井原山 №216 水無より登る 2015.07.18

水無のオオキツネノカミソリは徐々に増えてきました。
一部小規模の群落地ではほぼ見頃を迎えてますが、
大きな群落地ではまだ1割も咲いていません。
しかし蕾も多数出てきていることから次の週末頃から見応えが出てくるのではないかと思います。
全体的な見頃はやはり月末から8月初め頃と見ます。
ただし予想してた梅雨明けがまだで、今後の天候によっては前後するかもしれません。

f0196109_17361495.jpg


そろそろ駐車場も満車時間が早まってくる頃ではないかと思い、少々早めに自宅を出発。
7時半前には水無の駐車場に着いたが、もう既に数台止まっていました。

駐車場・登山口から下りてすぐ数本の咲いたオオキツネノカミソリがお出迎え。
朝方まで雨が降っていたので「水も滴る綺麗なキツネ」が見られるのではないか
…と期待してたが、前日までに咲いていたキツネは色褪せたり、やつれたりしてた。
中には折れているものも多数。無残。

f0196109_16375526.jpg

ピンポイントで綺麗なものを見つけながら撮っていきます。
f0196109_16403890.jpg

昨日までの雨で川もかなり増水してた。
水の流れも勢いが凄まじい。間違って落ちたりでもしたらひとたまりもない。
正面・瑞梅寺登山口からの登山道では川の徒渉が大変だったらしい。
f0196109_16434152.jpg


水無の湧水を過ぎ、徒渉した先にある小規模の群落地では
先週よりも多くのキツネが咲いていました。
それでも4~5割くらいだろうか

f0196109_16464012.jpg

色褪せてきたもの、雨風で折れてしまったものも見られる。
今後も増えると思いますが、同時に先に咲いたものが色褪せて枯れてくる。
一度に咲いてくれないのが悲しいところ。
ある意味、今が丁度良いくらいなのではないだろうか。

f0196109_16463172.jpg

水無の分岐までの登山道沿いにも増えてきました。
もう少し咲いてほしいところですが、ここも早くから開花している場所で
色褪せた花との混合になってきています。
この状態が暫く続くとみられます。

f0196109_16524808.jpg
分岐前の左側斜面。ここ数年前から小規模の群落が見られるようになった場所で
ここも花が増えてきました。
しかし、ここまでが限界かもしれません。
f0196109_16543689.jpg
水無分岐付近。パラパラと咲いているのが見られます。
アンの滝へと通じる林間歩道沿いは、この辺は雑草が多く、咲いていても隠れて
見えないのです。日蔭場所ではやや遅れているみたいです。

f0196109_16580140.jpg
分岐先の登山道沿いには、分岐前と同じくらい咲いています。
f0196109_16582239.jpg

徒渉後、やや傾斜がある登山道を上がっていき、大群落地へと目指す。
登山道沿いに沿ってキツネが咲き誇る場所であるが、まだ早いみたいです。
f0196109_17005860.jpg
日当たりのよい場所では前回と同じくらい咲いています。
左側斜面もだんだんと蕾も増えてきましたが、見頃はもう少し先かも。
f0196109_17034586.jpg
f0196109_17144206.jpg
水無一の規模を誇る群落地(ベンチ3脚設置)
ここでは現在、まだ1割弱ほどしか咲いていません。
ただオレンジ色も目立つようになってきました。
蕾も多数出てきていますので、来週末には見頃とまではいかないかもしれませんが
見応えが出てくるのではないかと思います。
f0196109_17035966.jpg
f0196109_17041354.jpg
徒渉後の群落地(ベンチ1脚あり)
ここではやや遅れているようにも見える。
見頃はまだ先
f0196109_17273268.jpg

急登を上がり今日も山頂を目指す。
縦走路ではハンカイソウが咲き始めてきました。
オカトラノオやショウマも見られます。
f0196109_17312557.jpg

今日の山頂
北側の福岡市内、糸島方面に見事な雲海が見られました。
ここで雲海を見たのは初めて。
すごく高い山に登ってきた気分。
f0196109_17334995.jpg
下山は水無尾根、林間歩道を経て下りました。


HOME コヨーテの山歩き

by coyotehana | 2015-07-18 16:12 | オオキツネノカミソリ
<< 井原山 №217 水無より登る... 井原山 №215 水無より登る... >>