196109_22302116.jpg


イワネコノメソウ
f0196109_22305178.jpg


コチャルメルソウ
f0196109_223119100.jpg


山頂へ

縦走路より
f0196109_22315460.jpg


山頂
f0196109_2232910.jpg

[PR]
# by coyotehana | 2007-03-03 22:16 | 井原山 | Comments(0)

井原山 №37 井原山自然歩道より登る。 2005.11.05

hirokoさんの「井原山のアンの滝が見たい」の希望により案内する事に。

長崎から「山馬鹿さん」、大分からはよっちゃんも参加して4名で登ることになった。

コースは正面の井原山自然歩道を登り「アンの滝」を観賞、井原山山頂から雷山を縦走して折り返す‥の予定であった。

ところがガイド役の私が前日より風邪を引いてしまい、山頂までがやっとでリタイヤ!

あとは山馬鹿さんらに託して下山した。


前日夜、風邪により熱が出ていた。熱かん飲んで、薬を飲んで早めに就寝。

朝、体はやや軽かったが大丈夫であろうと思い集合場所に向かう。

いよいよ、ひどかったら山馬鹿さんに任せて帰るつもりでいたが、アンの滝、ダルメキ谷、ベンチとズルズル‥結局山頂まで行っちゃった。

途中フラフラとするところあったが体自体が軽く、上り易い‥感じもした。

後で分かったが何時もよりもペースが速かったみたいだ。





アンの滝
f0196109_21553877.jpg


上り途中にて休憩
f0196109_21561489.jpg


石灰岩の群落にて
f0196109_21565888.jpg


最近、九重や雲仙では紅葉の便りを聞くが、ここ井原山も秋の気配を感じさせられる。


f0196109_21582039.jpg
f0196109_21582614.jpg

でも山頂付近ではやや色付いてきているものの紅葉はもう少し先のようだ。


そして山頂到着。ここでダウン。3名と別れて下山することにした。



f0196109_21573485.jpg
f0196109_21574271.jpg


3名はこののち雷山へ縦走。千如寺まで下山して中腹自然歩道を経由してきとく橋まで戻ったようだ。


コースとタイム
08:00 井原山入口バス停集合~08:05 きとく橋を出発~08:37 アンの滝~09:58 山頂
10:19 山頂出発・3名は雷山へ~下山、11:16 きとく橋
[PR]
# by coyotehana | 2005-11-15 21:44 | 井原山 | Comments(0)

井原山 2005.10.10

連休最終日。天気も良かったので近場の井原山にまた登ってみた。
先週よりも人は多く、中には20人くらい古場岳側から登ってくるグループもいた。

先週17kgのザックを担いで登ったが、今回の重さは前回の2/3である。
軽い!足取りも前回よりも速く気持ちよく登れた。

おっと!ヘビ!

先週は荷物が重くて…移動するヘビに
「勝手に行っとくれ!」だったが、
今日はジャンプ!飛び越える。

登山道には熟したヤマボウシがあちこちに落ちていた。
山頂近くで他の登山者から頂いた実を食ってみたが、
これが美味かった。
f0196109_22383040.jpg


山頂に着いて昼食。のんびり雲を眺めながら寛ぐ。
f0196109_22391715.jpg
f0196109_22392366.jpg


ひと休みしたあと古場岳側に降りて見た。
他のHPでナンバンギセルの事が載っていたので探しに降りて見たのだが、
残念ながら見つけることが出来なかった。

高圧線の鉄塔まで下り山頂に引き返すことにした。

代わり‥といっては何だが、
ツルリンドウが幾つか綺麗に咲いていた。
f0196109_2238684.jpg


f0196109_2239569.jpg
f0196109_2240393.jpg

[PR]
# by coyotehana | 2005-10-10 22:33 | 井原山 | Comments(0)

宝満山 2005.09.04

昨日は歯の治療でオフ、今日は午後から天候が崩れるとの事で遠出は難しい。
ならば時間的に井原山よりも天気が持ちそうな宝満山に久しぶりに登ることにした。

朝8時前に自宅を出発。8時過ぎには竃門神社に到着、準備して登る。
f0196109_22174353.jpg


お盆前に登って以来約1ヶ月ぶりの登山である。久々の登りにいささか足が重い。
宝満山はほぼ1年ぶりである。
何時来てもここは登る人が多く、そして何時来てもガンギがキツイ。
f0196109_22185251.jpg



登山道沿いには幾種類かの花も見られた。
ミズヒキ、ツユクサ、ゲンノショウコ、そしてホトトギスも咲いていた。
ウバユリも山頂付近で幾つか実を付けている。

f0196109_22204629.jpg
f0196109_22205764.jpg



ドングリもまだ青いが、あちこちで落ちているのを見つけた。
秋の気配を少し感じさせられました。
f0196109_22225332.jpg



f0196109_22231848.jpg



コースとタイム
08:38 竃門神社駐車場~10:14 山頂~11:45 竃門神社
[PR]
# by coyotehana | 2005-09-04 22:15 | Comments(0)

車谷から鬼ガ鼻岩へ

車谷コースは何度か登ったことがあるが、
春頃にキツネノカミソリの葉らしい群生を何度も見ている。
本日休みが取れたので確認すべく登ってみた。

f0196109_23112377.jpg


流石に今日は暑い!水は余分に持って登る。
車谷コースの登山口に入ってすぐの草むらでマムシに出会う。
登山道を丁度横断するところだったみたい。

顔は草に隠れて見えないが、こっちに気づいたのか立ち止まり「じっと」していた。
思わず「帰ろう~かな」と思ったがステッキで地面を叩くと(2m先にいる)
「ちぇっ、しょうがねぇ~なぁ」って感じで
ノソリ、ノソリと移動していった。

反対側を少し迂回して再び登ることにした。

林道を越えてその群生地付近に着く。
各地でキツネノカミソリの開花が伝えられるこの時季、
咲いているはずのこの場所であるが…
全く咲いている気配はない。
いくら今年は花の開花が遅いと言われてはいても蕾1本も出ていないとは‥。

結局、春に見た「あの葉」はキツネノカミソリでは無かったのだろうか?
後日分かった事だが、ここのキツネノカミソリは井原山よりも2週間遅いらしい

f0196109_2311486.jpg



矢筈峠に到着。背振山頂には行かずにそのまま椎原峠へ縦走する。
本日快晴!無茶苦茶暑く、日差しも強いが椎原峠までの縦走路は意外と木陰が多く清々しい。
f0196109_23121764.jpg
f0196109_23122348.jpg


時折横から吹く風が気持ちいい。

鬼ガ鼻岩まで向かい、そこから折り返して椎原峠から下山する。
f0196109_23124643.jpg


本日、誰一人登山者に会うことは無かったが、
アサギマダラ2回、ヘビ2匹と会った。

f0196109_23102359.jpg


コースとタイム
09:22 登山口~10:33 矢筈峠~椎原峠~11:36 鬼ガ鼻岩~11:57 椎原峠~12:33 登山口
[PR]
# by coyotehana | 2005-07-22 23:05 | Comments(0)