南アルプス・北岳 3.193m 2008.07.18-20 1日目(移動)

アミューズトラベルのツアーにより初めてアルプスに行った。
今回登った山は日本第二の高峰「北岳」である。天気にも恵まれて素晴らしい登山となった。

1日目(移動)

07:50 福岡空港---09:40 中部国際空港 ===バス(名神/中央自動車道)=== 14:10 仙流荘 (南アルプス林道バス)~15:30 北沢峠(南アルプス市営バス)~16:00 広河原(広河原山荘泊)


朝、福岡空港に集合。航空機を利用して名古屋まで飛ぶ。

f0196109_22571026.jpg

名古屋からは旅行会社がチャーターした貸切バスにて高速にて伊那市の仙流荘まで向かう。

実はこの日の名古屋はしっかり雨が降っていた。この連休の天気は大丈夫であろうか…とても心配であったが、仙流荘に着いた時には幸運にも雨はやみ晴れてくれてました。良かった~

f0196109_22361831.jpg

仙流荘
 

ここから登山口がある広河原までの林道は一般車両が通れないため貸切バスを降り林道バスに乗り換えるのであった。

狭い林道をのびのびとバスは上がっていく。ツアーの人数が丁度1台分なので貸切状態です。運転手も道沿いに咲く花や周囲に見られる山々を説明してくれるので、まるで観光バス気分で楽しいものだった。

f0196109_22573375.jpg
北沢峠にて再びバスに乗り換える。北沢峠は仙丈ガ岳と甲斐駒ヶ岳の登山口でもある。
f0196109_22592159.jpg
f0196109_22594404.jpg

そして伊那市と南アルプス市との境界にある為に、ここから先の広河原までは同じバスではいけませ~ん。次のバスまでの暫しの時間があり、その間トイレに行ったり写真を撮ったりで時間をつぶす。

f0196109_22363371.jpg

北沢峠


再び貸切状態のバスにて野呂川沿いをバスは上がっていく。

そして仙流荘から約2時間で広河原に着いた。丁度つり橋の前でバスは止まってくれて皆さん下車。

本日宿泊する広河原山荘にはゆらゆら揺れる吊り橋を渡って行くのだ。

f0196109_22405565.jpg

橋の手前からややガスが掛かっていたが、明日登る北岳の姿は見えていた。

おーっ!雪渓が見えるぞ~!わくわく、どきどきである。

f0196109_22395543.jpg
f0196109_22453552.jpg
広河原山荘

夕食までは明日の準備をしている方、コインシャワーを浴びている方、ビールを飲んでいる方…皆それぞれ。

f0196109_23002589.jpg
コインシャワーがあった

携帯は林道バスに乗り換えたときから既に圏外なのでメールも電話も出来ません。(公衆電話はある)

夕食は1階の食堂にて皆でいただく。思ったよりもご馳走!(もっと簡単なカレーライスかと思った)

f0196109_22464451.jpg

しかもワインまで付いていたのでビックリ!小食の私は御飯こそはお代わりしなかったがスープはお代わりしたぞ~

f0196109_22470857.jpg

実は出発前夜、お腹を壊していて…昨夜は苦しんでいた。1日目は薬を飲んで抑えてました。

また、初めてのアルプスと言うこともあって、トレーニングでスクワットをメッチャやって足も壊していた。両足にはテーピング巻いてます。


夕食後にリーダーから明日のルートについての変更を聞かされる。

本来のルートは大樺沢を左俣コースで上がり、八本歯のコル、八本歯尾根分岐を経て北岳山荘に泊まる予定にしていた。

ところが今年は雪渓の雪が何時もよりも多く残っていて、落石の危険があるのでツアーとしては安全なルートに行くとのこと。

右俣コースを上がり北岳・肩ノ小屋を経て北岳山荘に登頂し、その後は下って北岳山荘に宿泊。翌日は同じルートをピストン…というコースに変更…

…なんだったが、参加者の中からは北岳山荘までのピストンは疲労が大きいとの非難もあり、結局は翌朝になって再度ルート変更になり、右俣コース~肩ノ小屋~北岳山荘に登頂後、その日は北岳山荘ではなく戻って肩ノ小屋に宿泊することになった。


今夜は布団一枚にゆっくり一人で寝る。明日の小屋では宿泊者が多く、ぎちぎち状態で寝れないだろう…と聞いていたので、今夜はしっかり寝ておくことにした。

でも明日のことを考えると、わくわくして寝れな~い!

f0196109_23001178.jpg

私たちが泊まった寝床


2日目へ


[PR]
by coyotehana | 2008-07-18 14:07 | Comments(0)
<< 南アルプス・北岳 3.193m... 井原山 山頂でテント泊 200... >>